・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「相場の流れ、相場付きの判断」をする上で重要になるのが、「マーケット分析」
 そのベースになる、
 株式編の「本日のマーケット」(株式編)
 FX編の「本日のマーケット」(FX編)
「トレーダー玄さん」が毎日チェックしている手法を公開。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「本日のマーケット」(FX編)・・・・米連邦公開市場委員会(FOMC)や日銀の政策決定会合を控え様子見。

 きょうの予想レンジは
 ドル/円が118.60―119.60円、
 ユーロ/ドルが1.0810─1.0940ドル、
 ユーロ/円が129.00―130.30円。

 前日比引き続いて、月末要因のフロー主導の値動き。
 ただ、米連邦公開市場委員会(FOMC)や日銀の政策決定会合を控えて、上下ともに一方的な値動きは抑制される。
 格付け会社フィッチ・レーティングスは、日本の長期外貨建て・自国通貨建て発行体デフォルト格付け(IDR)をシングルAプラスからシングルAに1段階引き下げた。政府が消費増税を先送りしたが、財政の穴埋め策を今年度予算で講じなかったと指摘。
 前日東京時間の夕刻に伝わったフィッチの格下げを受けて119.20円から119.40円付近までいったん円売りが進んだが、その後は何事もなかったかのように元の水準に戻った。(今回の)FOMCがハト派的になるとの見方があるなか、積極的に(ドルの)上値を追いずらい環境。


28日重要指標

4/28(火) 〔予想〕 (前回)

日米首脳会談
米連邦公開市場委員会(FOMC)、開催(-29日)

07:40 スティーブンスRBA総裁、講演
12:45 2年国債入札(2兆5000億円)
15:45 仏4月消費者信頼感指数 〔94〕 (93)
17:30 英1-3月期GDP・速報値(前期比) 〔+0.5%〕 (+0.6%)
17:30 英1-3月期GDP・速報値(前年比) 〔+2.6%〕 (+3.0%)
18:00 ドムブロフスキス欧州副委員長、講演
21:45 ポロズBOC総裁、ウィルキンスBOC副総裁、議会出席
22:00 米2月S&P/ケースシラー住宅価格指数(前年比) 〔+4.70%〕 (+4.56%)
23:00 米4月消費者信頼感指数 〔102.2〕 (101.3)
23:00 米4月リッチモンド連銀製造業指数 〔-2〕 (-8)
翌2:00 米5年債入札(350億ドル)
翌2:30 ワイトマン独連銀総裁、イベントで挨拶


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「本日のマーケット」(FX編)・・・・米連邦公開市場委員会(FOMC)や日銀の政策決定会合を控え様子見。   2015年4月28日 8時44分


 

ブログパーツ

【経済】

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「相場の流れ、相場付きの判断」をする上で重要になるのが、「マーケット分析」
 そのベースになる、
 株式編の「本日のマーケット」(株式編)
 FX編の「本日のマーケット」(FX編)

 その作り方については、バックナンバーを参照。
「トレーダー玄さん」が毎日チェックしている手法を公開。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「本日のマーケット」(株式編)・・・日銀金融政策決定会合を前に、手控えムード。

 30日の日銀金融政策決定会合を前に、手控えムード。
 2万円を挟んだもみ合い。
 ただ、27日の引け後、日経平均株価への寄与度が高いファナック<6954>が15年3月期決算を、東エレク<8035>が同決算と自社株買い、米アプライド・マテリアルズと経営統合の断念を発表していることから、両銘柄の動きに注目。
 一方で、個別に好業績銘柄への物色は継続されそう。
 為替相場は、ドル・円が1ドル=119円台の前半(27日終値119円20−23銭)、ユーロ・円が1ユーロ=129円台の半ば(同129円41−45銭)と小動き。
 米国株式市場のADR(米国預託証券)銘柄は円換算値では、コマツ<6301>、京セラ<6971>、キヤノン<7751>などが安い。
 米シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、大阪取引所の終値比60円高の2万60円。

 外国証券の寄り付き前の注文動向―630万株の買い越し
 主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り840万株、買い1470万株で、差し引き630万株の買い越し。買い越しは6営業日連続。金額(6社ベース)も買い越し」
・売りセクターに、化学、サービス、輸送用機器、卸売、銀行、食品、情報通信、電気機器など。
・買いセクターに、不動産、ガラス土石製品、鉄鋼、情報通信、輸送用機器、小売、電気機器、医薬品、鉱業、精密機器、機械、卸売など。


28日のスケジュール
【国内】
・8:50 3月商業動態統計
・2年国債入札
・決算発表=ガンホー<3765>、信越化<4063>、協和キリン<4151>、積水化学<4204>、日立化成<4217>、オリエンタルランド<4661>、新日鉄住金<5401>、神戸鋼<5406>、豊田織機<6201>、ジェイテクト<6473>、三菱電機<6503>、マキタ<6586>、NEC<6701>、パナソニック<6752>、TDK<6762>、アルプス<6770>、ヒロセ電機<6806>、デンソー<6902>、川重<7012>、日野自<7205>、アイシン精<7259>、ホンダ<7267>、シマノ<7309>、リコー<7752>、豊田通商<8015>、大和証G<8601>、JPX<8697>、JR東日本<9020>、JR東海<9022>など
・IPO(新規上場)=リンクバル<6046>、Gunosy<6047>、ジグソー<3914>(マザーズ)
【海外】(時間は日本時間)
・17:30 英1−3月期GDP
・21:00 ブラジル3月失業率
・22:00 米2月S&Pケース・シラー住宅価格指数
・23:00 米4月CB消費者信頼感指数
・FOMC(29日まで)
・米5年国債入札
・日米首脳会談
・決算発表=(中国)チャイナ・シッピング・ディベロップメント、馬鞍山鋼鉄(米国)メルク、フォード、ファイザー、コーニング、コーチ、UPS



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 「本日のマーケット」(株式編)・・・日銀金融政策決定会合を前に、手控えムード。   2015年4月28日 8時33分


 

ブログパーツ

【経済】




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「相場の流れ、相場付きの判断」をする上で重要になるのが、「マーケット分析」
 そのベースになる、
 株式編の「本日のマーケット」(株式編)
 FX編の「本日のマーケット」(FX編)
「トレーダー玄さん」が毎日チェックしている手法を公開。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「本日のマーケット」(FX編)・・・・日銀決定会合前に思惑も出やすい。

 きょうの予想レンジは
 ドル/円が118.50―119.50円、
 ユーロ/ドルが1.0800─1.0920ドル、
 ユーロ/円が128.70―130.00円。

 ドル/円は119円を挟んでもみあう展開。
 118円半ばがテクニカル的なサポートとして意識されている。
 この水準に来たら買いが入る。
 一方、先週末は119円半ばでは頭が重かった。

 今週は日米で金融政策イベントがあるため、きょうは動きにくいイメージがある。
 日銀決定会合前に思惑も出やすい。要人発言などで動く可能性もあるので注意。


27日重要指標【TKY】

4/27(月) 〔予想〕 (前回)

ウェリントン市場休場(アンザックデー)
南アフリカ市場休場(自由の日)

16:00 ヌイ欧州単一監督メカニズム(SSM)議長、講演
17:30 クーレECB理事、コンスタンシオECB副総裁、ヌイ欧州単一監督メカニズム(SSM)議長、講演
18:00 ヌイ欧州単一監督メカニズム(SSM)議長、討論会に参加
19:00 英4月CBI製造業受注指数 〔+4〕 (±0)
20:30 カタイネン欧州委員、ホイヤー欧州投資銀行総裁、講演
21:00 コンスタンシオECB副総裁、講演
22:45 米4月マークイット総合PMI・速報値 〔-〕 (59.2)
22:45 米4月マークイットサービス業PMI・速報値 〔58.8〕 (59.2)
23:30 米4月ダラス連銀製造業活動指数 〔-12.0〕 (-17.4)
翌0:30 カタイネン欧州委員、討論会に参加
翌2:00 米2年債入札(260億ドル)
翌2:30 オルセン・ノルゲバンク(ノルウェー中央銀行)総裁、講演



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



「本日のマーケット」(FX編)・・・・日銀決定会合前に思惑も出やすい。2015年4月27日 8時37分







ブログパーツ

【経済】



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「相場の流れ、相場付きの判断」をする上で重要になるのが、「マーケット分析」
 そのベースになる、
 株式編の「本日のマーケット」(株式編)
 FX編の「本日のマーケット」(FX編)

 その作り方については、バックナンバーを参照。
「トレーダー玄さん」が毎日チェックしている手法を公開。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「本日のマーケット」(株式編)・・・2万円を挟んだもみ合い。

 2万円を挟んだもみ合い。
 買い疲れ感から前週末にかけて軟調な展開となったことに加え、為替相場で、ドル・円が1ドル=118円台の後半(前週末24日終値119円28−30銭)、ユーロ・円が1ユーロ=129円台の前半(同129円74−78銭)と円高に振れていることなどから、利益確定売りに押される場面も。
 ただ、下値には押し目狙いの資金が控えている。
 底堅く推移。
 また、15年3月期の決算発表が本格化することから、好調な業績見通しを示す銘柄への物色も想定したい。
 米国株式市場のADR(米国預託証券)銘柄は円換算値では、コマツ<6301>、ソニー<6758>、京セラ<6971>などが安い。
 米シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、大阪取引所の終値比20円高の2万70円。

 外国証券の寄り付き前の注文動向―290万株の買い越し
 主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り510万株、買い800万株で、差し引き290万株の買い越し。買い越しは5営業日連続。金額(6社ベース)も買い越し」
・売りセクターに、食品、小売、情報通信、輸送用機器、卸売、サービス、銀行、機械、建設、薬品、ゴム、証券など。
・買いセクターに、建設、薬品、情報通信、サービス、銀行、ゴム、化学、空運、機械、小売、電子機器など。


27日のスケジュール
【国内】
・決算発表=キッコーマン<2801>、資生堂<4911>、コマツ<6301>、オムロン<6645>、ファナック<6954>、京セラ<6971>、ダイハツ<7262>、キヤノン<7751>、東エレク<8035>、大阪ガス<9532>など
【海外】(時間は日本時間)
・米2年国債入札
・決算発表=(中国)BYD、コスコ・パシフィック(米国)アップル


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


「本日のマーケット」(株式編)・・・2万円を挟んだもみ合い。2015年4月27日 8時27分






ブログパーツ

【経済】



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「相場の流れ、相場付きの判断」をする上で重要になるのが、「マーケット分析」
 そのベースになる、
 株式編の「本日のマーケット」(株式編)
 FX編の「本日のマーケット」(FX編)
「トレーダー玄さん」が毎日チェックしている手法を公開。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「本日のマーケット」(FX編)・・・・目先は居心地のいい119円台でうろうろ

 きょうの予想レンジは
ドル/円が119.10―120.10円、
ユーロ/ドルが1.0750─1.0880ドル、
ユーロ/円が128.70―130.00円。

 目立った手掛かりに乏しい中、株価をにらみながらドル/円は119円半ばを軸に方向感なくもみ合い。
 日経平均との連動性は薄れており、株価が上伸してもドル/円が追随する気配はないが、株価が底堅いようならドル/円も支えられやすい。
 前日は東京時間、海外時間とも120円に戻す場面があったが120.10円手前で頭を押さえられている。想定外に120円前半が重い。ドル高の修正が目立つ展開。
 一方、118円台には買い興味が観測されている。120円の定着は難しいが118円台は鉄板。目先は居心地のいい119円台でうろうろすることになりそう。

24日重要指標  ユーロ圏財務相会合、日銀副総裁講演


4/24(金) 〔予想〕 (前回)

ユーロ圏財務相・中央銀行総裁会議(於;ラトビア、-25日)
ステート・ストリート、1-3月期決算発表

12:00 中曽日銀副総裁、日本証券アナリスト協会主催国際セミナーにおける講演
17:00 独4月Ifo景況感指数 〔108.4〕 (107.9)
17:00 独4月Ifo景気期待指数 〔104.5〕 (103.9)
17:00 独4月Ifo現況指数 〔112.4〕 (112.0)
17:00 ジョーダンSNB総裁、債券保有者らとの会合で発言
21:30 米3月耐久財受注 〔+0.6%〕 (-1.4%)
21:30 米3月耐久財受注(除輸送用機器) 〔+0.3%〕 (-0.6%)
23:25 ポロズBOC総裁、講演


4/25(土)

ユーロ圏財務相・中央銀行総裁会議(於;ラトビア、24日-)


4/26(日)

第26回ASEAN首脳会議(於;クアラルンプール、-27日)
安倍首相、訪米(-5月3日)
カザフスタン大統領選挙


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



「本日のマーケット」(FX編)・・・・目先は居心地のいい119円台でうろうろ2015年4月24日 8時35分






ブログパーツ

【経済】




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「相場の流れ、相場付きの判断」をする上で重要になるのが、「マーケット分析」
 そのベースになる、
 株式編の「本日のマーケット」(株式編)
 FX編の「本日のマーケット」(FX編)

 その作り方については、バックナンバーを参照。
「トレーダー玄さん」が毎日チェックしている手法を公開。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「本日のマーケット」(株式編)・・・週末要因もあり、積極的には手掛けづらい。

 上値が重い展開。
 現地23日のナスダック総合指数は、約15年1カ月ぶりに終値ベースで史上最高値を更新したが、米シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、大阪取引所の終値比5円安の2万165円で反応は限定的。
 週末要因もあり、積極的には手掛けづらい。
 利益確定売りに押される場面も想定したい。
 為替相場は、ドル・円が1ドル=119円台の半ば(23日終値119円87−88銭)、ユーロ・円が1ユーロ=129円台の半ば(同128円06−10銭)で推移。
 米国株式市場のADR(米国預託証券)銘柄は円換算値で、高安まちまちのなか、コマツ<6301>、ソニー<6758>、ファナック<6954>などが高い。
 外国証券の寄り付き前の注文動向―360万株の買い越し
 主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り1350万株、買い1710万株で、差し引き360万株の買い越し。買い越しは4営業日連続。金額(6社ベース)も買い越し」
・売りセクターに、証券、化学、食品、小売、サービス、情報通信、自動車、銀行、保険、造船など。
・買いセクターに、不動産、サービス、化学、銀行、薬品、証券、精密、輸送用機器、電機、商社、REIT、自動車、小売など。


24日のスケジュール
【国内】
・13:30 2月全産業活動指数
・気象庁3カ月予報
・決算発表=エムスリー<2413>、富士通ゼ<6755>、三菱自<7211>、マツダ<7261>、小糸製<7276>、コクヨ<7984>、岡三<8609>
・IPO(新規上場)=レントラックス<6045>(マザーズ)、三機サービス<6044>(ジャスダック)
【海外】(時間は日本時間)
・17:00 独4月Ifo景況感指数
・21:30 米3月耐久財受注
・米アップル、ウエアラブル端末「Apple Watch」発売

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



「本日のマーケット」(株式編)・・・週末要因もあり、積極的には手掛けづらい。2015年4月24日 8時24分





ブログパーツ

【経済】




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「相場の流れ、相場付きの判断」をする上で重要になるのが、「マーケット分析」
 そのベースになる、
 株式編の「本日のマーケット」(株式編)
 FX編の「本日のマーケット」(FX編)
「トレーダー玄さん」が毎日チェックしている手法を公開。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「本日のマーケット」(FX編)・・・・黒田東彦総裁が参院財政金融委員会に出席。他経済指標に注意。

きょうの予想レンジは、
ドル/円が119.40―120.40円、
ユーロ/ドルが1.0660─1.0790ドル、
ユーロ/円が127.90―129.20円。

 ドル/円は119円後半から120円前半でもみあう展開。
 日経平均株価が2万円台をキープする可能性が高いとみられ、ドル/円も底堅さを維持できそう。
 米国の10年債利回りが2%にしっかり乗ってくれば、ドル高機運が高まるかもしれない。ただ、米連邦公開市場委員会(FOMC)や日銀金融政策決定会合を来週に控え、積極的に上がっていく展開にもなりにくい。
 きょうは日銀の黒田東彦総裁が参院財政金融委員会に出席。
 経済指標では、中国の4月HSBC製造業購買担当者景気指数(PMI)、ユーロ圏の4月製造業PMI、米国の先週分新規失業保険申請件数、3月新築住宅販売件数などが材料となる可能性。


23日重要指標  中国4月HSBC製造業PMIほか

4/23(木) 〔予想〕 (前回)

EU首脳会議(於;ブリュッセル)
独・ギリシャ首脳会談

08:50 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベース)
09:00 マクダーモットRBNZ総裁補佐、講演
10:00 黒田日銀総裁、参院財政金融委に出席
10:30 豪1-3月期NAB企業信頼感指数 〔-〕 (+2)
10:45 中国4月HSBC製造業PMI・速報値 〔49.6〕 (49.6)
12:45 40年国債入札(4000億円)
15:00 独5月GfK消費者信頼感 〔-〕 (+10.0)
15:45 仏4月企業景況感 〔97〕 (96)
16:00 仏4月製造業PMI・速報値 〔49.2〕 (48.8)
16:00 仏4月サービス業PMI・速報値 〔52.4〕 (52.4)
16:30 独4月製造業PMI・速報値 〔53.0〕 (52.8)
16:30 独4月サービス業PMI・速報値 〔55.5〕 (55.4)
16:45 プラートECB理事、講演
17:00 モスコビシ欧州委員(経済・通貨担当)、講演
17:00 ユーロ圏4月総合PMI・速報値 〔54.4〕 (54.0)
17:00 ユーロ圏4月製造業PMI・速報値 〔52.6〕 (52.2)
17:00 ユーロ圏4月サービス業PMI・速報値 〔54.5〕 (54.2)
17:30 英3月小売売上高(自動車燃料含む) 〔+0.4%〕 (+0.7%)
17:30 英3月財政収支 〔65億ポンドの赤字〕 (62億ポンドの赤字)
18:00 ユーロ圏10-12月期政府債務(対GDP比)
18:45 ドムブロフスキス欧州副委員長、講演
19:00 デベルRBA総裁補佐、講演
21:30 米新規失業保険申請件数 〔28.7万件〕 (29.4万件)
22:45 米4月マークイット製造業PMI・速報値 〔55.7〕 (55.7)
23:00 米3月新築住宅販売件数 〔51.5万件〕 (53.9万件)
翌2:00 トゥスクEU大統領、講演
翌2:00 米5年物インフレ連動債入札(180億ドル)
 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////




「本日のマーケット」(FX編)・・・・黒田東彦総裁が参院財政金融委員会に出席。他経済指標に注意。2015年4月23日 8時42分







ブログパーツ

【経済】




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「相場の流れ、相場付きの判断」をする上で重要になるのが、「マーケット分析」
 そのベースになる、
 株式編の「本日のマーケット」(株式編)
 FX編の「本日のマーケット」(FX編)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「本日のマーケット」(株式編)・・・堅調な展開。


 堅調な展開。
 22日の日経平均株価は、終値で2000年4月14日以来15年ぶりに2万円大台を回復。好地合いのなか、為替相場は、ドル・円が1ドル=119円台後半(22日終値119円57−59銭)とやや円安に振れ、ユーロ・円が1ユーロ=128円台半ば(同128円55−59銭)と小動き。
 対ドルでの円安を背景に主力の輸出関連株には追い風。
 株価の上昇で、投資家心理も大きく好転しているとみられ、好決算銘柄などへの個別株物色も活発化。
 米国株式市場のADR(米国預託証券)銘柄は円換算値で、コマツ<6301>、ソニー<6758>、ファナック<6954>などが高い。
 米シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、大阪取引所の終値比90円高の2万250円。

 外国証券の寄り付き前の注文動向―290万株の買い越し
 主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り1080万株、買い1370万株で、差し引き290万株の買い越し。買い越しは3営業日連続。金額(6社ベース)も買い越し」
・売りセクターに、銀行、食品、小売、情報通信、卸売、電機、化学、繊維、薬品、造船など。
・買いセクターに、機械、建設、銀行、化学、精密、自動車、薬品、REIT、電機、鉱業など。


23日のスケジュール
【国内】
・40年国債入札
・決算発表=NRI<4307>、花王<4452>、オービック<4684>、OBC<4733>、サイバー<4751>、JFE<5411>

【海外】(時間は日本時間)
・10:45 中国4月HSBC製造業PMI
・23:00 米3月新築住宅販売
・米5年インフレ連動国債入札
・決算発表=ダウ・ケミカル、P&G、フリーポート・マクモラン、パルト・グループ、マイクロソフト、スターバックス、ニューモント・マイニング、3M、キャタピラー、ニューコア、GM



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


「本日のマーケット」(株式編)・・・堅調な展開。2015年4月23日 8時27分






ブログパーツ

【経済】



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「相場の流れ、相場付きの判断」をする上で重要になるのが、「マーケット分析」
 そのベースになる、
 株式編の「本日のマーケット」(株式編)
 FX編の「本日のマーケット」(FX編)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「本日のマーケット」(FX編)・・・・今朝は、3月の貿易統計に注目。


 きょうの予想レンジは
ドル/円が119.20―120.20円、
ユーロ/ドルが1.0660─1.0790ドル、
ユーロ/円が127.80―129.10円。

 前日のニューヨーク市場では、ドルは主要通貨に対してまちまちの値動きとなったが、終盤にかけては、ドル買いの巻き戻しの動きが優勢となった。
 この日の東京市場では、円安基調が保たれるとみられているが、米国サイドで強い材料も出ていないため、ドル/円の上値追いには力不足。
 今朝は、3月の貿易統計に注目。
 33カ月ぶりの貿易黒字となる可能性が指摘される中、黒字になれば、瞬間的に円買いが起きるかもしれないが、(ドル高/円安)トレンドを大きく変えるような流れにはならない。また、日経平均が2万円台で滞空時間が長ければ、円売り支援材料となる。


22日重要指標  貿易収支、豪CPI

4/22(水) 〔予想〕 (前回)

仏豪首脳会談

08:50 3月貿易収支 〔446億円の黒字〕 (4250億円の赤字)
10:30 豪1-3月期消費者物価指数(前年比) 〔+1.3%〕 (+1.7%)
17:00 南ア3月消費者物価指数(前年比) 〔+4.1%〕 (+3.9%)
17:30 イングランド銀行金融政策委員会(MPC)議事録公表(4月7-9日開催分)
18:00 独・露・ウクライナ当局者、講演
18:15 独政府、春季経済予想を公表
18:30 ドムブロフスキス欧州副委員長、ショイブレ独財務相、会談
20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔-〕 (-2.3%)
21:15 ビスコ伊中銀総裁、銀行システムに関する見通しについて講演
22:00 米2月住宅価格指数 〔+0.5%〕 (+0.3%)
23:00 米3月中古住宅販売件数 〔503万件〕 (488万件)
23:00 ユーロ圏4月消費者信頼感・速報値 〔-2.5〕 (-3.7)
23:30 メルケル独首相、独CDU(キリスト教民主同盟)・CSU(キリスト教社会同盟)主催式典で産業政策について演説
23:30 米週間原油在庫 〔-〕 (+129.4万バレル)
翌0:00 ダイセルブルーム・ユーログループ議長、オランダ議会でECBの金融政策について議論
翌0:00 コスタ・ポルトガル中銀総裁、式典に出席


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////




「本日のマーケット」(FX編)・・・・今朝は、3月の貿易統計に注目。2015年4月22日 8時49分






ブログパーツ

【経済】




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「相場の流れ、相場付きの判断」をする上で重要になるのが、「マーケット分析」
 そのベースになる、
 株式編の「本日のマーケット」(株式編)
 FX編の「本日のマーケット」(FX編)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「本日のマーケット」(株式編)・・・買い先行のスタート。2万円の大台を回復。

 買い先行のスタート。2万円の大台を回復。
 10日の取引時間中に2万円の大台を回復した際には、利益確定売りに押され、その後はさえない動きとなっていた。今後の相場の強さを計るポイントとして、4月SQ(特別清算指数)値の2万8円47銭を上回ることや、終値ベースで2万円台を維持てきるかが、ポイント。
 為替相場は、ドル・円が1ドル=119円台半ば(21日終値119円64−65銭)と小動きの一方、ユーロ・円が1ユーロ=128円台半ば(同127円57−61銭)と円安に振れている。
 米国株式市場のADR(米国預託証券)銘柄は円換算値で、ソニー<6758>、ファナック<6954>、任天堂<7974>などが高い。
 米シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、大阪取引所の終値比35円高の2万5円。

 外国証券の寄り付き前の注文動向―420万株の買い越し
 主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り870万株、買い1290万株で、差し引き420万株の買い越し。買い越しは2営業日連続。金額(6社ベース)も買い越し」
・売りセクターに、情報通信、小売、鉱業、電機、自動車、証券、繊維、造船など。
・買いセクターに、自動車、電機、化学、建設、機械、REIT、情報通信、銀行、食品、薬品、小売、保険など。

22日のスケジュール
【国内】
・8:50 3月貿易統計
・3月訪日外客数
・決算発表=JSR<4185>、中外薬<4519>、日電産<6594>
・新規上場=日本スキー場開発<6040>(マザーズ)
【海外】(時間は日本時間)
・22:00 米2月FHFA住宅価格指数
・23:00 米3月中古住宅販売
・トルコ中銀金融政策決定会合
・決算発表=ボーイング、マクドナルド、D.R.ホートン、コカ・コーラ、クアルコム、イーベイ、AT&T、フェイスブック




///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


「本日のマーケット」(株式編)・・・買い先行のスタート。2万円の大台を回復。2015年4月22日 8時35分






ブログパーツ
Profile
officematsunaga
【オフイス・マツナガ】
【本件ブログ5原則】
投稿、内部告発、情報提供を歓迎します。なお無断で掲載はしませんので安心してメールください。
【CONTACT/連絡先】
Archives
twitter
マーケット情報
≪最新≫人気FX会社ベスト10

by 株価チャート「ストチャ」


ニュースソース・NewsSource 
オフイス・マツナガのサイト
Link
孤立を怖れず、連帯を求める!
【オフイス・マツナガのリンク先】
Recent Entries
当サイトは携帯から閲覧可能
QRコード
Recent Comments