【経済】



一目で、本日の市場動向を占える。
株式、先物、FXトレーダーは必読。
市場のファンダメンタルは、これだけで十分!

神経質なファンダメンタル相場から、テクニカル相場へ転換か
トレンドはドル主要通貨に対して強い。
FXトレーダーは通貨選択をしっかりと。
ややリスク選考相場へ。
相場の流れ、相場環境の見極めが、勝ち組と負け組の差。
多くのトレーダーは、相場つきの変化でやられる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「本日のマーケット」
☆日経225日足トレンド傾向:序盤上げ基調から、もみ合い。
反発後にもみ合い。
為替相場はドル・円が1ドル=108円前半(23日終値107円25−26銭)、ユーロ・円が1ユーロ=136円台後半(同135円57−61銭)と円安に振れている。
輸出関連株を中心に物色の矛先が向かう。
日経平均株価の26週線が前週末17日時点で1万5171円程度で推移しており、下値として意識。
外国証券の寄り付き前の注文動向―50万株の買い越し

24日のスケジュール
【国内】
・気象庁3カ月予報
・決算発表=NRI<4307>、中外薬<4519>、富士通ゼネラル<6755>、ファナック<6954>、KABU.C<8703>
【海外】
・17:30 英7−9月期GDP
・23:00 米9月新築住宅販売件数
・決算発表=フォード、UPS、P&G
200日線(22日時点で1万5092円)を意識。
連日で上下に振れる展開で方向感がつかみづら。
午前10時45分には、中国10月HSBC製造業PMI(購買担当者景気指数)が発表。停滞が警戒される中国景気の動向を見極めたいとして、様子見気分。その内容次第では同国経済の減速懸念が浮上し、指数先物に仕掛け的な売買が入ることも想定したい。
為替相場は、ドル・円が1ドル=107円前半(22日終値106円95−97銭)、ユーロ・円が1ユーロ=135円台半ば(同135円98銭−136円02銭)で推移。
外国証券の寄り付き前の注文動向―340万株の買い越し
(時間は日本時間)
 

「本日の外為マーケット」
予想レンジ。
ドル/円が107.70―108.70円、
ユーロ/ドルが1.2600─1.2700ドル、
ユーロ/円が136.30―137.50円
☆東京時間日足トレンド傾向
ドル/円:買目線、底堅く推移。
ユーロ/ドル:下げ傾向、売り目線。
ユーロ/円:上げ傾向、買目線。
ボンド/円:上げ傾向、買目線。

東京時間のドル/円は、108円前半を中心に底堅く推移。この日は週末ということもあり利益確定やポジション調整が出やすいとみられるが、株高がサポートしそう。
一方、海外時間に入ってから大きく動くことが増えており、東京時間で上値を伸ばしきれなかった場合は、海外参加者の利食いが入っていったん107円後半に沈む可能性。
23日のニューヨーク市場では、ドルが主要通貨に対して上昇した。米経済指標が底堅く、ユーロ圏と中国の購買担当者景気指数(PMI)も改善する中、リスク選好相場となった。


↓ ↓ ↓ ↓ 詳細と相場の流れ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「本日のマーケット」反発後にもみ合い。ドル/円は株高がサポート

2014年10月24日 8時41分


 

ブログパーツ

【経済】



一目で、本日の市場動向を占える。
株式、先物、FXトレーダーは必読。
市場のファンダメンタルは、これだけで十分!

今はテクニカル相場でない。
神経質なファンダメンタル相場。
あなたのテクニカルは使えない!
トレンドはまだ読めない。
相場の流れ、相場環境の見極めが、勝ち組と負け組の差。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「本日のマーケット」
☆日経225日足トレンド傾向:方向性みえず。中国PMIに注目。
200日線(22日時点で1万5092円)を意識。
連日で上下に振れる展開で方向感がつかみづら。
午前10時45分には、中国10月HSBC製造業PMI(購買担当者景気指数)が発表。停滞が警戒される中国景気の動向を見極めたいとして、様子見気分。その内容次第では同国経済の減速懸念が浮上し、指数先物に仕掛け的な売買が入ることも想定したい。
為替相場は、ドル・円が1ドル=107円前半(22日終値106円95−97銭)、ユーロ・円が1ユーロ=135円台半ば(同135円98銭−136円02銭)で推移。
外国証券の寄り付き前の注文動向―340万株の買い越し
 

「本日の外為マーケット」
予想レンジ。
きょうの予想レンジ
ドル/円が106.70―107.70円、
ユーロ/ドルが1.2600─1.2700ドル、
ユーロ/円が135.00―136.20円。
☆日足トレンド傾向
ドル/円:上げ傾向も明確な方向性みえず。
ユーロ/ドル:下げ傾向、もみ合い
ユーロ/円:下げ傾向、もみ合い
ボンド/円:不安定、方向性みえず。

東京時間の午前中に発表の中国10月HSBC製造業PMI速報値や、午後に発表のユーロ圏のPMI、それに先立って発表される独仏のPMIに注目
ドル/円は、107円ちょうどを軸に、株価をにらみながらもみ合う展開。106円後半では押し目買いが入りやすい。
株価が小安く始まりそうで、上値を追う感じでもない。
107円半ばを上抜けるには、新たな材料が必要。

前日の海外時間はドルは、予想を上回る米9月消費者物価指数(CPI)と、欧州の銀行の健全性についての懸念を受け、幅広い通貨に対して続伸。
一方、ユーロは、26日公表予定の欧州中央銀行(ECB)によるストレステスト(健全性審査)の結果で少なくとも11行が不合格になるとする一部報道を受けて値を下げた。



↓ ↓ ↓ ↓ 詳細と相場の流れ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「本日のマーケット」200日線(22日時点で1万5092円)を意識。中国PMIに注目。2014年10月23日 8時40分







ブログパーツ

【経済】



一目で、本日の市場動向を占える。
株式、先物、FXトレーダーは必読。
市場のファンダメンタルは、これだけで十分!

今はテクニカル相場でない。
神経質なファンダメンタル相場。
あなたのテクニカルは使えない!
トレンドはまだ読めない。
相場の流れ、相場環境の見極めが、勝ち組と負け組の差。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「本日のマーケット」
☆日経225日足トレンド傾向:序盤上げも不安定
欧米株式が大幅高となった流れを受け、買い先行。
足元で日中の変動幅が大きい状況が続いてい。
落ち着きどころを探るまで、しばらく続く不安定な動きが続く。
為替相場は、ドル・円が1ドル=107円台前半(21日終値106円56−58銭)と円安に振れる一方、ユーロ・円が1ユーロ=136円台前半(同136円70−74銭)と円高に傾いている。
引き続き、為替動向に対し、神経質な展開。
外国証券の寄り付き前の注文動向―230万株の買い越し


「本日の外為マーケット」
予想レンジ。
ドル/円が106.60―107.60円、
ユーロ/ドルが1.2670─1.2770ドル、
ユーロ/円が135.60―136.80円。
☆日足トレンド傾向
ドル/円:不安定もみ合い
ユーロ/ドル:不安定下げ傾向
ユーロ/円:不安定下げ傾向
ボンド/円:不安定

ドル/円は、株価をにらみながら107円前半を軸にしたもみ合い。日経平均先物の上昇を受けてオセアニア時間から株高期待のドル買いが入り107円台を回復しており、日経平均株価が上昇するようなら、前半はじり高か。
前日海外時間にドルは堅調に推移。欧州中央銀行(ECB)がユーロ圏経済の活性化に向けて早ければ12月に社債の買い入れを開始すると伝わり、ユーロはドルやその他主要通貨に対して売られた。米株価の上昇や、米10年債利回りの上昇もドルを支援した。



↓ ↓ ↓ ↓ 詳細と相場の流れ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「本日のマーケット」序盤上げも不安定、落ち着きどころを探る2014年10月22日 8時37分






ブログパーツ

【経済】




一目で、本日の市場動向を占える。
株式、先物、FXトレーダーは必読。
市場のファンダメンタルは、これだけで十分!

今はテクニカル相場でない。
神経質なファンダメンタル相場。
あなたのテクニカルは使えない!
トレンドはまだ読めない。
相場の流れ、相場環境の見極めが、勝ち組と負け組の差。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「本日のマーケット」
☆日経225日足トレンド傾向:上げ傾向
堅調なスタート。
アップルが7−9月期決算を発表。好調な決算を受け株価が時間外取引で続伸する動きを見せている。同社関連株へ物色の矛先が向かう。

「本日の外為マーケット」
☆日足トレンド傾向
ドル/円 横ばいから上げ傾向
ユーロ/ドル:上げ傾向から横ばい
ユーロ/円:上げ傾向
ボンド/円:上げ傾向


午前中に、豪中銀議事録や中国の景気指標の発表、注目。
ドル/円の今後の値動きについて、105円台でいったん下値が固まったものの、戻りも弱い。107円半ばをしっかり超えてこない限りは上向きの予想をしづらい。


↓ ↓ ↓ ↓ 詳細と相場の流れ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「本日のマーケット」堅調なスタート。各トレンド参照。 2014年10月21日 8時49分


 
ブログパーツ

【経済】



一目で、本日の市場動向を占える。
株式、先物、FXトレーダーは必読。
市場のファンダメンタルは、これだけで十分!

今はテクニカル相場でない。
神経質なファンダメンタル相場。
あなたのテクニカルは使えない!
トレンドはまだ読めない。
相場の流れ、相場環境の見極めが、勝ち組と負け組の差。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「本日のマーケット」
買い先行後に日経平均株価の5日線(前週末17日現在1万4916円)を意識。
ただ、買い一巡後は、今週からの14年9月中間期の決算発表の本格化を控え、様子見気分が広がる可能性。

「本日の外為マーケット」
予想はドル106.60―107.60円、株にらみ底堅い展開。
東京時間は日経平均株価の反発が期待されるほか、商業決済が集中する五・十日ということもあり、輸入企業のドル売り/円買いが予想され、仲値にかけては堅調な展開。
FXトレーダーは東京時間で稼げ!


↓ ↓ ↓ ↓ 詳細と相場の流れ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「本日のマーケット」買い先行後に日経平均株価の5日線を意識。FXトレーダーは東京時間で稼げ!2014年10月20日 8時31分







ブログパーツ

【連載企画】



【時代小説発掘】
風雲、念流剣 二 
鮨廾賚



(時代小説発掘というコーナーができた経緯)


【梗概】: 
 時代は室町中期に入ろうとする応永の末から正長にかけて(1420年代後半)。日本最古の剣派念流の道統二代目慈三首座は、初代念大慈恩の遺言として、南朝再興(後南朝)に一門あげて味方しようとしていた。南朝再興は、本当に慈恩の意思なのか。疑問を持つ正覚庵念道(俗名山入源四郎)とその弟子高垣藤四郎は、やがて、京と鎌倉の公方、後南朝の政争に巻き込まれていく。
本作は、全体4部作で、下記(↓)『悍馬駆ける』の続編に当たります。



悍馬駆ける

http://honto.jp/netstore/pd-book_02503654.html


【プロフィール】:
鮨廾賚此昭和33年(1958)生まれ。平成22年(2010)第40回池内祥三文学奨励賞受賞。現在、新鷹会会員、大衆文学研究会会員、歴史研究会会員、歴史時代作家クラブ会員。


これまでの作品:

風雲 念流剣 一(序章)




↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓   ↓  ↓  ↓  ↓

風雲、念流剣 二 (無料公開)



ブログパーツ

【経済】



一目で、本日の市場動向を占える。
株式、先物、FXトレーダーは必読。
市場のファンダメンタルは、これだけで十分!

今はテクニカル相場でない。
神経質なファンダメンタル相場。
あなたのテクニカルは使えない!
トレンドはまだ読めない。
相場の流れ、相場環境の見極めが、勝ち組と負け組の差。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「本日のマーケット」
日経平均株価は、もみあい。
連日大きく下落してきた輸出株には買い戻しの動き。
週末で買い手控えムードも広がりやすい地合い。

「本日の外為マーケット」
週末の調整に警戒感。
ドル/円は、株価をにらみながら106円前半を軸にもみあう展開。
海外時間からの円売りの流れを受けて株価がしっかりならドルは106円半ばを試す。


↓ ↓ ↓ ↓ 詳細と相場の流れ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「本日のマーケット」もみあい。週末で買い手控えムードも広がりやすい地合い。2014年10月17日 8時37分






ブログパーツ

【経済】



一目で、本日の市場動向を占える。
株式、先物、FXトレーダーは必読。
市場のファンダメンタルは、これだけで十分!

今はテクニカル相場でない。
神経質なファンダメンタル相場。
あなたのテクニカルは使えない!
トレンドはまだ読めない。
相場の流れ、相場環境の見極めが、勝ち組と負け組の差。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「本日のマーケット」
反落後に下値模索。
米国株式の下落の影響から、米シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、大阪取引所終値比400円安の1万4670円。
売り先行でスタートし、シカゴ清算値にサヤ寄せする動き。
外国証券の寄り付き前の注文動向―1660万株の大幅売り越し。

↓ ↓ ↓ ↓ 詳細と相場の流れ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「本日のマーケット」反落後に下値模索。外国証券の寄り付き前の注文動向―1660万株の大幅売り越し。2014年10月16日 8時39分







ブログパーツ

【経済】



一目で、本日の市場動向を占える。
株式、先物、FXトレーダーは必読。
市場のファンダメンタルは、これだけで十分!

今はテクニカル相場でない。
神経質なファンダメンタル相場。
あなたのテクニカルは使えない!
トレンドはまだ読めない。
相場の流れ、相場環境の見極めが、勝ち組と負け組の差。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「本日のマーケット」
1万5000円を意識したみ合い。
本格的な反発には材料が乏しい。戻りは限定的。
為替動向に対し神経質な展開。


↓ ↓ ↓ ↓ 詳細と相場の流れ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「本日のマーケット」1万5000円を意識したみ合い。為替動向に対し神経質な展開。2014年10月15日 8時36分






ブログパーツ

今週の永田町



 

今週の永田町
■【今週の永田町】「韓国・朝鮮人」は「未開人説」を検証。






■【今週の永田町】産経新聞の加藤前ソウル支局長への言論弾圧にみる「韓国・朝鮮人は未開人説」。そして「目くそ鼻くそ」で騒ぐ日本の野党も未開人説に近いのでは?説。


■【今週の永田町】「目くそ鼻くそ」のうちわ議論。松島みどり法務大臣のは「骨組みがある」。蓮舫のは「骨組みのないただの厚紙」。問題は、どちらも「うちわ」として使用できる。「目くそ鼻くそ」に活路をみいだそうとする日本の民主党は韓国並。

■【今週の永田町】「目くそ鼻くそ」の「ストールかマフラーか」議論。アントニオ猪木議員のトレードマークである「赤いマフラー」は駄目で、松島法務大臣の「ストールは女性のファッション」。こんな問題で本会議開始が20分も遅れるて、あげくに灰色決着。

■【今週の永田町】「目くそ鼻くそ」議論は、いずれも松島みどり法務大臣。当初から「安倍政権のアキレス腱になる」とマスコミではいわれていた。問題は、「目くそ鼻くそ」でなくて、「帝京大学グループ」との関係。

■【今週の永田町】「IR(カジノ法)」で、韓国・江原道旌善郡のカジノ「江原ランド」に日本の自治体なと、視察が殺到。ポイントは、「日本人のカジノ利用について入場制限や入場料徴収などの条件」。



 今週、永田町で何がおきるのか?
 何が話題になっているのか?


 政治記者必携!
 政治家、秘書、霞ヶ関の皆様も毎週チェックを忘れずに!
 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓   ↓ 

■【今週の永田町】「韓国・朝鮮人」は「未開人説」を検証。  2014年10月14日 12時6分




ブログパーツ
Profile
officematsunaga
【オフイス・マツナガ】
【本件ブログ5原則】
投稿、内部告発、情報提供を歓迎します。なお無断で掲載はしませんので安心してメールください。
【CONTACT/連絡先】
Archives
twitter
マーケット情報
≪最新≫人気FX会社ベスト10

by 株価チャート「ストチャ」


ニュースソース・NewsSource 
オフイス・マツナガのサイト
Link
孤立を怖れず、連帯を求める!
【オフイス・マツナガのリンク先】
Recent Entries
当サイトは携帯から閲覧可能
QRコード
Recent Comments