ポスト福田、決定版。と銘打った、辻野記者の渾身のエントリーです。

  ポスト福田として名前があがっているのが以下の4名

 麻生太郎   ◎   1.8
 中川秀直   △       3.9
 小池百合子  ×    18.5
 与謝野馨    ○       2.3

 小沢一郎   枠外 4.5

(参考:◎○△× の後ろの数字は暫定単勝オッズ 6月5日現在)

 中川秀直は最近、愛人問題を含めた政治政策論を出版した。愛人問題を懺悔し「増税なき財政再建」をする。「霞ヶ関埋蔵金論者」で霞ヶ関の役人が隠している金をあぶり出し増税せずに財政再建をするというもの。
 「霞ヶ関埋蔵論」はともかく官房機密費を流用して愛人問題をもみ消そうとした人物に時効はない。総理になるのは難しいかな。

「女性に初の総理を」なんてキャッチフレーズかどうか、小池百合子佐藤ゆかり猪口邦子 の三人がポスターを作った。何でも「永田町キャンデーズ」というそうだが、ババア3人集まってキャンデーズとは・・・・。情けない。
 ところで「永田町キャンデーズ」には小池百合子が丸川珠代 参議院議員に
「どう、入らない?」
 といわれたそうだ。
「私はそんなこと、やりたくない」
 と丸川が断ると、
「ああ、そう」 
  といって小池はこのことを報告するために中川秀直の事務所に駆け込んだそうだ。
 小池百合子は「次の総理候補」なんていわれ有頂天になっている。
 4月には超党派の「京都議定書目標達成議員連盟」を立ち上げ、会長には中川秀直を据え、自分は事務局長に納まった。
 また、小池の抜け目のないところは小泉純一郎 元総理を名誉顧問に持って来たことにある。
 これで小泉総理や小泉チルドレンの支援を取り付けようというのだ。
 小池は議連立ち上げの前の3月、中川訪中団に動行。総裁選への流れを作ろうとした。
「小池を見れば次の実力者が分かる」
 と永田町住人がいうほど小池は実力者に取り得るのがうまい。
 独特の嗅覚があるのだろう。
 現在、小池は中川べったりで何かあったら「中川さん中川さん」と中川秀直事務所にかけ込むそうな。
「中川が総裁選挙前にこけたら自分にお鉢が回ってくる」とでも思っているんだろうか。
「小池が総理なるなって冗談じゃない」
 と怒っている森喜朗元総理の目の黒いうちは小池総理の目はない・・・?

 麻生本命に対し対抗馬が与謝野馨元官房長官だ。
 与謝野は与謝野鉄幹、与謝野晶子の息子(注意;孫との指摘あり)という毛並みの良さと、緻密な頭脳の持ち主と永田町でも評価が高い。
「阿呆太郎より与謝野のほうが断然いい」と実は国会議員には支持者が多い。
 こちらは「霞ヶ関埋蔵金なんてない。留保されている金は使い道が決まっているんだ」と「上げ潮派」の中川秀直に対抗すべく増税で財政再建する考え。
 場合によっては与謝野総理の場合、消費税10〜15%になる可能性もある。
 もう一つのネックは選挙に弱いこと(9勝3敗)とガンを患って以来、総理として体力が持つのかどうか。安倍晋三 前総理のように病気を理由に途中で総理の座を投げ出した過去もあるからだ。
 また、喉をやられたことで声がシワッガレ声で聞き辛い。場合によっては聞き違いによる誤解も起こるかもしれない。
   
 本命は麻生太郎
 麻生は今、精力的に全国を飛び回り全国の自民党支援者に顔を売って歩いているし、自民党所属の国会議員パーティに出席している。
「福田さんの暗く、人を食ったような態度では人気も出ないし、あの顔では次の選挙を戦えない。いっそアキバの若者連中にもうける麻生さんが良いんじゃないの。選挙をやるなら福田さんとはうってかわった人材が必要」
 という若手議員も多い。
 だが、「あの右翼的な体質。国防の為なら核武装まで考えている麻生さんには応援できない」
 という中堅、老人勢力も多いのだ。
 麻生はサミット後に想定されている福田内閣改造に当たって、
「私は内閣に入る気はない」
 とお呼びがかかる前から断っている。
 それでも福田総理はポスト福田を狙う実力者、つまり、与謝野馨を官房長官へ。麻生を内閣が、いやなら幹事長にと要請するかもしれない。麻生は幹事長なら受けるかもしれない。

 麻生派議員が言う。
「まあ、幹事長なら受けるかもしれないが、もし解散総選挙というときに自民党が負けることが分かっているから、どこまで負けたら幹事長の責任問題になるのかをきちんと話しておくべきだ。
 総選挙は幹事長の責任を問われるからね。
 選挙はいつになるか分からないができればサミット後に福田総理が辞任し、8月に総裁選で麻生太郎が新総裁へ。9月に臨時国会を召集し首班指名後、麻生太郎総理の下で解散。そうすれば麻生人気で自民党の大敗の予想がもっと当選者もふえ歩留まりがいい
 福田総理を引き摺り下ろすことはしないがどんどん支持率が下がったらそのときはどこかで揺さぶりをかけるつもりだ。民主党にも少しはがんばってもらいたいのだが・・」


 そして、もう一人重要な総理候補がいる。
 それは、小沢一郎である。
 これについては、別で書く。いわゆる姉妹編です。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
   参考:ポスト自民党 小沢一郎はやる気があるのか?決定版 2008年06月05日

取材:辻野匠師

以上