これまで何度も経験したのだけど、ここの読者のレベルは高い。
 うちのボスもいっている。
 コメント欄で、スティグリッツが登場した。

「とうとう、スティグリッツが登場したか、そのうち、ポール・クルーグマンも登場するので、MBAをとったXYZ記者に、300字以内で、しかも漢字やら、横文字を極力つかわずに、今の経済学の基礎の基礎について、話をさせなさい」(ボス談)

 ということです。

 XYZ記者は、今は悪名高い、フリードマンのシカゴ学派からはじまって、これも悪名が高いブラック・ショールズ方程式を米国でまなんで、MBAをとったひとです。

「いや、ハーバートに入れなかったから。しかし、結論はここのボスがいっている出たとこ勝負論。つまり、経済学は、『変化に対応、適応できる、適応力、対応力』と結んだら、MBAくれた。ノーベル経済学賞をとったわけでないから、許してくれ」(XYZ記者)

 だいたい、ブラック・ショールズとかについて、以前、うちのボスと一緒にレクチャーをうけたことがある。数学の方程式がたくさんでてくるやつ。意外にも辻野記者が、数式のところだけは、理解できたみたいで、みんなで驚いたのだが、これをもって、「じゃ、デリバティブで一儲けしよう」(北岡記者談)とはならなかった。
 遠藤顧問が「詐欺師の方程式」と一喝したからだ。

「いや、詐欺師なのはわかるとして、その詐欺師の手口について理解しておかないと、ほら、竹中平蔵さんとかあった時に、反論できんだろう」(ボス談)

 みたいなことがあった。
 そして、登場するのが、ジョセフ・E・スティグリッツである。

「あ、それなら、オレ論文書いているから、転載してもいい」(XYZ記者)

 なんで、シカゴ学派に属しておきながらジョセフ・E・スティグリッツの論文をかいたのだろうか?だいたい、「漢字やら横文字の多い論文はいらん」(ボス談)ということで、その論文の掲載はパスされた。

「ほら、それはノーベル経済学賞だろう・・・・、2001年の・・・・。ちょうどそのときに、スティグリッツの講演聞いたし、サインもらったから。で、日本の某シンクタンクが欲しいというから、アルバイトで論文かいた」(XYZ記者)

 エコノミストは基本的にミーハーなのか?

 そして、本年度のノーベル経済学賞が、ポール・クルーグマンである。
 で、XYZ記者にかかせると、だれも理解できなくなるので、管理人であるオレがまとめる。大学の専攻は、経済学ではありません。社会学です。

「ほう、それはいい。おまえが書くと、オレでもわかる」(ボス談)

 アンチョコは以下である。
 理解にかかった時間は2時間。
 たぶん、ギネス級の最短時間であろう。
 あとは、XYZ記者に電話で少し質問。

「1時間でわかる、最新経済学」である。
たぶん、みなさんも、クリックするとわかるでしょう・笑。


 いずれも、経済学の基本:今週のキーワード by オフイス・マツナガから








 理解の前提・・・・・「フリードマンなどのシカゴ学派の高度な金融工学や、新自由主義は破たんした」ということでいきます。

 この前提は「ま、そう単純じゃないけれど、そういう入り口でいいかも。それで、経済学に興味がもてるなら・・・・」(XYZ記者)ということです。


 新自由主義の元祖は・・・ミルトン・フリードマン
 これを総称してシカゴ学派 という。

 金融ビッグバンとかグローバルスタンダードの元祖。
 その典型が、「レーガノミックス」
 さらに、銀行と証券会社の分離を決めていた銀行法グラス・スティーガル法 改革して、銀行と証券会社の垣根を取り払うようにする。

 これは、英国のサッチャー、日本の小泉純一郎、竹中平蔵らの新自由主義と規制緩和につながる。

 詐欺師の手法といわれている金融工学、デリバティブですが、これもシカゴ学派から登場。有名なのは、マイロン・ショールズロバート・マートン 。1997年に『金融デリバティブの理論を解明した』功績によりノーベル経済学賞。

 ところが、その翌年にこの二人がかかわった、ヘッジファンド(LTCM)ロングターム・キャピタル・マネジメントは十数兆円の空前の損失を出して倒産する。
 今の金融工学の破たんを実践。見事に証明した。そこでつかわれたのが、ブラック・ショールズ といわれる方程式。

 しかし、それでもブッシュ・ジュニアが、新自由主義とグローバリズムを推進。今回の金融破たんにつながる。

 しかし、詐欺師の手法といわれ、批判があったにもかかわらず、なぜ米国がその理論を推し進めたかというと

「実体経済はよくなっていないけれど、株価が急激に上昇して、みせかけでも金融資産がふえた。米国の金融資産は、世界のGDP合計額の4倍にも拡張。
 2001の『9・11』の時点で、米国の株価は4000ドル。今の半分。結局は多くのアメリカ国民はその恩恵をうけていると判断した。アメリカの国民は借金漬けと、見せかけの金融資本で、日本をはじめアジア新興国の製品をどんどん買って消費してくれた。しかし、それがいずれ破たんするということは、実は肝心のシカゴ学派の人だってわかっていた。わかっていたから、ジョセフ・スティグリッツ に2001年にノーベル経済学賞を与えたもいえる」(XYZ記者)

 ほほう、わかっていても、やめられなかった。
 ということのようです。

ジョセフ・スティグリッツ のGlobalization and Its Discontents(邦題:世界を不幸にしたグローバリズムの正体)は、2002年にかかれた。これは100万部以上もうれた大ベストセラー。実は文章が平易でわかりやすい。実は、この本の出版にはうちのボスのような出版プロデューサーがいた。つまり、編集者が優秀だった。
 しかし、彼とて、グローバリゼーションを完全に否定したわけでない。
 彼の反グローバリゼーションは、むしろ、ワシントン・コンセンサスに対する反発と見るべき。そこから、IMF批判を展開している。
 ミソは、『IMFの推し進めた資本市場の自由化は、アメリカの金融セクターのために広範な市場を開拓した反面、その本来の使命であるはずのグローバルな経済の安定には寄与しなかった』というあたりであります。つまり、貧しい国々が貧しいままであるような制度設計といったあたりは、日本の日教組や、民主党が学んでもいいのですが、ジョセフ・スティグリッツ 自体が、グローバリゼーションを完全に否定したわけでないというあたりで、理解していただきたい」(XYZ記者)

 ほほう、そのころに「出たとこ勝負論=変化に対応、適応できる、適応力、対応力」を、書いて、XYZ記者はMBAをとったそうです。

 うん?これなら、オレでもとれそうな気がするぞ!

 そして、本年度のノーベル経済学賞である、
 ポール・クルーグマン です。
『行き過ぎた市場経済と金融危機の可能性を指摘した』ということで、日本のメディアは取り上げていますが、実は、1982年から83年までレーガン政権で経済諮問委員を務め、IMF、世銀、EC委員会のエコノミストを務めたひとです。彼の専門は、貿易論。それこそ、竹中平蔵さんと親しいです。
 この人も、グローバリゼーションを否定した人ではありません。
 ま、やり口が悪かったということを、書いた人です・・・・というと、怒られるかな?」(XYZ記者)

 で、当方のボスの登場です。

「うん?で、結論をいえ!結論を!」(ボス談)

「はい、世界の経済は基本的には、ミルトン・フリードマンの流れをついだままです。金融工学、デリバティブについても、否定したわけじゃありません。規制を加えるべきだというところです。
 当然、グローバリゼーションの流れはかわりません。
 つまり、フリードマンなどのシカゴ学派の高度な金融工学や、新自由主義は破たんしたというのは、ジャーナリズムではありでしょうが、実際は破たんしていません。その流れにあるだけです・・・はい。すみません」(XYZ記者)

 うん?つまり、世界経済は、「出たとこ勝負」にでたということですか?

「はい、そういうことです。そういう意味ではボスが、恐ろしいほど正しい」(XYZ記者談)

 

以上