村上ファンドへの、証券取引法違反容疑での強制捜査に関して、東京地検特捜部が一番ナーバスになっていたのが、「証券市場への影響」だった。

  これは、ボスが詳しいのだけど、この人、銀座で酒飲んで、ホステスのおねーちゃんにつまらい自慢話をしていたのだが、昨夜、東京地検特捜部の関係者と酒をのんでいる。

 オレを、中国に追放しておいて、自分は銀座で酒を飲んでいるというのは、まさに、憤懣ものだが、中国からもネットで接続できたから、ま、文句はいうまい。
 だから、ここからは、中国関係の情報は、一切、アップデートできない。

 なんでか?うん?「拘束」されたくないし、「拷問」は痛いから。

 だいたい、今回、オレのビザの入手には、かなりの困難をようした。しかし、分別がないというか、節操がないというか、ま、いい加減なボスは、簡単に、親中国派といわれている議員に、電話して、「ま、その、よろしく」と、ものの30秒で、ビザ入手を可能にした。
 だが、これには、罠がある。そんなことはオレもしっている。
「ま、そのなんだな?中国では、ボデイガードみたいのつくから、(ま、尾行という)中国のねーちゃんには、精子を抜かれないほうがいいだろう」

 これは、このブログの影響もあるのだが、・・・中国当局はしっかり、うちのブログを掌握していた。さらに、ここからリンクしているテックさんに大変興味をもっているということもわかた。わかたから、どうせって話でもないけど、わかっているか、いないかだけでも状況は随分ちがう。だから、中国からは、テックさんのブログにはアクセスしない。たぶん、テックさんが、これをみてくれるとおもうので、ここで書いておくという、姑息な手段をつかっただけだ。

 つまり、この状況を、どう掌握するのか?という真似を東京地検特捜部はしていたのだ。

 小出しにして、村上の名をだしておく。ま、リークだ。うちも、正直いうと、そのリークの片棒をかついだ。だから、あんまし、村上ファンドのことは書きたくないのだ。みえみえのリークネタで記事をかくほど、うちは、エリートでも、メジャーでも、高給ももらっていない。ま、情報はほしいけど。

 問題は、小出しの情報の成果をみたのが、昨日金曜日。
 これは、結果論だから、いくらでもかけるし、書くのだが、「村上ファンド強制捜査!」情報が一般紙に流れた昨日。つまり、金曜日。

 市場はどうだったか?うむ、暴落しなかった。もし、暴落していたら、「村上ファンド」への強制捜査は、中止にはならんまでも、村上本人をブタ箱にほうりこむのは、すこし先延ばしされたかもしれん。ま、こういうのを、後出しジャンケン情報といって、マスコミが頻繁に使う手法だが・・・。いま、おれもつかっているけど・・・。

 あとは、月曜日の、6月5日の市場の動向?来週の市場動向?そして、再来週の月曜日6月12日の市場動向?(注・これ一部加筆、修正・・・・松永記)
 だから、6月5日、もしくは、6月13日というのが、浮上したわけ。
 うん?だれも、村上が6月5日、もしくは関係者が6月13日に逮捕されるとはいっていないので、勘違いしないように。

 で、うちは、村上ファンドにはなにも、関係ないし、義理も恩もない。
 ないから、書くけど、所詮は、証券取引法違反。
 ま、大抵、執行猶予つくから、心配せんでもいい。

 しかし、ホリエモン同じだが、村上にも痛いはずだ。
 刑罰による処分でなくて、社会的、経済的な制裁が、この手の、証券取引法の最大の狙いどころだからだ。

 ホリエモンでいえば、株価暴落、市場からの退場、役職追放、海外渡航の禁止。マスコミへのさらしもの。たいていのねーちゃんも逃げる。

 村上も同じで、すでに、オリックスのミヤウチさんは資金をひきあげているし、他に、気の利いたところは、だいたい、手を引いている。ま手をひいていないところは、ちょっと事情のあるところ。
 まともな金は逃げちゃうのよ!残るのは、ややっこしい金。どんどん、マイナーになる。
 マイナーでも金は金だから・・・・ま、おなじといえばおなじなんだけど。

 でも、本当はちがうんだよね。これは日本的傾向ともいうけど、ま、そんなものでしょう。

 かくして、村上ファンドへの制裁がはじっまったのである。

 北岡拝、北京から。