秋山直紀氏が、無事に米国から帰国している。

 参考:ワシントンに呼ばれて訪米した秋山直紀氏 2007年12月19日
     秋山直紀 日米安保障議員協議会 2007年11月19日

 最新記事は:秋山直紀-youtubeで見るニュース by オフイス・マツナガ

 最新情報によれば、秋山氏の参議院での参考人招致は来年1月8日に実施する方法で調整されている。

「秋山氏は逃げ隠れするような男でない」(ボス談)

 ということだから、国会というか、民主党さんがちゃんとやれば、秋山氏は参考人招致に応じるし、聞かれたことは全部話すだろう。

 さて、つい先ほど、秋山氏と携帯電話で「帰国報告」をきいたうちのボスなんだけれど、なんせ、二人とも声がでかいから、携帯で話していても全部、漏れ聞こえる・・・・・。

「参考人や検察なんかどうでもいい。そんなのは流れにまかせるしかない。それよりも、身辺よろしく。ちゃんと、警視庁の警備と打ち合わせするように」

 と、何度もいっている。

 だが、秋山さんもとっぽい人で、

「バカヤロー。そんなのしらん。オレは逃げ隠れしない」

「バカヤローにバカヤローだ!
 あんたが東京地検につかまろうが、起訴されようが、そんなのは、あんたと東京地検の関係だ。そんなことはオレはしらん。
 ただ、ここで消されたら、来年、ゴルフできなくなるだろう。
 おれは、それだけを心配している。ゴルフだ!
 来年は、手加減しない。しっかり、チョコレート用意しておけ!」

「バカヤロー」(秋山氏かなりでかい声・・・・携帯だけど、こっちにもはっきりと聞こえた)

 

 右だか、左だか、毛頭だかしらないが、「秋山の口封じ」を狙っているという動きがあるようだ。うちのボスにもその話がはいってきている。
 警視庁にも当然、はいっている。

 警視庁警備課御中 秋山直紀氏の身辺警護よろしく!
 なにかあったら、日本国の本当の恥だ!

 とボスが申しています。
 警視庁の威信にかけて、よろしくです。
 

以上