【経済】




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「相場の流れ、相場付きの判断」をする上で重要になるのが、「マーケット分析」
 そのベースになる、
 株式編の「本日のマーケット」(株式編)
 FX編の「本日のマーケット」(FX編)
「トレーダー玄さん」が毎日チェックしている手法を公開。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「本日のマーケット」(FX編)・・・・商業決済が集中する五・十日

 きょうの予想レンジは
ドル/円が121.10―122.10円、
ユーロ/ドルが1.0930─1.1050ドル、
ユーロ/円が133.10―134.30円。

 きょうは商業決済が集中する五・十日にあたり、仲値にかけて実需筋のフローが出やすい。日経平均株価も高値圏での推移が見込まれており、株が大きく上げれば円売りに勢いが増すかもしれない。3月につけた年初来高値122.04円を試す展開もあり得る。
 ただ、きょうは米国の株式・債券市場がメモリアルデーの祝日のため休場。
 英国の株式市場もバンクホリデーで休場となっている。
 市場に参加者が少ない中、全般的に様子見ムードが強まる可能性。

25日重要指標
5/25(月) 〔予想〕 (前回)

香港市場休場(仏誕節)
ロンドン市場休場(スプリングバンクホリデー)
チューリッヒ市場休場(聖霊降臨祭月曜日)
NY市場休場(メモリアルデー)
アフリカ開発銀行(AfDB)年次総会(於;アビジャン、-29日)

08:50 4月貿易収支 〔3511億円の赤字〕 (2274億円の黒字)
14:00 5月日銀金融経済月報、公表
22:10 メスター米クリーブランド連銀総裁、講演
翌0:30 フィッシャーFRB副議長、講演




///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


「本日のマーケット」(FX編)・・・・商業決済が集中する五・十日2015年5月25日 8時35分








ブログパーツ

【経済】




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「相場の流れ、相場付きの判断」をする上で重要になるのが、「マーケット分析」
 そのベースになる、
 株式編の「本日のマーケット」(株式編)
 FX編の「本日のマーケット」(FX編)

 その作り方については、バックナンバーを参照。
「トレーダー玄さん」が毎日チェックしている手法を公開。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




「本日のマーケット」(株式編)・・・上値を試す。
 上値を試す。
 現地22日の米国株式は軟調な動きとなったものの、前週末の堅調な展開が継続。
 為替相場が、1ドル=121円台の半ば(前週末22日終値120円72−75銭)の円安に振れる一方、ユーロ・円が1ユーロ=133円台の半ば(同134円82−86銭)と円高に傾いている。
 対ドルでの円安進行を受け、ドル高・円安メリット株に関心が向かう。
 前週末22日米国株式市場のADR(米国預託証券)銘柄は円換算値で、パナソニック<6752>、ファナック<6954>、トヨタ<7203>などが前週末22日の東京終値に比べ高い。
 米シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、22日大阪取引所の終値比85円高の2万365円。

 外国証券の寄り付き前の注文動向―120万株の買い越し
 主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り730万株、買い850万株で、差し引き120万株の買い越し。買い越しは2営業日ぶり。金額(6社ベース)も買い越し」
・売りセクターに、電機、自動車、保険、不動産、サービス、機械、建設、銀行、その他金融、化学、薬品、食品など。
・買いセクターに、サービス、情報通信、食品、薬品、陸運、銀行、電機、不動産、化学、保険など。

25日のスケジュール
【国内】
・8:50 4月貿易統計
・気象庁3カ月予報
【海外】(時間は日本時間)
・米、英、スイス、香港、韓国市場休場


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


「本日のマーケット」(株式編)・・・上値を試す。2015年5月25日 8時24分









ブログパーツ

【経済】




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「相場の流れ、相場付きの判断」をする上で重要になるのが、「マーケット分析」
 そのベースになる、
 株式編の「本日のマーケット」(株式編)
 FX編の「本日のマーケット」(FX編)
「トレーダー玄さん」が毎日チェックしている手法を公開。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「本日のマーケット」(FX編)・・・・日銀金融政策決定会合結果発表に注目。

 きょうの予想レンジは
ドル/円が120.50―121.50円、
ユーロ/ドルが1.1060─1.1190ドル、
ユーロ/円が133.90―135.20円。

東京時間のドル/円は、株価の動向をにらみながら121円ちょうどを挟んでもみ合い。きょうは日銀金融政策決定会合の結果発表があり、それまではやや動きづらいとみられている。
市場では株価も高値警戒感が台頭しており、派手に上げる感じにはならない。東京時間に121円半ばまで上昇するのは厳しそう。
日銀の決定会合や黒田東彦総裁の会見でサプライズがあれば動く可能性もあるが、今回は無風通過の予想が多い。
一部報道で日銀は景気判断の引き上げを検討していると伝えられており、そうなった場合の各市場の反応を見極めたい。

22日重要指標
5/22(金) 〔予想〕 (前回)

日銀金融政策決定会合結果公表

08:00 ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁、講演
15:00 独1-3月期GDP・確報値(前期比) 〔+0.3%〕 (+0.3%)
15:00 独1-3月期GDP・確報値(季調前・前年比) 〔+1.1%〕 (+1.1%)
15:30 黒田日銀総裁、記者会見
15:45 仏5月企業景況感 〔97〕 (96)
17:00 独5月Ifo景況感指数 〔108.3〕 (108.6)
17:00 独5月Ifo景気期待指数 〔103.0〕 (103.5)
17:00 独5月Ifo現況指数 〔113.5〕 (113.9)
17:00 ドラギECB総裁、ECBフォーラムで講演
17:30 英4月財政収支 〔79億ポンドの赤字〕 (67億ポンドの赤字)
18:00 ティーマーマンス欧州第一副委員長、講演
18:45 シャフィクBOE副総裁、講演
20:00 カーニーBOE総裁、講演
21:30 米4月消費者物価指数 〔+0.1%〕 (+0.2%)
21:30 米4月消費者物価指数・コア 〔+0.2%〕 (+0.2%)
21:30 加4月消費者物価指数(前年比) 〔+1.0%〕 (+1.2%)
21:30 加4月消費者物価指数・コア(前年比) 〔+2.4%〕 (+2.4%)
21:30 加3月小売売上高 〔+0.3%〕 (+1.7%)
21:30 加3月小売売上高(除自動車) 〔+0.4%〕 (+2.0%)
翌2:00 イエレンFRB議長、講演



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



「本日のマーケット」(FX編)・・・・日銀金融政策決定会合結果発表に注目。2015年5月22日 8時26分






ブログパーツ

【経済】




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「相場の流れ、相場付きの判断」をする上で重要になるのが、「マーケット分析」
 そのベースになる、
 株式編の「本日のマーケット」(株式編)
 FX編の「本日のマーケット」(FX編)

 その作り方については、バックナンバーを参照。
「トレーダー玄さん」が毎日チェックしている手法を公開。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




「本日のマーケット」(株式編)・・・買い先行後、日銀金融政策決定会合の結果待ち
 買い先行後、日銀金融政策決定会合の結果待ちで模様眺めの状況。
 堅調な展開が続くなか、米国株式が小幅ながら堅調に推移したことも支援材料になるとみられる。ただ、正午前後に公表されるとみられる金融政策決定会合の結果、現状を維持する内容であれば、緩和を期待していた向きの失望売りが優勢となる可能性もある。
 為替相場は、ドル・円が1ドル=121円台の前半(21日終値121円01−02銭)と小動き、ユーロ・円が1ユーロ=134円台の半ば(同134円72−76銭)で、やや円高に振れている。
 21日米国株式市場のADR(米国預託証券)銘柄は円換算値で、パナソニック<6752>、ファナック<6954>、三井住友<8316>などが21日の東京終値に比べ高い。
 米シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、21日大阪取引所の終値比65円高の2万245円。
 外国証券の寄り付き前の注文動向―70万株の売り越し
 主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り1100万株、買い1030万株で、差し引き70万株の売り越し。売り越しは3営業日ぶり。金額(6社ベース)は買い越し」
・売りセクターに、電機、情報通信、銀行、化学、建設、輸送用機器、卸売、サービス、薬品、ガラス、倉庫、空運、自動車など。
・買いセクターに、サービス、機械、電機、食品、その他製品、銀行、陸運、商社、証券、薬品など。

22日のスケジュール
【国内】
・14:00 4月粗鋼生産
・日銀金融政策決定会合の最終日、黒田日銀総裁会見
【海外】(時間は日本時間)
・17:00 独IFO景況感指数
・21:30 4月米消費者物価指数



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



「本日のマーケット」(株式編)・・・買い先行後、日銀金融政策決定会合の結果待ち2015年5月22日 8時17分







ブログパーツ

【経済】




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「相場の流れ、相場付きの判断」をする上で重要になるのが、「マーケット分析」
 そのベースになる、
 株式編の「本日のマーケット」(株式編)
 FX編の「本日のマーケット」(FX編)
「トレーダー玄さん」が毎日チェックしている手法を公開。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「本日のマーケット」(FX編)・・・・株価をにらんで121円前半を軸にもみ合う展開。

 きょうの予想レンジは
ドル/円が120.80―121.80円、
ユーロ/ドルが1.1040─1.1170ドル、
ユーロ/円が133.90―135.20円。

 ドル/円は、株価をにらんで121円前半を軸にもみ合う展開。
 前日発表の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では波乱がなかったことから、株価が堅調ならドル/円も買いが先行しそう。だが、このところのレンジ上限となる121円台での推移となっているため、市場では「売りが出てもおかしくない水準」との警戒感も入り混じり。
 海外時間には米新規失業保険申請件数や米フィラデルフィア地区連銀業況指数などの発表を控えており、さらに上方向にステップアップできるか、買われ過ぎの反動がいったん出るかどうかを見極める日になりそう。
 アジア時間には、中国の製造業PMI速報値(HSBC)の発表が予定されている。

21日重要指標
5/21(木) 〔予想〕 (前回)

日銀金融政策決定会合(-22日)
南ア準備銀行(SARB)、政策金利発表 〔5.75%に据え置き〕 (5.75%に据え置き)
欧州中央銀行(ECB)フォーラム(於;シントラ、-23日)
世界経済フォーラム 中東・北アフリカ会議(於;ヨルダン、-23日)
EU・東方パートナーシップ首脳会議(於;リガ、-22日)
ハッカライネン・フィンランド中銀副総裁、講演

08:00 エディRBA総裁補佐、講演
08:50 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベース)
10:45 中国5月HSBC製造業PMI・速報値 〔49.3〕 (48.9)
16:00 仏5月製造業PMI・速報値 〔48.5〕 (48.0)
16:00 仏5月サービス業PMI・速報値 〔51.9〕 (51.4)
16:30 独5月製造業PMI・速報値 〔52.0〕 (52.1)
16:30 独5月サービス業PMI・速報値 〔53.9〕 (54.0)
17:00 ユーロ圏5月総合PMI・速報値 〔53.9〕 (53.9)
17:00 ユーロ圏5月製造業PMI・速報値 〔51.8〕 (52.0)
17:00 ユーロ圏5月サービス業PMI・速報値 〔53.9〕 (54.1)
17:00 ユーロ圏3月経常収支(季調前) 〔-〕 (138億ユーロの黒字)
17:30 英4月小売売上高(自動車燃料含む) 〔+0.4%〕 (-0.5%)
17:30 ベイリーBOE副総裁、講演
19:00 英5月CBI製造業受注指数 〔+3〕 (+1)
20:30 欧州中央銀行(ECB)理事会、議事要旨公表(4月15日開催分)
20:30 ドムブロフスキス欧州副委員長、講演
21:30 米4月シカゴ連銀全米活動指数 〔±0.00〕 (-0.42)
21:30 米新規失業保険申請件数 〔27.0万件〕 (26.4万件)
22:15 ウィール英MPC委員、講演
22:45 米5月マークイット製造業PMI・速報値 〔54.5〕 (54.1)
23:00 米5月フィラデルフィア連銀製造業指数 〔+8.0〕 (+7.5)
23:00 米4月中古住宅販売件数 〔523万件〕 (519万件)
23:00 米4月景気先行指数 〔+0.3%〕 (+0.2%)
23:00 ユーロ圏5月消費者信頼感・速報値 〔-4.8〕 (-4.6)
翌2:00 米10年物インフレ連動債入札(130億ドル)※リオープン
翌2:30 ドラギECB総裁、フィッシャーFRB副議長、ECBフォーラムで講演


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


「本日のマーケット」(FX編)・・・・株価をにらんで121円前半を軸にもみ合う展開。2015年5月21日 8時25分







ブログパーツ

【経済】




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「相場の流れ、相場付きの判断」をする上で重要になるのが、「マーケット分析」
 そのベースになる、
 株式編の「本日のマーケット」(株式編)
 FX編の「本日のマーケット」(FX編)

 その作り方については、バックナンバーを参照。
「トレーダー玄さん」が毎日チェックしている手法を公開。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




「本日のマーケット」(株式編)・・・買い先行後、上値が重い展開。
 買い先行後、上値が重い展開。
 為替相場は、ドル・円が1ドル=121円台の前半(20日終値120円95−97銭)、ユーロ・円が1ユーロ=134円台の半ば(同134円26−30銭)と円安に振れている。対ドルで121円台乗せを受け、輸出関連株を中心に円安メリットが期待される銘柄へ買いが先行するとみられる。
 ただ、依然として手掛かり材料難の状況が続くだけに、買い一巡後は、利益確定売りに上値を抑えられる可能性。
 20日米国株式市場のADR(米国預託証券)銘柄は円換算値で、パナソニック<6752>、みずほ<8411>、野村<8604>などが、20日の東京終値に比べ高い。
 米シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、20日大阪取引所の終値比45円高の2万275円。
 外国証券の寄り付き前の注文動向―140万株の買い越し
 主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り990万株、買い1130万株で、差し引き140万株の買い越し。買い越しは2営業日連続。金額(6社ベース)も買い越し」
・売りセクターに、機械、薬品、サービス、不動産、建設、自動車、銀行、輸送用機器、その他製品、卸売、食品、REIT、情報通信など。
・買いセクターに、電機、商社、非鉄、サービス、保険、小売、情報通信、機械、不動産、REITなど。

21日の主なスケジュール
【国内】
・日銀金融政策決定会合(22日まで)

【海外】(時間は日本時間)
・17:00 5月ユーロ圏消費者信頼感(速報)
・21:00 ブラジル4月失業率
・21:30 米新規失業保険申請件数
・23:00 5月米フィラデルフィア連銀景況指数、4月米中古住宅販売件数




///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


「本日のマーケット」(株式編)・・・買い先行後、上値が重い展開。2015年5月21日 8時18分








ブログパーツ

【経済】




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「相場の流れ、相場付きの判断」をする上で重要になるのが、「マーケット分析」
 そのベースになる、
 株式編の「本日のマーケット」(株式編)
 FX編の「本日のマーケット」(FX編)
「トレーダー玄さん」が毎日チェックしている手法を公開。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「本日のマーケット」(FX編)・・・・120円後半を軸にもみ合う展開。

 きょうの予想レンジは
ドル/円が120.20―121.20円、
ユーロ/ドルが1.1090.─1.1220ドル、
ユーロ/円が133.90―135.20円。

 東京時間のドル/円は、朝方に発表される日本の1─3月GDP1次速報をこなしながら、株価をにらんで120円後半を軸にもみ合う展開。前日も東京時間の値幅は20銭程度と限定的だったことからきょうも値幅は出にくい。
 前日の海外時間の株高の流れで日経平均株価も堅調に推移するようならドル/円もサポートされて底堅い展開。頭の重さも意識され、売買が交錯。
 海外時間には米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が発表される予定。

20日重要指標【TKY】 
5/20(水) 〔予想〕 (前回)

08:50 1-3月期GDP・1次速報値(前期比) 〔+0.4%〕 (+0.4%)
08:50 1-3月期GDP・1次速報値(前期比年率) 〔+1.6%〕 (+1.5%)
08:50 1-3月期GDPデフレーター・1次速報値(前年比) 〔+3.6%〕 (+2.4%)
16:00 エバンス米シカゴ連銀総裁、講演
17:00 南ア4月消費者物価指数(前年比) 〔+4.6%〕 (+4.0%)
17:30 イングランド銀行金融政策委員会(MPC)議事録公表(5月7-11日開催分)
18:00 ユーロ圏3月建設支出 〔-〕 (-1.8%)
20:00 米MBA住宅ローン申請指数 〔-〕 (-3.5%)
20:00 南ア3月小売売上高(前年比) 〔+4.1%〕 (+4.2%)
21:30 加3月卸売売上高 〔+0.9%〕 (-0.4%)
23:30 米週間原油在庫 〔-〕 (-219.1万バレル)
翌3:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録公表(4月28-29日開催分)



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


「本日のマーケット」(FX編)・・・・120円後半を軸にもみ合う展開。2015年5月20日 8時34分






ブログパーツ

【経済】




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「相場の流れ、相場付きの判断」をする上で重要になるのが、「マーケット分析」
 そのベースになる、
 株式編の「本日のマーケット」(株式編)
 FX編の「本日のマーケット」(FX編)

 その作り方については、バックナンバーを参照。
「トレーダー玄さん」が毎日チェックしている手法を公開。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




「本日のマーケット」(株式編)・・・続伸後に上値を試す。
 続伸後に上値を試す。
 きのう19日、TOPIX(東証株価指数)が終値ベースで年初来高値を更新し、日経平均株価も終値ベースで3週間ぶりに2万円台を回復。
 株価指数がフシ目を突破したことから、投資家心理が好転することも想定され、堅調な展開に。
 為替相場は、ドル・円が1ドル=120円台の半ば(19日終値119円98−99銭)、ユーロ・円が1ユーロ=134円台の半ば(同134円16−20銭)と円安に振れている。
 足元では、為替動向に対する株価の感応度は薄れつつあるものの、輸出関連の主力株にはプラス要因として働きそう。
 19日米国株式市場のADR(米国預託証券)銘柄は円換算値で、パナソニック<6752>、トヨタ<7203>、野村<8604>などが19日の東京終値に比べ高い。
 米シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、19日大阪取引所の終値比115円高の2万145円。
 外国証券の寄り付き前の注文動向―590万株の買い越し
 主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り850万株、買い1440万株で、差し引き590万株の買い越し。買い越しは3営業日ぶり。金額(6社ベース)も買い越し」
・売りセクターに、自動車、食品、機械、小売、サービス、繊維、卸売、銀行、その他金融など。
・買いセクターに、保険、不動産、食品、電機、商社、銀行、自動車、情報通信、機械など。


20日のスケジュール
【国内】
・8:50 1−3月GDP(国内総生産、速報)
・決算発表=損保JPNK<8630>、MS&AD<8725>、東京海上<8766>、光通信<9435>

【海外】(時間は日本時間)
・20:00 3月南ア小売売上高
・トルコ中銀政策金利
・米FOMC議事録(4月28、29日開催分)



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


「本日のマーケット」(株式編)・・・続伸後に上値を試す。2015年5月20日 8時24分










ブログパーツ

【経済】




参考にしているのは以下の情報と現場アナリストの生の情報です。
ダウ・ジョーンズブルームバーグロイターモーニングスター


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「相場の流れ、相場付きの判断」をする上で重要になるのが、「マーケット分析」
 そのベースになる、
 株式編の「本日のマーケット」(株式編)
 FX編の「本日のマーケット」(FX編)
「トレーダー玄さん」が毎日チェックしている手法を公開。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「本日のマーケット」(FX編)・・・・神経質な値動き
 きょうの予想レンジは
ドル/円が119.50―120.50円、
ユーロ/ドルが1.1260─1.1390ドル、
ユーロ/円が135.20―136.50円。

前日のニューヨーク市場では、米長期金利の上昇に歩調を合わせてドルがじりじりと買い進まれる地合いとなった。
この日は「2万円に近付きつつある株価をにらみながら、神経質な値動きとなりそうだ。ただ、最近の米経済指標が弱いことや、120円台では下値で買った人たちの利食い売りが入りやすい水準でもあることから、上がったとしても上げ幅は20―30銭にとどまりそうだ」(外為アナリスト)との見方が出ていた。


19日重要指標
5/19(火) 〔予想〕 (前回)

07:45 NZ1-3月期生産者物価指数(投入高・前期比) 〔-〕 (-0.4%)
10:30 豪準備銀行(RBA)金融政策決定理事会議事録、公表(5月5日開催分)
12:45 5年国債入札(2兆5000億円)
16:30 ベイリーBOE副総裁、講演
17:30 英4月消費者物価指数(前年比) 〔±0.0%〕 (±0.0%)
17:30 英4月小売物価指数(前年比) 〔+0.9%〕 (+0.9%)
17:30 英4月生産者物価指数(前年比) 〔-1.6%〕 (-1.7%)
18:00 独5月ZEW景気期待指数 〔+49.0〕 (+53.3)
18:00 独5月ZEW現況指数 〔+68.0〕 (+70.2)
18:00 ユーロ圏5月ZEW景気期待指数 〔-〕 (+64.8)
18:00 ユーロ圏4月消費者物価指数(HICP)・確報値(前年比) 〔±0.0%〕 (±0.0%)
18:00 ユーロ圏3月貿易収支(季調前) 〔220億ユーロの黒字〕 (203億ユーロの黒字)
19:00 イングベス・リクスバンク(スウェーデン中銀)総裁、講演
21:30 米4月住宅着工件数 〔101.5万件〕 (92.6万件)
21:30 米4月建設許可件数 〔106.4万件〕 (104.2万件)
翌0:30 ポロズBOC総裁、講演
翌1:00 ダンシンSNB副総裁、講演




///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



「本日のマーケット」(FX編)・・・・神経質な値動き2015年5月19日 8時38分








ブログパーツ

【経済】





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「相場の流れ、相場付きの判断」をする上で重要になるのが、「マーケット分析」
 そのベースになる、
 株式編の「本日のマーケット」(株式編)
 FX編の「本日のマーケット」(FX編)

 その作り方については、バックナンバーを参照。
「トレーダー玄さん」が毎日チェックしている手法を公開。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




「本日のマーケット」(株式編)・・・2万円台を回復ヘ。
 日経平均株価は2万円台を回復ヘ。
 きのう18日、日経平均株価の上値を抑える格好となっていた25日線(18日時点で1万9788円)を突破。先高感が高まるなか、NYダウの史上最高値更新が追い風となる。
 ただ、テクニカル面以外には手掛かり材料に乏しい状況が続いていることから、買い一巡後には、様子見気分が広がる。
 為替相場は、ドル・円が1ドル=120円前後(18日終値119円75−77銭)と円安に振れる一方、ユーロ・円が1ユーロ=135円台の半ば(18日終値136円40−44銭)と円高に傾いている。
 18日米国株式市場のADR(米国預託証券)銘柄は円換算値で、日電産<6594>、パナソニック<6752>、野村<8604>などが18日の東京終値に比べ高い。
 米シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、18日大阪取引所の終値比115円高の2万5円。

 外国証券の寄り付き前の注文動向―240万株の売り越し
 主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り1360万株、買い1120万株で、差し引き240万株の売り越し。売り越しは2営業日連続。金額(6社ベース)も売り越し」
・売りセクターに、自動車、機械、小売、不動産、銀行、電機、化学、繊維、卸売、情報通信、ゴム、証券など。
・買いセクターに、電機、保険、証券、食品、銀行、自動車、鉄鋼など。


19日の主なスケジュール
【国内】
・10:30 5年債入札
・14:30 4月百貨店売上高
【海外】(時間は日本時間)
・18:00 5月ユーロ圏ZEW景況感調査、3月ユーロ圏貿易収支
・21:30 4月米住宅着工件数、4月米建設許可件数
・トルコ市場休場




///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


「本日のマーケット」(株式編)・・・2万円台を回復ヘ。2015年5月19日 8時30分







ブログパーツ
Profile
officematsunaga
【オフイス・マツナガ】
【本件ブログ5原則】
投稿、内部告発、情報提供を歓迎します。なお無断で掲載はしませんので安心してメールください。
【CONTACT/連絡先】
Archives
twitter
マーケット情報
≪最新≫人気FX会社ベスト10

by 株価チャート「ストチャ」


ニュースソース・NewsSource 
オフイス・マツナガのサイト
Link
孤立を怖れず、連帯を求める!
【オフイス・マツナガのリンク先】
Recent Entries
当サイトは携帯から閲覧可能
QRコード
Recent Comments