このたび、北岡の一存で、立ち上げたプログ。
 オレのところには、あんまし反響ないが、ボスの松永のところにはいろいろ、雑音も含めて、ま、いろいろあったらしい。

「だいたい、政治家って、インターネットしらんだろう。プログなんて、遠い世界の話。現に、飯島秘書官は、メールもできんどころか、ワープロも打てない。小泉首相しかり」(松永談)

 ということで、松永から、「よし、おもしろいから、もっとやろう。できたら、純ちゃんや、森ちゃんに、コメント書いてもらおう。おい!辻野!まず、飯島秘書官にPCの使い方おしえてこい!」ってジャブの命令がでました。

 お!やったね。

 ところが、とんでも社訓がでてしまった。

「ま、つまり、なんだな。ここは、俺たちが好き勝手に書いて、もしかして万が一でもおもしろいという人がいて、相互に意見や、情報を交換できたら、ま、今度は、みんなんで銀座に飲みに行こう。ま、割り勘で・・・。という趣旨でいかがであろうか?」

 うん?何がいかがなのか?よーわからんが。

「そこで、オレは、絶妙のアイデアが浮かんだ」

 !!!!!!!。

 だいたい、ボスが、いう「絶妙のアイデア」というのが曲者だ。

「で、プログの基本原則をきめた。
1:自分たちが商業誌等で書いた原稿や、話したこと、本の宣伝は一切しない。非宣伝主義。
2:身内の恥や、悪口はいくら書いてもいいが、他人のは書かない。身内暴露主義。
3:万が一、ここ経由で来るかもしれない商業誌等からの原稿依頼、出演、講演依頼は、すべて断る。プログはすべてプログ内で処理する。非営業宣言。
4:安易に権力批判はしない。だが、その構造は書く。そのための若干のフライングは許す。飛ばし記事寛容宣言。
5:完全浮上する。浮上宣言。
 以上だ!」

・・・・・・・トホホ

 オレの野心は見事に見透かされた・・・・
 実は、オレは、オレの本の宣伝したかったし、ここ経由で、原稿料のいいところから、原稿依頼きたら、「しめしめ」と思っていたのだ。
 いや、いいだろう。
 いかにも、ボスらしい・・・・。いい加減だな・・・ホントに。

 北岡拝