福田首相が訪中された。
 ま、それに関連するエントリーではあるが、オレは責任もてない。

 前管理人の北岡記者と、辻野記者が「やれ!やれ!」とそそのかしている。
 ま、年末だし、最後のぶちかましとしては、いいところか?
 なんせ、うちのボスは来年の4日までネットがみれないところにいる。

 それで中国を理解するためだ。

 北岡記者は、わりとよく中国に取材にいっている。
 そこで、なんどもいやな目にあっているそうだ。
 尾行、盗聴は当然として、あわや、軟禁、監禁されそうになったことも。
 いや、「毒をもられたかもしれない!」というぐらい、ひどい下痢をして、成田の入管で隔離されそうになったこともあるそうだ。
 だから、北岡記者の中国嫌いは筋金入りだ。とくに中国共産党嫌いは徹底している。

 英語や、日本語ほどではないが、北岡記者は北京語を解する。
 うちのボスは、麻雀で中国語を覚えた。だから何の役にもたたない。
 なぜか、辻野記者は台湾語ならすこし理解する。なんのことはなくて、台湾のオネーチャンとおつきあいしていたことがあるからだ。

 だから、うちでは放送禁止用語とか、差別用語とかでなくて、平然と「支那(シナ)」と呼んでいる。愛国者である遠藤顧問は「支那という呼び方が本来正しい」といっている。

 ある会合で、中国大使館の人がいて、「支那」とうちのボスがいって大論争になった。その中国人は、「日本人がジャップといわれて腹がたつのと同じ」と反論したが、「ジャップといわれても、心に余裕のある日本人は、腹をたてない。ジャップというブランド名があるぐらいだ。その前に、支那とジャップではそもそもの歴史的な意味が違う」(ボス談)・・・・とかやったわけだ。オレはハラハラしていた。
 しかし、幸いにも、その場に北岡記者や遠藤顧問がいなかったから、「その中国人は無事に大使館に帰宅できた。あいつはラッキーな支那人」(ボス談)だそうだ。
 それ以来、その中国大使館の人は、うちの事務所にもたまに遊びにくるようになったのだけど、うちの事務所での呼び名が「ラッキー」になった。いま、「ラッキー」にうちのボスがゴルフをおしえている。つまり、鴨を飼育中。
「ラッキー」は、こんど卓球をおしえるといっているが、まだ、「ラッキー」をつれて温泉にはいっていない。「卓球は、支那でなく、温泉でやるものだ」(遠藤顧問談)

 で、福田総理の訪中である。

 詳しくは、福田首相訪中-youtubeで見るニュースにいってもらうと・・・・

 

 


北海道新聞

福田首相訪中 日中関係の「春」到来を歓迎する
愛媛新聞, Japan - 3 hours ago
福田康夫首相が中国を訪問し、胡錦濤国家主席、温家宝首相と相次いで会談した。きのうは温首相とのキャッチボールで友好ぶりをアピールした。 靖国神社参拝を繰り返し ...
福田・胡会談をトップ報道 中国中央テレビ MSN産経ニュース
福田首相、胡主席と初首脳会談 戦略的互恵関係の強化で一致 日中経済通信
all 161 news articles

中国紙、福田首相訪中をトップ報道
日刊スポーツ, Japan - Dec 28, 2007
29日の中国紙は、前日の日中首脳会談について「中日両国が東シナ海問題で共通認識」(北京青年報)「福田(康夫)首相が台湾の住民投票不支持」(新京報)などと1面 ...

中央日報

福田首相訪中に外交部「熱烈歓迎」環境協力など期待
中国情報局ニュース, China - Dec 27, 2007
中国外交部の秦剛副報道局長は27日の定例記者会見で、同日からの日本の福田康夫首相の訪中について「今回の訪中を大変重要視しており、熱烈に歓迎する」と述べ、首脳 ...

 
 といった記事があるので、焼いて食うなり、煮て食うなり、お好きにどうぞ!

 さて、問題の核心にはいる。
 なんどもいうが、オレは知らない。
 まず、下の写真を見て欲しい・・・・
 ネットからぱくってきたやつ。決して、ボスの机の中から盗んだものではない。

青樹明子

 

 

 


 

 なんと、いい女性であろうか?なんか女優に三田佳子に似てなくもない。
 青樹明子さんというらしい。
 オレはしらない。
 中国を知るために、彼女の以下の本があるそうだ。

 

「小皇帝」世代の中国 (新潮新書)
青樹 明子
新潮社 (2005/12/15)
売り上げランキング: 237342
おすすめ度の平均: 4.0
5 中国と日本の将来を考えさせる書
2 ちょっと生煮えな感じ
5 一人っ子世代の実像
日中ビジネス摩擦 (新潮新書)
青樹 明子
新潮社 (2003/05)
売り上げランキング: 419379
おすすめ度の平均: 4.5
3 中国とは
5 思いっきり分かりやすいビジネス摩擦解説
5 中国人の心理構造
日本の名前をください―北京放送の一〇〇〇日
青樹 明子
新潮社 (2001/12)
売り上げランキング: 119501
おすすめ度の平均: 5.0
5 中国旅行をされるかたご一読を
5 中国に吹く新しい風
5 北京でX-JAPANが・・・
北京で学生生活をもう一度
青樹 明子
新潮社 (1998/05)
売り上げランキング: 303292

 

 

   とくに、彼女の最初の著作である「北京で学生生活をもう一度」は、講談社のエッセイシスト賞にもノミネートされたぐらい、有名な著作らしい。

 ぜひ、一読ください。

 青樹明子さんは、うちのボスの、前の方でなくて、元妻です。

 当然だが、前も元も、逃げられたのである。

 あ・・・・・・オレはしらん。

以上