飯島機関というとあれだけど、飯島秘書と直接のパイプのある、浅川博忠さん、大下英治さん、須田慎一郎さんなどが、一斉に動き出した。日刊ゲンダイをやめた二木さんも、そろそろ動くとおもいますけど。

 ま、浅川さんは、辻野記者も、うちのボスもよーく知っていて、多数いる政治評論家の中でも、堅実で誠実。政局の見方は、オーソドックスで奇をてらったり、大見得をきるタイプでない。一見、地味にみえるかもしれないけど、田原総一朗さんみたいに、「自分が、自分が・・・・」と出しゃばるところがないので、結構、玄人受けしている。
 その浅川さんが、小泉新党の可能性について言及した。
 大下さんも、須田さんも、それぞれその可能性を言及した。
 おもしろいのは、同じ小泉新党もしくは、小泉待望論を話すにしても、三者三様だということ。同じ飯島さんの話をきいていても、それぞれに温度差やニュアンスの差がある。これは、他人事としてみているとおもしろい。

 つまり、同じような情報がありながら、うちの事務所で、ボスや辻野記者や、以前いた北岡記者らが、話しだすとまったく別の話になるという、あれだろう。これもすぐ側で他人事としてみているとかなりおもしろい。最後に、ビール瓶が飛んだり、灰皿飛んだりするのでそれに当たらないようにするのがコツだけど。

 そのなかで、やはりKYなのが小泉チルドレンの面々。とくに内容のないことをべらべらしゃべることで有名な猪口さん。「小泉新党は小泉チルドレンを救済するためにあるんじゃない」と温厚な浅川さんにしては、珍しく声を荒げた。

「5年間も総理をつとめた人に、再登板をお願いするのなら、38人ぐらいの推薦者名簿もっていくのは、失礼だ。やるなら、80人100人ぐらいの名簿をもっていくべき」「先の参議院選挙の敗北の原因は、小泉改革の負の遺産部分に焦点があたったこともみなくてはだめだ」「ただ、小泉改革の継承とオウム返しのようにいったって、自己保身とおもわれるだけ」

 ほほう、浅川さんいいますね。猪口さん、ダラダラ表面をなぞったことだけ話していると、ますます小泉チルドレン全体の地盤低下になるから、すこしはわきまえたほうがいいでしょう。
 
 ところで、飯島秘書官が小泉事務所に辞表をたたきつけた。飯島さんの言い方だと、「二度と小泉事務所の敷居はまたがない」そうだ。「小泉のためなら命をすてる」といってきた飯島氏。実際、何度か、命をかけている。そのシーンをすこしはみさせていただきました。

 ボスのいい方だと「飯島さんは、小泉さんの秘書だけど、小泉事務所の秘書じゃないということでしょう」さらに、「飯島さんは、小泉さんが総理をやめた段階から、小泉事務所からの離脱をかんがえていた」そうだ。つまり、分離独立をはかろうとしていた。なんでか?怖いものなしの飯島さんでも、目の上のタンコブがひとりいた。ボスや辻野さんが、飯島さんと取材というか世間話している最中でも「飯島」と平気で呼び捨てにする小泉さんの実姉の存在だ。ま、呼び捨てにされるぐらいはいいとしても、なんせ小泉事務所の資金管理は彼女が仕切っている。

 5年間の小泉政権で秘書官としてささえてきた飯島氏。そりゃ資金的にも、内外のパイプや人脈も独自のものをつくってきた。飯島勲個人として、きたるべき一大政界再編に一肌脱ぎたいとおもうことがあっても自然だろう。

 飯島さんにいわせると、今度の総裁選挙で福田擁立劇は、「5人組にやられた」ということだろう。この5人組のドンは、森元首相。仮に今回、小泉再登板の推薦名簿が80人とか、100人になっても、小泉さんは再登板しなかったかもしれない。ただし、それこそ来るべき政界再編・つまり小泉新党への布石はうてた。

「参議院で圧倒的多数をにぎられてしまったら、むこう3年、いや6年は身動きできない」が飯島氏の持論。つまり、小沢戦略のすごみを一番よくしっている。
 だから、自民党が、総裁の首をいくらすげかえても、解散総選挙をいくらやっても、むこう3年間か、6年間は、蛇ににらまれたカエルも同然。しかも、わるいことに、森前首相をふくめた「新5人組は、頭の悪い旧泰然たる派閥政治と数合わせ政治。官僚に金玉握られて、また官僚政治が跋扈する・・・・」ということだろう。

 小泉が5年間やってきた改革はなんだったのか?

 ということだろう。
 もちろん改革は痛みがともなう。プラス面とマイナス面が同時にでる。今度の参議院選挙では、小泉改革のマイナス面が表にですぎてしまった。これはひとえに安倍総理の未熟さなんだけれど、小泉改革で危機感をもった官僚がみごとに巻き返ししてきた。

 飯島さんにいわせると、小沢政治こそ、旧来の自民党政治。改革という名のもとで、金権利権政治の象徴である田中角栄型の政治をなぞっただけ。ありていにいえば、政敵の利権はぶちこわして、あらためて自分のいうことを聞くとこにその利権を構造を再建させる。スクラップ&ビルトとはよくいったものだ。となるのだろう。

 自民党は、いくら頑張っても、むこう3年から6年は、蛇ににらまれたカエル同然。小沢に金玉にぎられたまま。衆議院解散総選挙は、いくらやってもこの致命的な構造はかえることができない。

 ではなにがあるか?政界再編だ。小泉新党だ。民主党も自民党もない。改革をやるひとだけが集まればいい。自民党、民主党内にあるねじれ現象をただせばいい。

 たとえば今回、福田康夫支持で暗躍した5人組や森首相らは典型的な旧自民党の利権政治家。民主党でいえば、公労協や日教組など地方公務員が組織する組合の支持をうけているダラ幹上がりの政治家。どちらも55年体制がうんだ利権構造にしがみついている旧来の政治家だ。小泉がやった郵政民営化は、そうした既得権益の政治をこわすことだった。

 今回、福田康夫で流れが、きまった一番の原因は、森喜朗の策略だった。小泉再登板のうごきがあるなかで、森喜朗が重大なリークをした。「小泉さんの再登板は100%ない」
 森と小泉が電話で話した内容だという。小泉さんの性格からして、「再登板するとも、しないとも」明言することはない。いや、むしろ「ありえない」といったかもしれない。それは、現段階でないわけであって、将来にわたっての可能性を否定したものでない。
 それが、福田擁立を画策している策士の森の手にかかると、「小泉再登板は100%ない」とマスコミにリークする。
 これが、福田康夫の流れをきめた決定打。

「何が何でも、福田は阻止する」
「仮に福田政権が誕生しても、一気につぶす」
「解散総選挙なんて、なまやさしいものでない。政界をバラバラにする」
「そういう局面になれば、小泉は誰に頼まれなくても、でてくるだろう。小泉ことはオレが一番よくしっている」

 そして、その流れを、「オレがつくる」

 
 ま、飯島さん、そんなところでいかがでしょうか?

 これは、うち流という、管理人流の解釈です・・・だいたい。
 ま、こまかいところでは、ボスや、辻野記者や、浅川さんとの意見の相違がだいぶあるのですが、

「おまえが、テキトーにまとめろ。そろそろ、そういう訓練をしてもいいだろう。必要な情報は俺たちが提供する。ただし、おもしろく書け。おもしろいのが一番。おもしろければ、少々、誤爆しても、まちがえてもいい。どうせ、ろくでもないブログだから。だれか文句いっきたら、辻野に謝りにいかせる」(ボス&辻野記者談)

 ということでした。
 よって、今回はだれの検閲もはいっていません。
 
 ご静聴ありがとうございました。
 
管理人拝