毒吐き@てっくのサイトが閉鎖になったようだ。
 実は、この件に関しては複数のところから問い合わせがあって、何かを書くべきだと思案していたところでした。

 実は、当方の前管理人である北岡記者が事務所から離脱した一番の原因が、この「てっく問題」にあったからです。つまり、責任をとって当事務所から離脱しました。これは北岡さんの判断で、ボスの松永が通告したものではありません。

 単行本の企画、プロデュースの仕事をしている北岡記者は、ブログの交流で「てっく」としりあい、実は、うちの松永に紹介して、そこで「お人好し」のボスが「保守系の若い論客」として、「てっく」をとりあげてもいいだろうと、おもうようになり、当方の事務所が企画して、「てっく」の本を出版するということになったのでした。しかし、企画としては一度、通りましたが出版中止となりました。

 北岡記者はこの件で、事務所離脱という判断をしました。

参考:

■説明・報告など一日で出来る
◆警報解除?冗談!@テレグラフ
◆疑惑の件@もののふのこころさん
◆サギに遭いました
◆寸借詐欺@てっくにっく
◆寸借詐欺@テクニック
◆「毒吐き@てっく」氏について
◆てっく問題まとめサイト
◆風評被害を食い止めるために

◆説明責任
◆【寸借詐欺】被害者がいっぱい【てくてく】

 問題は、北岡記者の「身体検査」にあって、実は「てっく」に関して、ちゃんとした身体検査をせずに、ボスに引き合わせていました。割と簡単に人を信用する癖のあるボスは、「てっく」と何度か会い話をして、「ま、北岡がいうなら、いいだろう」ということと、「てっくのブログの出版化には、著作権の問題、つまり「てっく」の原稿は、引用、借用がおおく、オリジナルな文脈がすくない。などは、北岡がなんとかするんだろう」ということで、企画をすすめたわけです。

 そもそも、出版にあたっては、出版業界では直前になってからも、諸般の事情で出版中止ということがままある業界ですので、「事前告知」に関して極力抑えるというのが通例なのですが、「てっく」に関しては、目次だしさえできていない段階で、裏サイトとかで、「告知はする。印税は全額寄付すると宣言する」など、どんどん、先走りするもので、かなり手をやいていたというのが現実です。

 普通に「てっく」と話していて、「ま、若気のいたりの虚栄をはったウソ」ぐらいは、愛嬌とおもっていたようですが、挙動にたくさんの不審点があがり、「おい、北岡はちゃんと身体検査していたのか?」ということになって、実は別の角度から、「再検査」をすることになりました。再検査の結果に関しては、個人情報もありますのでここでは公開できませんが、「出版は一時中止」となり、松永自身が、いくつかの「不審点」を直接本人に糺したのですが、そうすると、急に本人と連絡がとれなくなるという事態になって、「出版は一時中止」から、「完全取り止め」となったのです。
 出版の中止や、「てっく」がやっていた「寄付行為」に関して、複数の方から問い合わせがありましたので、今年の4月に以下のエントリーをしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「ネットで寄付金等を集める行為」にかんしての、当方のガイドラインを、IZA版でまとめました。御参考ください。

 http://tmatu1234.iza.ne.jp/blog/entry/156685/

 以上

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2007/04/22 08:05
ネットで寄付金をあつめる行為に関して

 本サイトのブログに、複数から問い合わせがあった件です。
「ネットで寄付金をあつめる行為に関して」
 当ブログの基本的なスタンスは、
「いかなる大義名分があろうとも、ネット上で寄付金を集める行為」
 はおこなわない。
 それを、紹介することもない。

 ということです。
 ただし、他の方がその行為をされても、当方としては、いいとも悪いともいいたくありませんし、介入しません。

 冷たいいい方ですが、仮に寄付行為をされた方がいたとしても、それは自己責任にもとずいて、おこなった行為であると考えます。

 よって、その件に対する問い合わせ、相談があったとしても、当方としては回答のしようがありません。

 ちなみに、当方のブログには、「寄付金を集める行為」の紹介依頼がたまにありますが、「協力できません」というスタンスです。
 
 ご理解ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 なお、「てっく」の寄付行為が、詐欺行為にあたるかどうかについては、当方は司直ではありませんので、「判断しかねる」としかいいようがありません。

 

以上