田城郁



松崎明

松崎 明(まつざき あきら、1936年 - )は国鉄動力車労働組合元委員長、JR総連・JR東労組顧問。革マル派幹部とされている(組織名:倉川篤)。埼玉県出身、埼玉県立川越工業高等学校卒。愛称は松っつあん。

その思想と行動

黒田寛一から厚い信頼を受けており、革マル派の副議長(組織名:倉川篤 愛称:クラさん)と言われる。現在、関係は切れていると松崎は言うが、その思想と行動こそ革マル派の手法とされている。動労ではカリスマ的な指導力で、闘争を高揚させて国鉄労働運動、ひいては総評労働運動をリードしてきた。その頂点が1972年のマル生反対闘争であり、国鉄総裁が国会で陳謝して勝利解決した。その闘いから「鬼の動労」と呼ばれるようになる。

しかし、共産党系活動家排除を目的として1974年に全動労が分裂し、中核派活動家排除を目的に1979年には動労千葉が分裂しており、とくに動労千葉の分裂に際しては激しい暴力を伴う内部抗争があり、ここにも革マル派のセクト主義、内ゲバ志向、暴力的手法が散見されている。そして、このことが折りからの中核派との抗争を激しくし、松崎個人に対して宣戦布告とも言える「カクマル松崎せん滅」のスローガンを突きつけられることになる。松崎本人は襲撃を受けたことはない(未遂はある)が、旧動労の幹部や国労から脱退して新労組(いずれも現在はJR総連)を結成した幹部が中核派から襲撃を受けて多数の死者を出している。また、右翼団体からも言動・思想で対立軸になっている為批判をされているが、一水会の鈴木邦男とは反権力・反公安で親交がある。

1975年のスト権ストの敗北以降、春闘でのストライキはあったものの、国鉄分割民営化においては激しく闘うことはなく、早々に民営化に協力している。その際、過去の闘争を否定し、国鉄幹部や自民党議員との会談において「私は犯罪者でした」と語るなど「転向」したかにように見られた(いわゆるコペ転)。しかし、これは思想転向したのではなく、一時後退しても組織防衛を図る戦術であった。JR以降の思想と行動は東日本会社との蜜月関係である「労使協調」を除けば、反戦運動を闘争方針に掲げたり、月刊誌「自然と人間」では過去の動労の闘争を再評価するなど、「動労に先祖返りした」と言われる所以である。

JR総連から融資を受けて別荘を建てたが、これが融資ではなく、組合予算を流用したのではないかという疑惑から、2007年2月に業務上横領容疑で家宅捜索を受ける。この件を追及している週刊現代は特集記事をその都度掲載しているが、これに対して松崎は名誉毀損で告訴している。

2007年11月30日、警視庁公安部は、松崎をJR総連の内部組織「国際交流推進委員会」の基金口座から3000万円を引き出し横領した業務上横領容疑で書類送検した。直後に松崎はハワイの高級住宅地にある別荘を3千数百万円で購入。この購入資金は同協会職員の個人口座を通じてハワイの不動産会社に送金されており、公安部は横領した金が充てられた疑いがあるとみた。松崎は「妻名義の土地を売却して得た資金なども口座に入っており、私的流用はしていない」と容疑を否定。JR総連も「横領された事実はない」とした。2007年12月28日、東京地検は嫌疑不十分で不起訴処分とした。



 かってJR総連・松崎明の運転手兼ボディガードでしられているJR総連の田城郁氏。
 今年の参議院選挙で、民主党比例から出馬するといわれているのだが・・・・

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

JR総連の田城郁 民主党から参院比例は難航・・・ 2010年1月12日