業界的にいうと、よーやったよ!週刊新潮というところか?

 今週の週刊新潮である。

 週刊新潮 2008年10月2日

神楽坂・銀座・祇園・SKD 「麻生総理」と「4人の女」


  ここでは、業界的に有名な4名の女性が登場する。
 おもしろいのは、麻生さん本人が、半分ぐらい認めている女性の存在である。
 そのなかで、「週刊新潮さん、よーやった!」というのが、
 元神楽坂芸者の「孝美」さん本人にちゃんと取材して、本人の談話をのせている点である。
 業界的には、祖父にあたる吉田茂に、「こりん」さんという有名な芸者がいた。
 孫の麻生太郎にも「芸者」がいて当たり前なのである。

 問題は、六本木でクラブをやっている女性も、祇園の有名な芸子も、元SKDも、神楽坂の女性も、「過去の女性」ということか?うん?
 現在の女がでてこない・・・・。
 なんせ、麻生太郎さんである。女の一人や二人はあたりまえ。
 だから、ハニートラップや、訳ありのベチャ系の女にひっかからないだろうと・・・・・日本国国民は安心していいのではないか?・笑。

 安心したいから、現在の女性も、ここは、ひとつ麻生太郎さん本人の口から話してもらうといいのだが・・・・・・。
 

 麻生太郎さんというと、そりゃ女にもてる。
「だいたい、女にもてない政治家は信用ならん」(ボス談)が持論だし、さらに「だいたい、女にもてない記者も信用ならん」(ボス談)とバージョンアップされる。

 政治家と艶話というのはつきもので、最近では「ハニートラップ」の存在も確認されているから、「女にもてるというのは政治家の絶対条件。女にもていない政治家が、ややっこしい女にひっかかったり、ハニートラップにひっかかる」(ボス談)だそうだ。

 ややっこしい女というと、有名なのは中川秀直さんで、この手のべちゃ系の女は要注意。山拓さんは精力絶倫だけれど、やはりややっこしい女にひっかかった。民主党だって管直人が、ややっこしい女にひっかかった。ま、中川さんや、山拓さんは、あまり女にもてない。管さんは、実は結構モテるのだけど、女房が無駄にうるさいものだから、ややっこしい女にひっかかる。だから、「あれは、悪いのは管でなくて、管の女房!×××××××××・・・・・・」(ボス談・編集注意:一部伏せ字)

 麻生さんは、「カネ切れもいいが、女切れもいい」。
 一方の小沢一郎さんは、「田中角栄直伝の玄人専門。しかも、半端な玄人には手をださない」。

 麻生さんは、モテるとかいたが、実は、小沢一郎さんもモテる。圧倒的に玄人受けする。

「さらに、両方とも女房がいい。千賀子さんも、和子さんも大人である。いい女である。管直人の女房は見習うべき。そうしたら、管直人も総理大臣になれるかもしれん。東京都都知事なんて、ハードルを簡単に下げるな、女の浅知恵はよくない」(ボス談)

 さて、ここで世の多くの「玄人にモテる」経験のない男性に当方のボスが、「玄人にモテる」とはいかなる現象かについて解説する。

「ま、相手が玄人さんだから、芸子さんとか、銀座でもトップクラスのホステスになる。なんせ、玄人だから、男を見る目は厳しい。こうしたところは、普通に通うだけで、カネがかかる。さらに、モノにしようとしたら、さらにカネがかかる。そして、モノにしてからも、カネがかかる・・・・。
 ま、これが一般的な、成金のオヤジとかがたどる道筋。バブル系の紳士もそうだった。たんなる金蔓である。ホリエモンも、村上もこの系列。これで、モテるとおもったら大間違いである。これは、一般によくいわれている、モテない男のキャバクラ通いとそうかわらん。これは、カネの切れ目が縁の切れ目。ようは、モテたのではなくて、ただのひいきか、客になっただけである。
 玄人にモテるとはいかなることか?惚れられるとはいかなることか?
 ずばり云おう。麻生さんも、小沢さんもたいしてカネのないときに、たいして有名でないときに、玄人さんに、惚れられている。相手は、玄人でも、ばりばりのいい女。惚れた男には徹底して尽くす。カネ?カネなんかとらん。下手すると、カネの用意をしたりする。嫉妬?つまらん嫉妬はしない。本妻というか、奥さんに絶対にばれないように心配りする。ここで、賢明な女房でないとつとまらんという理由もある。だから、政治家はまず、賢明な女房をもらわなくてはならない。だから、船田元は途中から失敗した。最初の女房を大事にしておくべきだった。
 そうそう、松下政経塾ができた時に、オレは、『女の惚れ方。モテ方。遊び方』という講座をやれといった。講師には、神楽坂のいい元芸子さんがいたんだけど、頭の堅い松下政経塾は、オレの話をきかなった。
 だから、松下政経塾出身の政治家に大物はでてこない。政治家の大物教育とは、まず、『女の惚れ方』からいかなくてはならん。そういう意味では田中角栄さんは、正しかった」(当方ボス談)

 つまり、日本国の総理大臣になるぐらいの人物は、玄人といわれている女衆に、「惚れられる」ぐらいの甲斐性がないとだめだということだ。そういう意味では、小泉純一郎さんも、玄人衆にもてる。森喜朗さんも、惚れられたことがある。田中角栄というと、直系に7奉行という人がいた。みな、田中角栄の薫陶をうけたが、ひとりだけ、この田中大先生の薫陶を粗雑にした人物がいる。橋本龍太郎である。橋本さんの場合は、自分で、「いい男」と自惚れている節があった。よって自滅する。ハニートラ系にひっかかる、ベチャ系に手を出す。「自惚れている男に、思惑ありの女が近づくが、いい女は惚れない」(ボス談)という恐ろしい原理が働くのだそうだ。

 よって、麻生太郎さんも、小沢一郎さんも、「玄人衆に惚れられた」という点では、十分に日本国総理大臣になることができる器なのだ。こういっては、わるいが福田康夫さんや、安倍晋三さんじゃ、ちょっと器がちいさかった・・・・。

 ところで、みなさん、玄人衆の女性にもてますか?
 うちのボスは、実は、少しだけモテます・笑。
 カネなら、ありませんが・・・・。
 それでも、モテることがあるわけです。
 人生は、奥が深い!

以上