政治家の資金集めといえば、一枚2万円前後で販売する政治家パーテイ。政治家パーテイの日程は、たまに、うちの週刊日程表にいれているので、ま、参考に。

 資金集めというのは、みえみえだから、大臣就任期間中はパーティは自粛するということになっている。この通達は十数年前からの常識。

 ところが、10月25日、18:00から金融担当大臣・山本有二(高村派)のパーティが東京プリンスホテルで行われた。
 山本といえば、高村会長の意向を無視して「次は安倍だ。大臣になるには安倍を応援するしかない」と派閥を裏切り、安倍担ぎをして、その論功行賞で金融担当大臣に就任。

 その新任大臣就任披露パーティということもあって、誰が来るのかちょっとのぞき に行ってみた。

 

   ところがどっこい、
「今回は私的な懇談会です。マスコミの方はお断りしています」
 と入場拒否するのだ。

「よくいうよ。数ヶ月前からあっちこっちと企業回りをしてパーティ券を売ってきたくせに」

「大臣就任期間中はパーティ自粛」という常識を知らないはずはないだろう。
 つまり、大臣就任期間中は、パーテイ自粛。しかし、事前にしっかり売ってしまったパーテイ券を、中止とかで、返金するのももったいない。
 そこで、パーテイを私的懇談会と、いいかえて、強行したわけだ。頭がいいというか、姑息でないか?だから、マスコミの取材お断りか?

 同じ派閥の代議士。
「有二は焦りすぎ。金融担当大臣としては荷が重すぎるのではないか。金融は日本にとって大事な部門。金融行政問題で失敗しなければいいが」
 と暗に批判する。

   だが、この虚偽の「私的懇談会」で俺たちを閉め出すなら、こっちにも考えがある。
 上品な空中戦ではダメだ。
 こっちは雑誌記者。「酒、女、金」下半身でも何でも問題があればやってやる。・・・・・という予定です。
 山本大臣様

 北岡拝

↓ ↓ ↓ ↓
人気blogランキングに参加しています