【経済】



「本日のマーケット」
反発後に高値1万6364円に迫る。
米国株式が大幅反発、買い優勢のスタート。
9月末権利付き最終日、配当取りの動きが継続。
為替相場は、ドル・円が1ドル=109円台前半(24日終値108円54−56銭)と円安に傾く一方、ユーロ・円が1ユーロ=139円台前半(同139円58−62銭)と円高に振れている。
外国証券の寄り付き前の注文動向―160万株の買い越し

25日のスケジュール
【国内】
・8:50 8月企業向けサービス価格指数
・ツーリズムEXPOジャパン開催(東京ビッグサイト、28日まで)
・決算発表=ニトリHD<9843>
・新規上場=リボミック<4591> マザース
【海外】
・21:00 ブラジル8月失業率
・21:30 米8月耐久財受注
・米7年国債入札
・トルコ中銀金融政策決定会合
・北朝鮮最高人民会議
(時間は日本時間)


24日の米国株式市場。反発。8月の米新築1戸建て住宅販売件数が大幅増加。上げを主導したのはヘルスケア関連株とバイオテクノロジー株。
ダウ工業株30種(ドル) 終値 17210.06(+154.19)
S&P総合500種 終値 1998.30(+15.53)
ナスダック総合  終値 4555.22(+46.53)
シカゴ日経平均先物12月限(円建て) 清算値 16260 (+160) 大証終値比


24日のNY外為市場。ドル高の流れ続く。ドルはユーロに対して序盤に上昇、主要通貨に対するドル高を誘導。
ドル/円 終値109.02/05 始値108.72/74 前営業日終値108.86/88
ユーロ/ドル 終値1.2779/81 始値1.2827/28 前営業日終値1.2848/51


24日の欧州株式市場。反発。ECBのドラギ総裁が金融緩和を長期にわたって維持すると発言したことが支え。
FT100種総合株価指数(ロンドン)  終値 6706.27(+30.19)
クセトラDAX指数(フランクフルト)  終値 9661.97(+ 66.94)
CAC40種平均指数(パリ)  終値 4413.72(+54.37)



24日の中国・香港株式市場。中国は続伸。香港は反発。証券業界の改革への 期待から証券株が買いを集める。HSBC/マークイットが発表した中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値が市場予想に反して上昇。
上海総合指数  大引け2343.575 33.857高 1853.1億元(上海A株)
ハンセン指数  大引け23921.61 84.54高 752.4億香港ドル


24日の東京株式市場。日経平均は小幅に続落。連日の米国株安を嫌気し、主力株中心に売りが先行。25日に9月末配当権利付き最終売買日を控え、権利取りを狙う買いなどが下支え。
日経平均株価は前営業日比38円安の1万6,167円。
TOPIXは同4ポイント安の1326ポイント。
騰落銘柄数は値上がり741銘柄、値下がり936銘柄、変わらず154銘柄。
東証出来高   21億6405万株
東証売買代金  2兆2230億円






参考にしているのは以下の情報と現場アナリストの生の情報です。
ダウ・ジョーンズブルームバーグロイターモーニングスター






ブログパーツ

今週の永田町


 


今週の永田町
■【今週の永田町】江戸の敵は長崎。朝日新聞の『従軍慰安婦』がこけたから、次は『ヘイトスピーチ』といっている野党とマスコミはやはり大馬鹿者。





■【今週の永田町】野党の混迷を「維新の党」の結成式にみる。最初から憲法、安全保障、原発再稼働などのエネルギー問題や消費税10%引き上げ問題でもめ、お互いがけんか腰という出発。

■【今週の永田町】塩崎恭久が厚労大臣の就任で株価急騰。120兆円もの公的年金の積立金を株式やベンチャー未公開株に投資へ。注目される「塩崎銘柄」。


■【今週の永田町】29日から始まる国会では、与野党が直接対決する法案はない。集団的自衛権行使にかんする安全保障関連の法案は、来年に先延ばしされた。「安倍政権の新閣僚、の失言が最大のターゲット」とマスコミ内。









 今週、永田町で何がおきるのか?
 何が話題になっているのか?


 政治記者必携!
 政治家、秘書、霞ヶ関の皆様も毎週チェックを忘れずに!
 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓   ↓ 

■【今週の永田町】江戸の敵は長崎。朝日新聞の『従軍慰安婦』がこけたから、次は『ヘイトスピーチ』といっている野党とマスコミはやはり大馬鹿者。  2014年9月24日





ブログパーツ

【経済】



「本日のマーケット」
続落。日経平均株価の5日線(22日時点で1万6078円)を意識。
売り一巡後は、25日の9月末配当権利付き最終日を前に、権利取りの動き。
為替相場は、ドル・円が1ドル=108円台後半(22日終値108円89−91銭)、ユーロ・円は1ユーロ=139円台後半(同139円96銭−140円ちょうど)と小動。
外国証券の寄り付き前の注文動向―360万株の売り越し。

24日のスケジュール
【国内】
・寒候期予報・3カ月予報
・新規上場=ジェネレーションパス<3195> マザーズ
【海外】
・17:00 独9月Ifo景況感指数
・23:00 米8月新築住宅販売件数
・米5年国債入札
(時間は日本時間)


23日の米国株式市場。続落。世界経済の成長鈍化の兆候が示される。ユーロ圏購買担当者景気指数(PMI)がフランスの経済活動の縮小を示し、ドイツも製造業PMIが2013年6月以来の水準に低下。
ダウ工業株30種(ドル) 終値 17055.87(‐116.81)
S&P総合500種  終値 1982.77(‐11.52)
ナスダック総合  終値 4508.69(‐19.00)
シカゴ日経平均先物12月限(円建て) 清算値 16035 (‐125) 大証終値比


23日のNY外為市場。ドル、利益確定売りこなし堅調推移。ドルは一時利益確定売りに押されたがすぐに回復し、終盤は主要通貨、特にユーロに対して堅調に推移。
ドル/円 終値108.86/88  始値108.49/51 前営業日終値108.80/82
ユーロ/ドル 終値1.2848/51 始値1.2890/91 前営業日終値1.2849/51


23日の欧州株式市場。ロンドン続落。欧州続落。フランスやドイツの購買担当者景気指数(PMI)速報値がさえない内容で、市場心理が悪化。
FT100種総合株価指数(ロンドン)  終値 6676.08(‐97.55)
クセトラDAX指数(フランクフルト)  終値 9595.03(‐154.51)
CAC40種平均指数(パリ)  終値 4359.35(‐83.20)


23日の中国・香港株式市場。中国は反発。HSBC/マークイットが発表した9月の製造業 購買担当者景気指数(PMI)速報値が市場の予想に反し上昇。香港は続落。
上海総合指数  大引け2309.718 19.852高 1351.2億元(上海A株)
ハンセン指数  大引け23837.07 118.42安 715.6億香港ドル


22日の東京株式市場。3日ぶりに反落。外為市場で1ドル108円台後半と円安進行が一服。短期的な過熱感もあり、利益確定売りが先行。
日経平均株価は前週末比115円安の1万6,205円。
TOPIXは同1ポイント安の1330ポイント。
騰落銘柄数は値上がり768銘柄、値下がり923銘柄、変わらず139銘柄。
東証出来高   19億5179万株
東証売買代金  2兆0682億円




参考にしているのは以下の情報と現場アナリストの生の情報です。
ダウ・ジョーンズブルームバーグロイターモーニングスター ) 




ブログパーツ

【経済】




「本日のマーケット」
買いが先行。
上昇局面で買い遅れた投資家による押し目を拾う動きも想定。
ただ、国内に買い要因が乏しいことやあす23日が祝日で休場になることもあり、手控えムードが広がり利益確定売りが優勢となる可能性も。
為替相場は、ドル・円が1ドル=109円前後(前週末19日終値109円10−11銭)、ユーロ・円が1ユーロ=139円台後半(同140円62−66銭)とやや円高に振れている。
外国証券の寄り付き前の注文動向―280万株の買い越し

22日のスケジュール
【国内】
・16:00 8月コンビニエンスストア売上高
・決算発表=あさひ<3333>

【海外】(時間は日本時間)
・21:30 米8月シカゴ連銀全米活動指数
・23:00 米8月中古住宅販売件数


「本日の外為マーケット」<7:59>予想はドル108.60―109.40円、イベント通過後で動きづらい。
ドル/円は108.96円付近、ユーロ/ドルは1.2836ドル付近、ユーロ/円は139.83円付近。
予想レンジはドル/円が108.60―109.40円、ユーロ/ドルが1.2780─1.2880ドル、ユーロ/円が139.30―140.30円。


19日の米国株式市場。横ばい。上場した中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホ
ールディング が急騰も、ハイテク株が下落。
ダウ工業株30種(ドル)  終値 17279.74(+13.75)
S&P総合500種  終値 2010.40(‐0.96)
ナスダック総合  終値 4579.79(‐13.64)
シカゴ日経平均先物12月限(円建て) 清算値 16210 (‐10) 大証終値比


19日のNY外為市場。ドルが主要通貨に対して上昇し週間では10週連続の値上がり。
ドル/円 終値109.03/06  始値108.80/81  前営業日終値108.67/69
ユーロ/ドル  終値1.2829/34 始値1.2857/58 前営業日終値1.2921/23


19日の欧州株式市場。ロンドン続伸。スコットランドの独立が住民投票で否決され、英国の先行きに対する不透明感が薄れた。欧州も続伸。
FT100種総合株価指数(ロンドン) 終値 6837.92(+18.63)
クセトラDAX指数(フランクフルト) 終値 9799.26(+1.13)
CAC40種平均指数(パリ) 終値 4461.22(‐3.48)


19日の中国・香港株式市場。中国は3日続伸。国防産業への民間資本導入で恩恵を受けるとみ られる造船や航空関連銘柄が上昇。香港は反発。
上海総合指数  大引け2329.451 13.523高 1440.8億元(上海A株)
ハンセン指数  大引け24306.16 137.44高 947.2億香港ドル


19日の東京株式市場。大幅続伸。終値で昨年末高値(1万6320円22銭)を更新し、2007年11月以来、6年10カ月ぶりの高値で引け。
日経平均株価は前日比253円高の1万6,321円。
TOPIXは同14ポイント高の1331ポイント。
騰落銘柄数は値上がり1,328銘柄、値下がり383銘柄、変わらず119銘柄。
東証出来高   25億8075万株
東証売買代金  2兆7497億円



参考にしているのは以下の情報と現場アナリストの生の情報です。
ダウ・ジョーンズブルームバーグロイターモーニングスター






ブログパーツ

【連載企画】



【時代小説発掘】
江戸浅草物語7「津軽から来た力士柏富士を愛でる相撲甚句」
佐藤 高市(さとう たかいち)


(時代小説発掘というコーナーができた経緯)

梗概:
 浅草寺に近い浅草花川戸のむじな長屋の住人たちの物語。
 将軍吉宗は、紀州から伊賀衆を呼び寄せた。それらの者たちは、吉宗が紀州藩主であった頃からの信任のあつい者たちであった。伊賀衆は御庭番として、吉宗のために日夜働くのだった。
 吉宗は、疲弊した徳川幕府の建て直しのために質素倹約を命じた。倹約令は、化粧品や雛人形にいたるまでの細かなものであった。
 野暮を嫌う江戸っ子たちは、横暴な禁令を次々に出す吉宗を嫌った。浅草花川戸のむじな長屋の住人たちは、相変わらず貧しい生活を送っていた。
 それでも長屋の住人たちは、浅草の観音様に毎朝手を合わせ、底抜けに明るく助け合って暮らしていた


プロフィール:   
酉年でも喧嘩鳥の生まれ年で単純明快 東京都生まれ 
小説「谷中物語」で茨城文学賞受賞
江戸を舞台の小説「入梅」が韓国の常緑樹文学に翻訳掲載
江戸の歴史研究会会員 
 

これまでの作品:

江戸浅草物語1 「浅草花川戸むじな長屋の住人たち」
江戸浅草物語2「徳川幕藩体制の最大の危機」
江戸浅草物語3「徳川幕府の危機に陰陽五行の天才占い師参上」
江戸浅草物語4「徳川吉宗、雌伏して時を待つ」
江戸浅草物語5「神君家康の化身徳川吉宗が将軍職に就く日」
江戸浅草物語6「北辰(北極星)に神君宿りて、江戸を守り給え」




↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓   ↓  ↓  ↓  ↓ 
江戸浅草物語7「津軽から来た力士柏富士を愛でる相撲甚句」 (無料公開) 2014年9月21日



ブログパーツ

【経済】



「本日のマーケット」
続伸。初来高値1万6164円01銭を更新か。
為替相場は、ドル・円が1ドル=108円台後半(18日終値108円54−55銭)、ユーロ・円が1ユーロ=140円台半ば(同139円88−92銭)と円安。
輸出関連株を中心とした物色。
安倍晋三首相が正午すぎから、内外情勢調査会で講演。
外国証券の寄り付き前の注文動向―1030万株の買い越し。

19日のスケジュール
【国内】
・13:30 7月全産業活動指数
・台湾の李登輝元総統来日(25日まで)
・新規上場=AMBITION<3300> マザーズ

【海外】(時間は日本時間)
・23:00 米8月CB景気先行総合指数
・舛添東京都知事、アジア大会開会式出席のため訪韓(仁川、21日まで)



18日の米国株式市場。続伸。ダウとS&Pは終値で過去最高値を更新。FOMC、資産買い入れ終了後も「相当な期間」事実上のゼロ金利を維持する方針をあらためて表明。
ダウ工業株30種(ドル)  終値 17265.99(+109.14)
S&P総合500種  終値 2011.36(+9.79)
ナスダック総合  終値 4593.43(+31.24)
シカゴ日経平均先物12月限(円建て) 清算値 16145 (+145) 大証終値比


NY外為市場。ドルは対円で一時6年強ぶり高値、強い失業保険申請件数。
ドル/円    終値108.67/69  始値108.83/84  前営業日終値108.34/36
ユーロ/ドル  終値1.2921/23  始値1.2870/71 前営業日終値1.2864/66


18日の欧州株式市場。ロンドン反発。投資家は、スコットランドが英国にとどまることを織り込み始めている。欧州続伸。前日に連邦準備理事会(FRB)が超低金利を「相当な期間」維持する方針をあらためて示したことが好感。
FT100種総合株価指数(ロンドン)  終値 6819.29(+38.39)
クセトラDAX指数(フランクフルト)  終値 9798.13(+136.63)
CAC40種平均指数(パリ)  終値 4464.70(+33.29)


18日の中国・香港株式市場。中国は小幅続伸。香港は反落。8月の新築住宅価格の下落が嫌気され、不動産株が軟調に推移。
上海総合指数 大引け2315.928 8.035高 1442.8億元(上海A株)
ハンセン指数 大引け24168.72 207.69安 702.0億香港ドル


18日の東京株式市場。日経平均は3日ぶりに反発。1月8日以来8カ月ぶりに1万6000円を回復。FOMCを受け、ドル/円が108円後半まで円安方向へ。
日経平均株価は前日比178円高の1万6,067円。
TOPIXは同12ポイント高の1,317ポイント。
騰落銘柄数は値上がり1,290銘柄、値下がり423銘柄、変わらず115銘柄。
東証出来高   22億5644万株
東証売買代金  2兆3822億円



参考にしているのは以下の情報と現場アナリストの生の情報です。
ダウ・ジョーンズブルームバーグロイターモーニングスター ) 




ブログパーツ

【経済】



「本日のマーケット」
日経平均株価が心理的なフシ目の1万6000円台を回復。
年初来高値1万6164円01銭に迫る。
NYダウが、終値ベースで2カ月ぶりに史上最高値を更新。
ドル・円が1ドル=108円台半ば(17日終値107円26−28銭)と円安傾向。
ユーロ・円は1ユーロ=139円台前半(同139円00−04銭)で推移。
外国証券の寄り付き前の注文動向―10万株の買い越し。

18日のスケジュール
【国内】
・8:50 8月貿易収支
・黒田日銀総裁、全国証券大会であいさつ
・「東京ゲームショウ2014」開幕(幕張メッセ、21日まで)
・新規上場=リアルワールド<3691> マザーズ
【海外】(
・21:30 米8月住宅着工件数
・23:00 米9月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数
・スコットランドで英国からの独立の是非を問う住民投票
・米10年インフレ連動国債入札
(時間は日本時間)


17日の米国株式市場。小幅続伸。FOMC、資産買い入れ終了後も「相当な期間」事実上のゼロ金利を維持する方針。ダウが終値で最高値を更新。
ダウ工業株30種(ドル)  終値 17156.85(+24.88)
S&P総合500種  終値 2001.57(+2.59)
ナスダック総合  終値 4562.19(+9.43)
シカゴ日経平均先物12月限(円建て) 清算値 15980 (+180) 大証終値比


17日のNY外為市場。ドル急騰、FRBのより速い利上げペース見通し。ドルは円に対して6年ぶり高値水準に上伸。
ドル・円 1ドル=108円36銭(東京市場終値107円26銭)
ユーロ・円 1ユーロ=139円39銭(同139円01銭)
ユーロ・ドル 1ユーロ=1.2864ドル(同1.29591ドル)
◎終値は日本時間18日午前6時時点、東京市場終値は日本時間17日午後5時時点


17日の欧州株式市場。ロンドンはスコットランド独立の是非を問う住民投票をめぐる不透明感が相場の重し。欧州は神経質な取引の中、上昇。
FT100種総合株価指数(ロンドン)  終値 6780.90(‐11.34)
クセトラDAX指数(フランクフルト)  終値 9661.50(+28.57)
CAC40種平均指数(パリ)  終値 4431.41(+22.26)


17日の中国・香港株式市場。中国は反発。香港は9営業日ぶりに反発。この日まで開催されるFOMCが、低金利維持の方針を改めて示すとの観測が強まる。
上海総合指数 大引け2307.893 11.338高 1588.5億元(上海A株)
ハンセン指数 大引け24376.41 240.40高 769.7億香港ドル


17日の東京株式市場。続落。前日の米国株高や円安基調の継続を支援材料に朝方は買いが先行したものの勢いは続かず、主力輸出株を中心に次第に利益確定売りに押される。
日経平均株価は前日比22円安の1万5,888円。
TOPIXは同5ポイント安の1304ポイント。
騰落銘柄数は値上がり491銘柄、値下がり1,199銘柄、変わらず138銘柄。
東証出来高   18億9667万株
東証売買代金  1兆8056億円


参考にしているのは以下の情報と現場アナリストの生の情報です。
ダウ・ジョーンズブルームバーグロイターモーニングスター ) 



ブログパーツ

今週の永田町



今週の永田町
■【今週の永田町】朝日新聞はいつ解体するのか?社長や担当者が処分されても、馬鹿な現場はそのまま残る。





■【今週の永田町】朝日新聞が32年間放置した「従軍慰安婦」の大誤報。これでどれだけの国益を損失したのか、だれも計算していない。昔から「NHKと朝日新聞の連中は使い物にならない」といわれている。

■【今週の永田町】日本維新の会と結いの党は9月21日、結党大会。「新婚早々から家庭内離婚」という党内事情。

■【今週の永田町】民主党といえば、朝日新聞なみに「責任を取らない政党」で有名だが、そのシンボルの一人である枝野幸男元官房長官が、再度幹事長に就任。






 今週、永田町で何がおきるのか?
 何が話題になっているのか?


 政治記者必携!
 政治家、秘書、霞ヶ関の皆様も毎週チェックを忘れずに!
 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓   ↓ 

■【今週の永田町】朝日新聞はいつ解体するのか?社長や担当者が処分されても、馬鹿な現場はそのまま残る。 2014年9月17日




ブログパーツ

今週の永田町


 

今週の永田町
■【今週の永田町】安倍内閣の組閣・人事の舞台裏。いくつかの地雷を抱えてのスタート。臨時国会は9月29日に召集





■【今週の永田町】谷垣禎一幹事長就任で、「谷垣さんは終わった」という評価。だが、平和ボケ時代が生んだが、自民党ハト派なんて「そもそも時代錯誤の典型」との声も。

■【今週の永田町】常識的保守である女性閣僚は5人。マスコミ的にいうと「安倍好みタカ派」というが、まだ朝日新聞流の区分けをやっているマスコミ事態がおかしい。

■【今週の永田町】社会部の記者が注目しているのが西川公也を農水大臣。兜町が注目しているのが、塩崎恭久厚労大臣。127兆円ある年金の一部を株式などで運用。その日、日経平均は急騰。

■【今週の永田町】財務省は9月3日、2015年度予算の概算要求を公表。総額は過去最大の101兆6806億円。注目される7−9月期のGDP速報値。これで消費税率の10%への引き上げを最終判断。




 今週、永田町で何がおきるのか?
 何が話題になっているのか?


 政治記者必携!
 政治家、秘書、霞ヶ関の皆様も毎週チェックを忘れずに!
 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓   ↓ 

■【今週の永田町】安倍内閣の組閣・人事の舞台裏。いくつかの地雷を抱えてのスタート。臨時国会は9月29日に召集  2014年9月9日 16時13分

 
ブログパーツ

【経済】



「本日のマーケット」
もみ合いの展開。
5日線(5日時点で1万5643円)を意識する格好。
手掛かり材料難が続くなか、方向感の出づらい。
ウクライナと親ロシア派による停戦が5日に発効した同国の東部地域では、一部で戦闘が続いていると報じられ、不安定要因。

8日のスケジュール
【国内】
・8:50 7月国際収支、4−6月期GDP改定値
・8月景気ウォッチャー調査
【海外】(時間は日本時間)
・中国8月貿易収支




5日の米国株式市場。反発。8月の米雇用統計は、非農業部門雇用者数の伸びが市場予想を下回ったが、市場ではこれにより米連邦準備理事会(FRB)が早期利上げに踏み切ることはない、との前向きな受け止めが広がった。
ダウ工業株30種(ドル)  終値 17137.36(+67.78)
S&P総合500種  終値 2007.71(+10.06)
ナスダック総合  終値 4582.90(+20.61)
シカゴ日経平均先物9月限(円建て) 清算値 15685 (‐5) 大証終値比


5日の欧州株式市場。ロンドン反落。欧州反落。戦闘を続けていたウクライナ政府と親ロシア派が5日、停戦に合意したことが好感された。
FT100種総合株価指数(ロンドン) 終値 6855.10(‐22.87)
クセトラDAX指数(フランクフルト)  終値 9747.02(+22.76)
CAC40種平均指数(パリ)  終値 4486.49(‐8.45)


5日の中国・香港株式市場。中国は6営業日続伸。政府が海運業界の支援策を発表し たことを好感。香港株式市場は小幅続落。
上海総合指数 大引け2326.432 19.570高 1855.7億元(上海A株)
ハンセン指数 大引け25240.15 57.77安 839.6億香港ドル


5日の東京株式市場。日経平均は小幅に続落。一時5年11カ月ぶりのドル高/円安水準に進んだ為替を手掛かりに、朝方は自動車や電機など主力輸出株を中心に買いが先行。
日経平均株価は前日比7円安の1万5,668円。
TOPIXは同7ポイント安の1,293ポイント。
騰落銘柄数は値上がり603銘柄、値下がり1,044銘柄、変わらず175銘柄。
東証出来高   20億2682万株
東証売買代金  1兆6980億円




参考にしているのは以下の情報と現場アナリストの生の情報です。
ダウ・ジョーンズブルームバーグロイターモーニングスター






ブログパーツ
Profile
officematsunaga
【オフイス・マツナガ】
【本件ブログ5原則】
投稿、内部告発、情報提供を歓迎します。なお無断で掲載はしませんので安心してメールください。
【CONTACT/連絡先】
Archives
twitter
マーケット情報
≪最新≫人気FX会社ベスト10

by 株価チャート「ストチャ」


ニュースソース・NewsSource 
オフイス・マツナガのサイト
Link
孤立を怖れず、連帯を求める!
【オフイス・マツナガのリンク先】
Recent Entries
当サイトは携帯から閲覧可能
QRコード
Recent Comments