本ブログは、ボスの松永他加志の「ええかっこしい」方針により、非宣伝主義、身内暴露主義、非営業宣言、飛ばし記事寛容宣言、浮上宣言といういってみれば、アナクロ的な、【本件ブログ5原則】http://officematsunaga.livedoor.biz/archives/20649759.htmlなどという自らの首をしめるような宣言をしたので、世間からは知られない、けど、ちょっとは知られている、でも、だれも知らないという微妙なところに位置するブログである。

 しかし、【本件ブログ5原則】とは、日本国憲法における9条解釈とはいわないまでも、ま、みずからの宣伝、営業はしないが、ブログ本体の宣伝に関しては、いってみれば、自衛隊みたい存在で、集団的な自衛権は行使しないが、自国の防衛権は放棄しない。いってみれば、生存権みたいものであって、これに、いくらボスといえでも否定しえないのである・・・・からして・・・。つまり、ブログ本体にかんする取材、宣伝には応じるということである。
 これは、【本件ブログ5原則】には抵触しない。
 
 つまり、日本人が北朝鮮に拉致監禁された場合、戦力的にも戦術的にも能力的にも精神的にも問題のある、自衛隊やその筋の特殊部隊が、奪還作戦を敢行するにはやや軟弱にして問題あるにしても、民間人である、ボス、および周辺の有志が、国籍を問わずに、みずから民間奪還組織をつくり、ま、米国のアリゾナあたりで軍事訓練して、これも、非公式ながら、米国の偵察衛星の協力をあおぎながら、横田めぐみさん、その他の日本人だけでなくて、国籍をとわずに、拉致監禁された人々を救出するための強行作戦にでたとして、誰からも文句をいわれる筋合いはないはずである。ま、それをやった場合、日本国憲法および、日本国刑法に抵触するというのであれば、「頼むから終わってから逮捕して処罰してくれ」ぐらいの懇願・司法取引はするが、国連憲章に鑑みて、正当性を主張するぐらいの度胸はあるが、その、理論的な裏付けは・・・ま、その、誰かにまかせた。という、当然の行動である。そのために必要なのが傭兵一人あたりの単価1億円、装備備品1億円、保険・成功報酬1億円の3億円で、戦略・戦術部隊(広報はうちが無償でやる)もふくめて30人もいれば不可能でないから、90億円もあればいいのである。自国の国民の生存権と人権を尊重する気があれば、安い金だ。ま、おれにはないけど。こうしたこともできない、我々は、国家の存亡以前に、うんじゃらかんじゃら以前に、生存権と人権を尊重する資格もないのではないか?

 という話は、あとでするとして・・・・

 問題は、本件ブログの宣伝である。

 基本である【本件ブログ5原則】に抵触しない範囲で、実は、いまはあのライブドアを買収(厳密にはちがうが、話のはずみでそういう)した、USENさんが主催するGyaOさんにとりあげられました。
 たぶん、今週一杯で打ち切りになるので、いまのうちみてください。
 問題は、ここにたどりつくまで、少々面倒くさいのである。
 根性と、根気が若干いるが、だからといってGyaOさんに文句いったりしないように。

 たどり着くまでの課程を列記する。
 まず、
1)GyaOさんのHPにいく。http://www.gyao.jp/
2)画面の右側にある「1ch ニュースビジネス」をクリック。

3)ここから根性がいる。

4)ずーっと下にいって、「News Archive」にいく。
5)そこで、「Net News」ってあるから、そこで「GO」をクリック。
6)さらに、「報道を変える?インターネットジャーナリスト」をみつけて、「PLAY」をクリック
7)CMがはいるけど、辛抱してそのまま待つ。
8)やっと最後のほうに、うちのブログがでてくる。

 はい、ご苦労さまでした。書いているほうも疲れました。

以上。