例のグリーンピースであるが、うちの辻野記者にいわせると、「潔くない」という一言だ。

 あ、そういえば、グリーンピース・ジャパンに関して、だいたいの資料ががそろったので、「いつでもうちは公開できる態勢ににある」(辻野記者談)だそうだ。
 すでに、うちの読者ならしっているとおもうが、うちは、「いい悪い」という論評できるだけしない。客観的にして、歴史的な資料および、裁判資料にも十分に対応できるであろうブツをあつめるし、それを、たんたんと公開する。論評はしない。たまに「好き嫌い」がでるが、それは趣味だから許して欲しい。

 ちゅうか「記者なんて、頭悪いんだから、論評するな。おまえらは、現場を走り回っていろ」(ボス談)というジャーナリズムの古典的な原則を、うちのボスがいっているからだ。

 これが客観報道の基本である。
 我々は、十分に論評にたえるであろう、元の資料やら、証拠やら、証言をあつめる。あつめたものが、真性かいなかの検証はするが(永田メールみたいこともあるから)、論評はしない。それでも、万全とはいわない。完璧であることはありえない。そこは、実は、うちのコメンテーター陣が指摘してくれることもある。ネット時代では他の多くブロガーさんが検証してくる。その検証に耐えるだけのものを、提示できるかどうかだ。これはスリリングだが、実は楽しい。ま、それで飯はくえないが・・・・笑。

 我々も鍛えられる。
 多分、あなたも、鍛えられるだろう。

 そう希望する。
 
 ま、最後は裁判で訴えられることもある。猫の生首がおくられてくることもある。
刺されることがあるかもしれない。

「プロと名乗っている以上は、その全責任をおう。逃げ隠れはしない。騒ぎもしない。腹はくくっているし、腹をくくれ。これが、言論の自由の本当の姿だ。
 ま、酒も飲むが・・・・」(ボス談)
 
 これは、うちのボスの古典的なジャーナリズムの手法であり、うちの遠藤顧問がいう歴史検証という、あたりまえの手法だ。
 ちゅうか、うちはそれしかできない。

 そこで、うちのボスの「好き嫌い」の話をする。
「グリーンピースは嫌いだ。こいつらには悪の臭いがする」(ボス談)

 もっともうちのボスは取材の過程では、「悪魔と握手はすることはある。ただし、接吻はしない」(ボス談)という、旧約聖書を勝手に解釈する。本当はこの人は、親鸞聖人を元にする浄土真宗大谷派東本願寺の門徒である。

 で、グリーンピースの話である。

 まず、うちのグリーンピースに関するニュースにいってほしい。

 こういう報道である。

グリーンピースクジラ肉持ち出し
読売新聞, Japan - 18 hours ago
環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」(東京都新宿区)が調査捕鯨のクジラ肉を運送会社から無断で持ち出した問題で、同団体の星川淳事務局長が21日午前、記者会見し、「(業務上横領の)証拠品として確保するというのは現場の判断だったが、事後の承認は私が与え ...
英国人男性も関与か グリーンピース鯨肉窃盗 MSN産経ニュース
窃盗口実NGOいじめ、警視庁公安部らグリーンピース・ジャパンを強制捜査・捕鯨問題で JanJan
グリーンピース:鯨肉の窃盗逮捕、改めて「不当」を訴え 毎日新聞
読売新聞 - 読売新聞
all 233 news articles


グリーンピース、改めて「犯罪にあたらず」 鯨肉事件で
朝日新聞, Japan - Jun 20, 2008
調査捕鯨船「日新丸」の乗組員が自宅に送った鯨肉を無断で持ち出したとして、環境NGOグリーンピース・ジャパンのメンバー2人が逮捕された事件で、同NGOの星川淳事務局長は21日、東京都新宿区の事務所で記者会見し、「グレーゾーンには踏み込んだが、犯罪には

 話は簡単である。

 前述で、ボスが取材過程で「悪魔と握手はすることはある」(ボス談)といっている。取材、調査の過程では、あまりあってはよくないが、「法律に触れるかも知れない」行為をすることがある。

 住居不法進入があるかもしれない。何度も取材をもとめておいかける強要罪かもしれない。公務員や医者などが縛られている情報漏洩かもしれない。個人情報保護法案違反は当然ありうる。名誉毀損もある。プライバシーの侵害もあるいや、もっというなら、公文書とか私文書偽造もありうる。今回、グリーンピースがやったかもしれない、窃盗行為もあるかもしれない。

 これは別に東京地検特捜部に聞かなくても、立派な犯罪行為である。

 これに関して嫌疑がかけられたら、

「ジャーナリズムのためとか、言論の自由のためとか、自分達の政治思想のためとか、それで免責されるとか、そんなうざいことは主張するな。犯した罪は罪である。罪は罪で素直に取り締まりをうけろ、素直に受け入れろ」(ボス談)

 つまり、犯した罪は罪である。
 鳩山邦夫法務大臣とは、当方のボスは友人であるが・・:・・・

「だからといって、おれが死刑執行の命ごいはしない。友達であれば余計そうである」(ボス談)

 だから、やはり、「グリーンピースは潔くない」(辻野記者談)

以上