「ニュースソース・NewsSource」(有料版)で好評連載中の「鬼デスクの酔いどれ日記 」。
 第2回目で、年末忘年会シーズン 実録「昏睡強盗」というエントリーをいれて、読者の方からも昏睡強盗の経験談を募集しました。

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
被害レポート募集 実録「昏睡強盗」 2008年11月30日


 そこで、

おいらも昏睡強盗の経験があります・・・・・あとで1000円分の図書券差し上げます 2008年12月04日

 で、ネット潜水艦さんの経験談を掲載しました。

 今回、BONさんからも、貴重な投稿をいただきました。
 さっそく、紹介させていただきます。


あなたの昏睡強盗、私の昏睡強盗
読者体験談投稿

BONさん

 いつも楽しく読ませて頂いております。
早速ですが昏睡強盗の件、自分もそう言ってよいのか微妙な体験をしました。


私の昏睡強盗。盗携帯電話が・・・・
by BON

私の昏睡強盗。盗携帯電話が・・・・
by BON


 3年前の夏の夜、酔った私は駅の改札近くのベンチで寝てしまいました。

 そして、明け方気が付くと財布もバックも全部有るのに携帯だけが有りません。とりあえず周囲を探してみたのですが、どうにも見つかりません。ただ、当時の端末は大変安く、なくした事に大して凹みませんでした。しかし、勝手に使われるのだけが心配でした。

 携帯止めてもらうにも何処に連絡すれば良いのかも分からないので、自宅に帰って寝ました。朝起きて会社に電話をして、携帯電話ショップに寄るので遅れる旨伝えました。

 そして自分の携帯に電話してみると悪い予感は的中し、話し中です。
「やばいなぁ、やっぱり誰かに使われてるな・・・。国際電話とかだとやだな。」と思いながら10時を待ち、携帯電話ショップに急ぎました。

 そして、停止処置をしてもらい、その場で端末を買い、番号を移した瞬間・・・電話が鳴りました。

「こちら●●警察署(自宅の近くです)ですけど。あなた誰?」
「は?いや、BONですけど。」
「今どこ?」(かなりエラそう)
「携帯電話のショップですけど・・・なんですか?」


私の携帯がオレオレ詐欺に利用されていた


話を聞いてみると・・・
 何と私の携帯でオレオレ詐欺をやられているらしいのです。

 はじめは携帯を無くした件を話しても信じてもらえず、ショップの店員さんに電話を代わり、番号を移した瞬間に電話が鳴ったことを証明してもらったりしました。

 話を進めると、事情聴取したいので●●警察まで来て欲しいと言うのです。
 その後、会社の上司に電話をして事の顛末を話し、かなり遅れると伝えました。

 警察署に向かう間もひっきりなしに電話がかかってきます。

親「なんや、お金ないんか?」
友人A「どこに振り込んだらええんや?」
友人B「エエ年して10万やそこらの金がどないもならんってwww


 そう、メモリに入っている電話に私の名前でかけまくってるのです。
 メモリにも「実家」とか、グルーピングで「友人」「会社関係」などと分けて保存していた事が裏目に出ていました。

 その後、警察署でお小言を頂きながら調書を取り、解放されて、午後3時頃にやっと会社到着。

 すると同僚の様子が変なのです。
 あぁ〜〜同僚にまで電話が入ったのかな?と思って話しかけると、
 上司が私の居ない理由を「BONはオレオレ詐欺で捕まったから。酷い話だよね
 と一言、説明したらしいのです。
 
 オレオレでない・・・・・
 おいおい・・・・・


 同僚は「????」となっていたのですが、その後会社に名乗らない電話で、
「そちらの会社にBONさんっていらっしゃる?」(かなり高飛車な感じ)
 という変な電話が2本ほど有ったらしく更に「まさか?ホントに???」となっていた様なのです。

 こんな事もあるんだなとビックリしましたが、それ以来は酔っ払っても必ず家に帰る様にしています。(編集注:それが普通でしょう・笑)
 今では笑い話で酒の肴にされますが、本当にいろんな意味で高くついた呑みでした。


以上