【経済】



一目で、本日の市場動向を占える。
株式、先物、FXトレーダーは必読。
市場のファンダメンタルは、これだけで十分!
月末のフロー動向と、米国時間の米GDPに注目。
来週の市場に影響をあたえる。
ユーロは、まだまだスイスフランが不透明。
東京前場で抜いて、米GDPしだい。
相場の流れ、相場環境の見極めが、勝ち組と負け組の差。
多くのトレーダーは、相場つきの変化でやられる。
一つのテクニカルでは勝てない。



■「本日のマーケット」
 
 東京株式は、反発したあと、上値を試す。
 米国株高の追い風を受けて、株価指数先物に買い戻しや新規買いが先行。
 日経平均株価は、28日に付けた直近高値の1万7850円59銭を抜け、1万7900円台を付ける可能性。


■「本日の為替マーケット」
 きょうの予想レンジ
ドル/円が117.70―118.90円、
ユーロ/ドルが1.1260─1.1380ドル、
ユーロ/円が133.30―134.60円。

きょうは月末のフロー動向に注目。
ユーロはまだまだ不透明。
米国の10―12月GDP速報値に注目。



■「本日の相場の抜きどころ」(トレーダー玄さん)
 
 本日は、月末のフロー動向に注目。
 東京市場で前場で抜く。
 東京市場は、前場買われ、後場ポジション調整。
 あとは、米国のGDP速報値まち。
 本日も定番の欧州時間で東京市場ブレイク狙いは危険。
 本日は東京市場前場と、ニューヨーク時間深夜ぐらい。


↓ ↓ ↓ ↓ 詳細と相場の流れ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「本日のマーケット」東京市場で反発。月末のフロー動向と、米国時間の米GDPに注目。2015年1月30日 8時35分





ブログパーツ

【経済】






一目で、本日の市場動向を占える。
株式、先物、FXトレーダーは必読。
市場のファンダメンタルは、これだけで十分!
本日は東京市場を注目。
FOMCの声明文を、市場がどのように消化していくかに注目。見通しは難しい。
東京市場で大きく動くときは、欧州時間での「ブレイク狙い」は、すぐに逆行する場合が多い。チャートのトレンド方向に逆らうブレイクは注意。「ブレイク狙い」派は、この辺で大きくやられることが多い。
ボラがあがっているので、短い時間足でのスキャル系には向いているかもしれない。
相場の流れ、相場環境の見極めが、勝ち組と負け組の差。
多くのトレーダーは、相場つきの変化でやられる。
一つのテクニカルでは勝てない。



■「本日のマーケット」
 米国流れを受けて、反落して始まる見通しも、安値圏では公的年金などによる日本株買いなどの期待感から、下げ渋る展開か。ただし、見通しは困難。荒っぽい展開も想定。

■「本日の為替マーケット」
 予想レンジは、
ドル/円が116.90―117.80円
ユーロ/ドルが1.1230─1.1350ドル
ユーロ/円が131.80―133.80円。
 日経平均が安く始まる可能性が高く、ドル/円は上値が重い展開を想定。
 株価が大きく崩れた場合は117円を割り込む可能性もある。


■「本日の相場の抜きどころ」(トレーダー玄さん)
 本日は東京市場を注目。FOMCの声明文を、市場がどのように消化していくかに注目。見通しは難しい。荒っぽい展開が想定される。
 本日は、欧州時間での東京市場ブレイク狙いは微妙。
 為替はボラがあがっているので、短い時間足で、スキャルには向いているかも。短期売買筋が暴れそう。スキャル系の確信ある手法がない人は、様子見のすすめ。



↓ ↓ ↓ ↓ 詳細と相場の流れ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「本日のマーケット」本日は東京市場を注目。FOMCの声明文を、市場がどのように消化していくかに注目。見通しは難しい。 2015年1月29日 8時46分 



 
ブログパーツ

【経済】




一目で、本日の市場動向を占える。
株式、先物、FXトレーダーは必読。
市場のファンダメンタルは、これだけで十分!
昨日は12月の米耐久財新規受注が予想外に減少。
本日は、東京仲値付近での動きから、米連邦公開市場委員会(FOMC)。
東京ブレイク狙いはありだが、それ以外は様子見で。
本日は、思惑優先であれやすい。
多くのトレーダーは、相場つきの変化でやられる。
一つのテクニカルでは勝てない。



■「本日のマーケット」
 反落後にもみ合い。
 NY株式の急落を受け、米シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、大阪取引所の終値比65円安の1万7635円。
 きのう27日に急反発していたこともあり、いったん利益を確定する動きが強まる。

 
■「本日の為替マーケット」

ドル/円が117.30―118.50円、
ユーロ/ドルが1.1320─1.1440ドル、
ユーロ/円が133.50―134.80円。


■「本日の相場の抜きどころ」(トレーダー玄さん)
 
 昨日は、想定外の米耐久財新規受注で、ニューヨーク時間に波乱。
 本日は、東京仲値付近での動きに注意。
 米連邦公開市場委員会(FOMC)に注視。
 東京時間の流れをみて、ロンドン時間で東京ブレイク狙いあたり。
 

↓ ↓ ↓ ↓ 詳細と相場の流れ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「本日のマーケット」米連邦公開市場委員会(FOMC)まで、思惑込みで荒れやすい
ブログパーツ

【経済】



一目で、本日の市場動向を占える。
株式、先物、FXトレーダーは必読。
市場のファンダメンタルは、これだけで十分!
ECB理事会に続き、ギリシャ総選挙の結果をあらかた消化して、次は米連邦公開市場委員会(FOMC)にテーマ性が移行。
ユーロ/円の上昇余地も限られ、ドル/円の上値も限られそう。
為替はややもみ合い相場。ライントレード、逆張り手法が有効か。
本日は為替よりも、各国の株価指数、日経先物、ダウ先物のほうが妙味があるかも。
相場の流れ、相場環境の見極めが、勝ち組と負け組の差。
多くのトレーダーは、相場つきの変化でやられる。
一つのテクニカルでは勝てない。



■「本日のマーケット」
 反発後に上値を試す場面も。
 再び、輸出関連株を中心とした物色が中心。

■「本日の為替マーケット」
予想レンジは
ドル/円が117.80―119.00円、
ユーロ/ドルが1.1160─1.1290ドル、
ユーロ/円が132.30―133.80円。
ユーロがそろそろ頭打ちで、ユーロ/円の上昇余地も限られ、ドル/円の上値も限られそう。

■「本日の相場の抜きどころ」(トレーダー玄さん)
 次は米連邦公開市場委員会(FOMC)にテーマ性が移行。ただ、今回は声明文の微調整か。ややもみ合い相場を想定。各国の株価指数。原油チャートに注目。
 ライントレードや逆張り手法が有効か。
 本日は為替よりも、各国の株価指数、日経先物、ダウ先物のほうが妙味があるかも。
 現物株ではADR(米国預託証券)銘柄で上げた株のデイトレードの方が簡単かもしれない。
 

↓ ↓ ↓ ↓ 詳細と相場の流れ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「本日のマーケット」反発後に上値を試す場面も。為替はややもみ合い相場
2015年1月27日 8時41分







ブログパーツ

【経済】


「FX玄さん」の不定期連載1
「FXは、基本的には勝てない」から始める
「基本的に勝てないを自覚したら、大損せずにすむかも、少しは利益がでるかも」



 少額からも参加できる為替取引(FX)なら「破産しない方法と、運がよければ資産倍増ぐらいの方法はレクできるかもしれない」


玄さんいわく、
「それだけ相場は難しいというのが現実。いわゆる勝ち組トレーダーといわれている人の8割は破産予備軍、もしくは嘘つきの可能性大。
 そこで、そこそこ稼げて、そこそこ知識を身に着けたら、相場から金を稼ぐのでなくて、手法とか能書きを教えて、そこから金を稼ぐという方法を覚える。
 その方が、圧倒的にリスクが少なく儲かる。または、そこで稼いだネタ銭を相場にぶち込んで、うまくいけば儲けて、失敗してもあきらめがつく。
 これが相場で稼いでいる人の8割の真実」

 玄さんは、大手経済新聞で金融を担当。「伝説的なトレンドフォロワー集団・タートルズ」を最初に取材した日本人記者として一部で有名。ただし、自分で相場をはることはなかった。(注:社内規約として自己トレードが規制されていたこともある)
 ところが病に倒れ休職。復職したが、すでに自分の記者としての活躍の場はなく、関連会社にとばされた。そこは経済や金融とはまったく無縁のポジション。いってみれば窓際生活。
 毎日出社するも毎日が暇。ただラッキーにも、自己トレード禁止の規制がはずれていた。そこで、しこしことトレードをはじめる。

 その間に、日本の証券アナリスト資格(CMA)、米国証券アナリスト資格(CFA)を取得。著作は翻訳、共著をふくめて複数あるが、「CMAやCFAの資格を取るには役立つし、能書きのネタにはなるが、これで相場で勝てるとか、儲かるとは到底思えない」wというので紹介はなし。

 8年前に退社して、金融アナリストとして独立。さらに専業トレーダーとしても「しこしこ」(本人いわく)トレード。
 証券会社や投資顧問会社が主催する勉強会の講師をつとめる。
 順調に個人資産も増え、複数の投資ファンドから誘われ、顧問もつとめる。
 ネット証券やFX取引が普及して、講師やアドバイザーの仕事も増えた。
 ただし、リーマンショックで、個人資産の半分を失う。
「破産しなかったのは、ただのラッキー以外なにものでもない」
 ただ、民主党政権の暴落・円高、アベノミクスの高騰・円安に乗っかり、倍返しから、3倍返しに成功。

 基本は、多くのトレーダーがそうであるように「一発屋」でないと「大儲け」はできない。
 ただし「いつか、かならず、どこかで、ガラ(暴落)はくる」
 を体におぼえさせること。

「相場はゼロサムゲームというが、実は、トランプのババ引き。だれかが、かならず、どこかで、ババを引く」
「ババを引かない方法はない。ポジションをもった瞬間に、それはババの可能性がある。このババを誰かに引かせることができたら、ただのラッキー。ラッキーは平等にくるが、最後のババを引く可能性も平等にある」が口癖。

 現在、金融アナリストとして講師をつとめながら、株式、先物、オプション、為替などのトレードをやっている。
「しかし、俺がこわれてやっている勉強会に出席しても、知識は増えるかもしれないが、絶対に稼ぐことはできない」と断言。
 その理由は、「証券会社、投資顧問会社主催の勉強会で、本当のことを教えたら、主催者側がこまることになる。この手の勉強会の目的は、鴨の育成が目的。その鴨に逃げる方法を教えたら、講師はつとまらない」w・・ということでここでは「玄さん」と匿名で連載します。

 玄さんを昔からしっているボスのコメント。

「昨年、ちらりと四季報をみたら、いくつかの会社の大口株主欄で玄さんの名前をみた。リーマンショックで破産したとおもっていたが、いつのまにか、復活したようだ。それで、連絡とってみた。
 相場は、自己責任というが・・・
 100% やられる。
 おれも、ちょっとはまって稼いだ時期があったが、今は、じり貧。
 ただし、破産せずに済んでいるw
 相場で成り上がった玄さんに、ちょっと話せ!
 といった。
 うちの事務所内だけでなく、玄さん周辺でも、ちょっと軋轢があった。
 よって、軋轢を抱えたままの、スタートである。
 なお、軋轢の責任はすべて俺にある」


以上

ブログパーツ

今週の永田町


【今週の永田町】
「イスラム国」の蛮行を、政争の具としようとしている政党と国会議員。こんなヒステリック状態では「安全保障関連法案」も、まともに議論するのは無理。





■「イスラム国」人質事件を時系列に整理していくと「交渉過程」でもうひとつの障壁となる英国の「誘拐保険」の存在。英国ではテロ対策強化の一環として、英国を拠点とする保険会社に対し、顧客がテロ組織に誘拐された際の身代金の補償を禁止する方針を表明し法制化を目指しているが、まだ未成立。

■安倍総理の「テロリストの要求に屈することはない」「2億ドルの支援は、地域で家を無くしたり、避難民となっている人たちを救うため、食料や医療サービスを提供するための人道支援」を政争の具とする政党と国会議員

■「イスラム国」の人質誘拐と殺害事件は、ネットで世界中に配信された。「これまで巧みにネットをリクルート等で利用しきた『イスラム国』だが、日本人を殺害したことで、彼らのネット戦略は完全に裏目にでた」。

■「イスラム国」への米国を中心とした有志連合の「本格攻勢は春」。有志連合による空爆から地上戦へ。「もはや誰もその作戦に異議を唱える国はないだろう」。

■首相が「改革断行国会」と位置付けている通常国会が開幕。最大の焦点である「安全保障関連法案」は、4月の統一地方選挙後の、5月の大型連休前後。その時期について「今回の『イスラム国』をみてもわかるように、目的のために手段を選ばないという一部野党がいる。冷静に議論できるための選択」(国対関係者)


↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓   ↓  ↓  ↓  ↓

 【今週の永田町】 「イスラム国」の蛮行を、政争の具としようとしている政党と国会議員。こんなヒステリック状態では「安全保障関連法案」も、まともに議論するのは無理。


 

ブログパーツ

【経済】



一目で、本日の市場動向を占える。
株式、先物、FXトレーダーは必読。
市場のファンダメンタルは、これだけで十分!
現地25日に実施されたギリシャの総選挙で、財政緊縮策の見直しを公約に掲げる最大野党の急進左派連合が勝利宣言を行ったと報じられた。
東京市場では欧米市場の反応をみたいとして、様子見気分が広がる可能性。
ギリシャ総選挙後の流れを見定める展開。
ユーロ安圧力が持続し、円高方向に振れやすい期間が続きそう。
相場の流れ、相場環境の見極めが、勝ち組と負け組の差。
多くのトレーダーは、相場つきの変化でやられる。
一つのテクニカルでは勝てない。



■「本日のマーケット」
 軟調な展開。

■「本日の東京為替マーケット」
 ユーロ安圧力が持続し、円高方向に振れやすい。

■「本日のFXの抜きどころ」(トレーダー玄さん)
 ギリシャ選挙をうけ、月曜朝のドル円、ユーロ円どもは下窓スタート。
 東京時間様子見。
 欧州時間、東京時間のブレイク狙いで一発。
 ニューヨーク時間、NYカットOP(日本時間深夜0時)で設定水準で一度収れんするのでそこで一発。どっちかに抜けたら、その方向に乗り一発。
 本日、堅実に抜けるとしたら、その3つ。
 注目通貨は、当然、ユーロクロス。
 



↓ ↓ ↓ ↓ 詳細と相場の流れ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「本日のマーケット」ギリシャ総選挙・ほぼ想定内。東京市場では欧米市場の反応をみたいとして、様子見気分2015年1月26日 8時33分





ブログパーツ

今週の永田町


【今週の永田町】
 日本の「脱亜論」は世界の「脱亜論」へ
 民主党代表選挙でわかった『特定労組』の実力。


(取材体制が再編され復活した「今週の永田町」



■民主党代表選挙は岡田克也代表代行で決定。長妻票が流れて「特定労組主流派」と、旧社会党系と特定労組極左系が「合流」。「前途多難にして、むしろ解党含みのスタート」(民主党保守系議員)

■「リベラルから保守まで幅広い勢力が同居」とマスコミが報じている民主党だが、民主党議員にいわせると、「日教組、自治労という特定政党と旧社会党系という左翼・極左系。民間労組を中心とした中間系、現実的な政策を掲げる保守系の3つに分類」

■現実的な論争が期待された岡田代表だが、「岡田支持でいくということは、政策面や人事面などで、当然、我々の要求を呑むということだろう」と長妻支持の旧社会党系左翼系の一人が断言。民主は左旋回へ。

■大阪維新の橋下は「大阪都構想」をすすめているが、「その最大の障壁が特定労組」の存在、それに公明・学会や民団系が加わり、「腰の定まらない橋下・維新に見切りをつけた」自民・保守系が加わったという現状。

■安倍総理の地球儀を俯瞰した外交は、現代版の「脱亜論」と「中庸」。エジプトの外交当局者が「安倍総理のつかう【中庸】は、【日本の和をもって貴しとなす】と同じ意味か?」。イェス! 中東の人の方が、より日本の歴史、文化を知っている!

■安倍総理の地球儀を俯瞰した外交のキーワードは、「積極的平和主義」と「法の支配」さらに「中庸」「和をもって貴しとなす」が加わる。これは中国や韓国の2ケ国以外からは高く評価されている。日本の「脱亜論」が世界の「脱亜論」になる日。

■通常国会は1月26日から6月24日。まずは、平成27年度当初予算の年度内成立。次は佐賀知事選挙で保守分裂選挙で敗因となった「農協改革」。盤石規制の象徴であるJA全中にメスをいれる。

■農業票は伝統的に自民党の基盤票。それにあぐらをかき、補助金や保護政策でお茶をにごしてきた。「日本の農業の衰退の原因は、まさにこの『事なかれ主義』にあった。少々の痛みがともなおうが、断行しなければ、アベノミクスの恩恵は地方にいきわたらない」(自民党農林部会の若手議員)



↓ ↓ ↓(取材体制が再編され復活した「今週の永田町」↓ ↓ ↓

「今週の永田町」 日本の「脱亜論」は世界の「脱亜論」へ。民主党代表選挙でわかった『特定労組』の実力。 

 
ブログパーツ

【経済】


スイスフランショックは、まだ尾をひく。
そして、
22日の欧州中央銀行(ECB)理事会、25日のギリシャ総選挙が大きな波乱をもたらす可能性を示唆しているとみる。

作夜、ツイッターしたように、原則、様子見。

ブログパーツ

【連載企画】




【時代小説発掘】
絶唱の最上川
斎藤 周吾


(時代小説発掘というコーナーができた経緯)


【梗概】:
 松尾芭蕉は、奥の細道で、
 『五月雨をあつめてはやし最上川』
 と句を詠んだ。
 作った場所は、山形県北村山郡大石田町の最上川べりである。
 
 山形県の生んだ歌人の斎藤茂吉は、芭蕉に触発され、大石田で、
 『最上川逆白波の立つまでに吹雪く夕べになりにけるかも』
 と短歌に詠んだ。
 
 茂吉の一番弟子に、同郷の結城哀草果(ゆうきあいそうか)が居る。
 茂吉が歌を詠むまでの師弟関係を、苦難に満ちた太平洋戦争末期から終戦時までを綴った。
 
 斎藤茂吉は戦前、ドイツ留学した時、ドイツ人の恋人同士でキスをしているのに遭遇した。
「長い、実に長い」と言って、一時間も物陰から二人を見ていたという。
 
 筆者は茂吉と同郷で、晩年の結城哀草果に二度会っている。
 それを思い出しながら描いた。

 
【プロフィール】:
斎藤周吾 (さいとうしゅうご)
受賞歴
 平成20年8月、日本文学館『最後の家康』で、短編部門の審査員特別賞。
 平成20年1月、(財)斎藤茂吉記念館にて、『短歌部門』で、川嶋清一選で佳作。


これまでの作品:

女帝物語−わが子に
血染めの染雪吉野桜
遙かなるミッドウェー『父からの手紙』前編
遙かなるミッドウェー『父からの手紙』後編
惟正、請益僧円仁に従い入唐求法の旅
随筆 うつけ信長、弱者の戦略
黒田官兵衛物語 六尺四方の暗い地下牢に藤の花が咲く女帝物語−褥の思い出(前編)
女帝物語−褥の思い出(後編)


↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓   ↓  ↓  ↓  ↓

絶唱の最上川 (無料公開)2015年1月18日 11時26分








ブログパーツ
Profile
officematsunaga
【オフイス・マツナガ】
【本件ブログ5原則】
投稿、内部告発、情報提供を歓迎します。なお無断で掲載はしませんので安心してメールください。
【CONTACT/連絡先】
Archives
twitter
マーケット情報
≪最新≫人気FX会社ベスト10

by 株価チャート「ストチャ」


ニュースソース・NewsSource 
オフイス・マツナガのサイト
Link
孤立を怖れず、連帯を求める!
【オフイス・マツナガのリンク先】
Recent Entries
当サイトは携帯から閲覧可能
QRコード
Recent Comments