大人気 電子たばこ Simple Smoker シンプルスモーカー
大人気 電子たばこ Simple Smoker シンプルスモーカー
販売元:Simple Smoker シンプルスモーカー
クチコミを見る


 喘息持ちの愛煙家、肺病持ちの喫煙者というのがいる。
 前者はボスである。
 喘息の発作で2−3度死にかけているが、煙草をやめる気配がない。

「ない、わけではないが、続かないだけである」(当方ボス談)

 喘息の薬はボスの常備薬である。
 東京都は慢性の喘息患者の薬代に関しては、全額補助するシステムがある。当然、ボスもその恩恵にあずかるはずだった。

 しかし、「喫煙者はその対象外。虚偽申請の場合は、うんじゃら」という項目がある。

「そんなの禁煙したことにして、シカトして、申請したほうがいいのではないか?病院も、薬局もその方がうれしいだろう。これで、本当に禁煙できるかもしれないし・・・・」(北岡記者談)

 だが、こういう細かいことにうるさいのが当方のボスである。

「お天道様にそむいては生きている資格がない。その姑息さや卑屈さに人生を浪費するには、あまりにももったいない」(わけわからんこという当方ボス談)

 とはいえ、様々な禁煙を試みているのが、当方のボスであり、中里先輩なのである。
 まず、7ミリから、5ミリ、1ミリとニコチンの含有量が少ない煙草かえる。
「ところが、しだいに本数が増えていく傾向にある。また、軽い煙草にしても、それだけ強く吸い込むから、効果はないらしい」(当方ボス談)
 禁煙ガムもやった。ニコチン入りのガムである。
「差し歯が抜けた。食事がまずくなった」(中里記者談)
 パッチ式もやった。
「肌がかぶれた」(当方ボス談)
 さらに、中国の漢方のうんじゃらもやった。
 禁煙外来にもかよった。
 ・・・・・・・・・・。
 せめて、1ミリのメンソールにしたぐらいか?
 つまり、禁煙できないのである。

 ところが、最近の流行の電子煙草である。
 煙の代わりに、水蒸気がでるというやつ。
 これは、各種類あるらしいのだが、

「煙の具合といい、USBで充電できるといい、価格も、交換フィルターの値段も手頃である。これが、一番」(当方ボス談)

 つまり、8種類ぐらい試したらしいのだ。
「1万円以下の商品もあるが、使いでが悪い」(当方ボス談)。

 で、最後にのこったのが、これらしい。

大人気 電子たばこ Simple Smoker シンプルスモーカー大人気 電子たばこ Simple Smoker シンプルスモーカー
販売元:Simple Smoker シンプルスモーカー
クチコミを見る

「ただ、モデルのおねーちゃんが、ケバそうで、腰をひいていたが、ま、それを割り引く必要がある」(当方ボス談)

 価格的には、10,800円から、13,000円。
 かなり開きがある。現状では、楽天よりも、アマゾンの方が安いようです。で、アマゾンをはっておきました。
 
「問題は、このフィルターである。このSimple Smoker (シンプルスモーカー)のフィルターは互換性が高く、安いので有名。フィルター一個で、煙草20本分ぐらい。普通なら、100−200円するけれど、ここだと、60円前後。コストが一番やすい」(さすがは、8種類ぐらい試したらしく、妙に詳しい当方ボス談)

 で、成果はどうかというと・・・・

「いわゆる煙草の消費で一番多いのが、仕事中や、PCに向かっている最中のくわえ煙草。これはやや習慣化しているだけに癖がわるい。下手にこのくわえ煙草を規制すると、名文が浮かんでこないから、物書きにとっては、痛し痒しである。ここで電子煙草をくわえると、煙草の本数が激減する」(当方ボス談)

 多いときに、一日に3箱だった喫煙量が、1箱前後になったというのだが・・・・。

 なるほど、最終的な禁煙にはいたっていないようですが、煙草の本数を減らすには効果があるようです。

 しかし、こんなおもちゃに、1万円もだすとは、愛煙家は無駄しているとおもうのは、オレだけでしょうか?


以上