日教組教育シリーズ本日の2発目です。
 北朝鮮のテロ支援国家解除問題です。

 詳細は、
テロ支援-今週のキーワード by オフイス・マツナガ

 で、この問題も日教組教育のようです。

「そりゃ、そうだろう。拉致されたのは米国人ではない。日本人だ。
 だから、拉致問題はわかるけれど、あとは、日本でやってくれ!
 と米国はいった。
 実はね、米国は、そんなに余裕がないのですよ。
 ごめんなさい!
 と正直にいっているわけだ。
 気持ちはわかるけれど、余裕ありません。
 で、勘弁!といっている。
 これが、わからんのも日教組教育のせいだ。
 うん?なんだ、これも、日教組のせいにしちゃまずいのか?」(ボス談)

 さて、日教組は拉致問題について、なんていっていたでしょうか?
 オレは、よーわからんが・・・。
 
 あとは、日本でやってくれ!
 といわれているわけで、これ、日本でやるしかないでしょう。
 でも、日教組教育うけていたら、そう、すんなりとならないのでしょうか?

 ということで、日教組教育から脱却しないと、拉致問題は解決しません。
 あ!これ、いっているのはうちのボスです。
 オレは、なんとなく理解しますが・・・・。

「ま、それぐらいいわんと、わからんだろう」(ボス談)
 のようです・笑。



以上