裁判員制度の開始と同時期に、覚せい剤容疑で逮捕された酒井法子。
 これは、「裁判員制度廃止のきっかけだな」と漏らすのは、民主党・小沢一郎の側近議員。

 なんで、裁判員制度と酒井法子と小沢一郎か?

 まず、こまったのが、最高裁判所。
 08年4月、最高裁判所は酒井法子主演で「裁判員制度」の広報用映画・「審理」を作成していた。制作費は7000万円、19万5000本のDVDを造り全国の地裁、学校、図書館等に配布していた。

 次に、8月30日の総選挙。
 これは、政権交代確実という見通し。

 そして、小沢一郎。
 小沢は以前から、「この制度(裁判員制度)は日本になじまない」と発言していた。

「民主党政権になったら、裁判制度を見なおすのか?」と情報収集にやっきなのが法務官僚である。なんと、うちのボスにまで、「見通し」をきいてきた・・・・・。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

今週の永田町
小沢・民主党は裁判員制度を廃止するか?困った最高裁判所。酒井法子主演の「裁判員制度」の広報用映画・「審理」
取材:辻野匠師 北岡隆志 その他


↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

小沢・民主党は裁判員制度を廃止するか?困った最高裁判所。酒井法子主演の「裁判員制度」の広報用映画・「審理」 2009年8月10日