ドタバタしていたら、せっかくのBirth of Bluesさんの、丁重なアンサーをみのがしてしまいます。

 ことの経緯は、石原伸晃に関するデータリンク 2009年03月03日で、

 
マスコミだけでなくて、ブロガーの作法にも影響をあたえるかもしれない。
 ということで、ネット潜水艦さんだけでなくて、それそれのブロガーさんが、独自の作法をあみださいといけない時代になってくるかもしれませんね。
 独自の作法と、文体をあみだしつつあるBirth of Bluesさんなんかは、いかがお考えでしょう?

 というエントリーを投げかけたところ、速攻でアンサーです。

 Birth of Bluesさんのアンサー

 うちは、有料サイトもやっているので、若干ですが、薄謝支払えます。
 後日、図書カードをお送りさせていただく、予定ですが、いかがでしょうか?
 住所とか、個人が特定されるのが「いや!」という方もいますので、その場合は、Birth of Bluesさんのサイトから、何かを購入させていただきます。アマゾンのアフィリはっているから・・・・・そこから購入ということで、よろしくです。

 以下、転載・・・・。
 


独自の作法と、文体をあみだしつつあるBirth of Blues」って、なんだかAVならウンコ食うレベルとか家具にされるレベルみたいで恥ずかしいですが、本題を語る前提として、独自の作法って何ですか?

作法の定義がよく分かりませんが、例えば客体。

一応、基本脳内ルールがあって、公人や団体は叩くけど、私人はあまり叩かない。
どうしても叩きたい時は一晩だけ叩いてさっさと消すか、往年の竹下先生のように崇め褒め称える。
公人の定義については脳内憲法で合憲・違憲を判断など。

引用については、世間一般でいわれる単なる主物・従物としての分量比率ではなく、その全体に架かる文章の「質」を以って引用しています。
例えばエントリーの99%が新聞社の記事引用であっても、残りの1%が「また○○か!」であれば脳内OK。
(だからよく削除要請が来るwwww)

中の人はブログ運営の目的を属人的ではなく、方向性を味付けした海賊ニュースサイトと思い込んで更新していますので、作法とか文体よりも記録性を鑑みた内容で評価して頂いた方が宜しいかと。
駄文領域については素人の戯言など糞の役にも立たないのは百も承知で、ブログ主のコメントを読んだ人が「それは違うだろ、こいつバカじゃねーのw」程度でOKな、その事件の場の空気が読み取れればいい内容。カレーのパセリです。
メインはアーカイブとインデックス。

ですので、オフイスマツナガさんが云われるウィキペディアや2ちゃんねるとの折り合いを考える必要などなく、ましてや競うべき相手でも、搾取・淘汰される相手でもない。相互に補完する相手。
2ちゃんねるソースとして結果最適化され、実際に2ちゃんねるで繰り返し引用される外部資料として定番化されたエントリーが相応数あるのがその証左。

ウィキについて、他国の事は知りませんが、日本のウィキペディアについては中の人に明確な意図と強固な意志がある事を織り込むべきで、テーマによってはSF商法会場と化している場合があります。ご用心。

最後に文体について。
これは拙エントリーのこちらを読めば分かると思います。
千利休 守破離

あとはよく称される、A4一枚で企画書書けとか、パワポ1枚でプレゼンしろとかいう無理難題に応えられる引き出しの多さとポテンシャル。

文体の結論的には、おいらのベンチマークはこちらですね。
真似しようにも絶対できねーwwww

小沢さんの政治団体が西松建設の件で立件されるらしい
 凄いタイミングを選んでるなあと思いつつ。

小沢氏側団体捜査へ 西松建設献金巡り規正法違反の疑い
http://www.asahi.com/national/update/0303/TKY200903030171.html

 大光の件は、財界配慮で脱税のみで終わりって感じだけど、西松はそこまで伸びたのか。いまんところ打ってるのは朝日だけ。さてこれからどうなることやら。小沢さんがらみはシコってそうだから微妙すぎるぜ、この時期に。


基本的に文章書き慣れている人の文体は、別個の人格を呈し文字列が暴走し始めますので面白い。

ダメダメだったのがこちらなど。
「書籍 日本語が亡びるとき」のアマゾンカスタムレビューが削除されたので筆者がキレている件

如何にいいこと書いてあっても駄文は読みません。これだけの情報が流れているご時勢「ワタシが死んでも代わりはいるもの。綾波レイ」

それ以前に読むのに疲れる。