さつき、ゆかり両議員が無断欠席 党内外からブーイングの嵐

  だそうだ。

「問題なのは、この2人だけではない。このところ小泉チルドレンの“幼稚っぷり”も次々に露見している。河野洋平衆院議長は30日、本会議場での議員のマナーに関し、逢沢一郎議員運営委員長を通じて各会派に注意し改善を求めた。河野議長は、開会の“本鈴”が鳴っても席に着かない議員や、議場で新聞や本を読む議員がいることを挙げ「秩序が乱れている」と指摘したという。」

  ・・・・ことだけど、この小泉チルドレンといわれている人にきくと、
「だって、本会議ってつまらないんだもん。出来の悪い田舎芝居」
「本会議で、本質的な議論はほとんどない。すべてストーリーができている儀式みたいもの」
「本会議の運営時間は、だらだら長すぎる。3分の1にできる。民間会社ならこんなだらだらした、会議やっていたら、会社自体が倒産する」
「ネットつかってぱーってやれば、はやいし、正確だし、時間もかからない。税金の節約になる」

 などなど、かなり本質的な意見があることも事実。
 各委員会では、かなり突っ込んだ質疑があるのだけど、たしかに本会議での質疑や、議決は、よほどの事例でないかぎり・・・・出来レースで、政治記者だって、あくびしている。

 ためしに、  http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.cfm
 で中継している、本会議の様子をみてみるといいかもしれないね。

  ただの、秩序だけの問題でないかも・・・。

  ところで、秩序というか、風紀というか、ちと話題になっている中堅議員がいる。
  いま、政務官だから、一応、役職もついている。
  ま、ソープランドというのは、合法的な特殊浴場で、お上がめこぼしして「売春行為」が公然とおこなわれているのだから、たとえ、政治家が、そこにいったとしても、俺は個人的には、PTAのおばさんみたいにめくじらたてたくない。しかし、なにごとも度合いがある。

  まして、政治家といえども、生身の人間である。生身の男であり女だ。浮いた話のひとつやふたつぐらいは、めくじらたてなくない。だから、めくじらたてずに、こんな、「高級ソープ通いの政務官」もいますということで、レポート。実名だしてもいいんだけど、この政務官、そこそこ政治家としての能力もあるようで、将来のことをかんがえて、ここで、一気につぶしてしまうのは、「武士の一分」ならぬ「武士の情け」に反するので、ボスが「匿名でいい」というので、匿名にします。ボスに感謝してね。

  身長180センチ。体重は80キロ。
  堂々とした体格。スポーツは、野球、空手、ラクビーをやってきた。
  甲子園で話題になったある高校の野球部で、バッティングピッチャーをもくもくとやってきて、その高校が甲子園に出場する原動力になった。縁の下の力持ちをやったわけで、ボスは、この経歴をみて、「匿名にしてやれ」と、いった節がある。ま、結構、単純なんですね。この人。

  現在、政務官。
  しかし、やや女にだらしないというか、かなりの女狂い・・・・。と思われてもしょうがない。

  自宅は 自宅は練馬区○○○5−○○−○○のビル(自己所有)にあるが、本人は3〜4階を使い、妻・子供1人には1k一間に押し込め別居状態。
 老いた母親とも同居している。しかし、殴る蹴るという状態があるようで、時々母親はあざを作っているそうだ。
 ま、DVはよくない。すぐにやめるように。
 秘書も殴る蹴るで辞めた者も多い。
 やっぱり暴力はよくない。そりゃできの悪い秘書がいるかもしれないけれど、そこをなだめ、すかし、教育するのも国会議員の仕事だ。

 1,○○寺に愛人がいるらしい。彼女はモデル風の美人で元選挙運動のウグイス嬢。やせ形だがオッパイが大きい。今は地元事務所にいるが殆ど関係してない。
 2,○○という地元秘書がいる。本人はこの女には手を出しているそうだ。
 3,議員会館にも2人の女性秘書がいる。若い方には手を出している。

  ま、秘書に手をだすというのは、よくあることだから、格段にめくじらはたてない。ただ、手をだすならちゃんと面倒みるように。そうでないと、あとから女が週刊誌に垂れ込む可能性があるので、要注意。

 毎週金曜日、「マジェスタ・練馬○○ 1○1○」に乗り午後1時頃に吉原に行く。
 吉原周辺でラーメンを食いながら体調を整え2時頃、おもむろに吉原の高級ソープランド「ピカソ」へ入るのだ。
 この店は120分8万円する会員制ソープで「○田」の名前で登録(会員ナンバー126○○)し、事前に秘書に予約させる。
 本人は女性の指名はしないそうで、好みはモデル風美人に限るようだ。
「ピカソ」は1年前からだそうだが以前は「将軍」に通っていたそうである。
 最近は金の関係か「将軍」に戻っているという。
 ちなみに「将軍」は120分6万円。
 金曜日の午後といえばだいたい本会議はあるはず。それを抜け出してでもソープに行くというのだから、ま、小泉チルドレンより、確信犯だ。
 まして、現在は某省政務官。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 ソープランド後、一旦議員会館に戻るか全日空ホテルの4階にあるサウナへ直行。
 夜は銀座のクラブ「○ト」へ。 


 父親は元建築屋。以前に倒産し、債権者が押しかけたが惨めな惨状を見て黙ったとういう。それでも1年後に近所には返したと嘯いている。
 金は殆ど暴力団関係者から調達している。
 辞めた秘書が言うには昨年の総選挙では月1割の金利で2000万円借りた。
 借りた先は・・・・・・・・一家。
 選挙後、1千万円は返したが、まだ借金は返せず、それでも選挙用のレンタカー代や印刷代など600万円追加で借りた。
 その後、返済監視要員としてこの組から秘書が派遣されている。  
「とにかく毎月、歳費が入るとここに100万円振り込んでおいてくれ」と金を預かりヤクザの口座に振り込んでいた。(元秘書)

 公設秘書のピンハネは当たり前。
 政策秘書、第一秘書(高校の同級生)からもピンハネしていた。2人は05年12月に見切って辞めた。

 借金は公表値、9800万円。
 そのくせ2日に1回、キャピタル東急でランチ(スパゲティ2800円、コーヒー1500円)を食し高級ソープランド、サウナ、銀座のクラブへ。時々は六本木の葉巻バーへ通う。
 洋服はニューヨークバーニーであつらえ、Yシャツは長田屋で18000円を買う。

 ま、税金というか、歳費、政党助成金を当てにした全くの自転車操業状態。
 こんなヤツに税金を払う必要はない。

 ・・・・・・・・・・・・・・・とだんだん、書いてきて、頭にきたぞ!
   

文責・タレコミ&北岡

以上

↓ ↓ ↓ ↓
人気blogランキングに参加しています