この間、「公的年金の買い観測」がはいったのは、以下・・・・・・・・・・

・10月20日 後場 日経225先物 終盤500枚前後の大口の買い。引け際に9090円をつける。

・10月28日 後場寄り付き前の大口成り行き注文は買いが3030万株、売りが2650万株で、差し引き380万株の買い越し。現物主力株に買い観測。終盤に値上がり銘柄が1000を越える。先物も後場寄り付きでは1166枚の売買が成立し引け際7730円の高値。

・10月29日 後場 日経225先物前場安値8110円を割り込み、日中安値7750円。後場中盤には伸び悩む、引けにかけ、公的資金流入観測や先物への買い戻しなどで引き締まり、その後、一気に上値を目指し引け間際に高値8380円。

 

 以上はあくまでも、市場関係者の観測情報です・・・・。