「ぼやき三毛猫」日本がダメだと世界がダメになる
その国が出来る範囲の犠牲が出来ない同盟は信頼されない


 日米同盟は米国占領政策と冷戦構造の残りと言う人達が居る。
 沖縄の在日米軍の移転問題をそう切り捨てる事が出来る人は、真の同盟関係は分からない。

 むしろ、日本は常に欧米から日本の意思について、試されている時に答えられないでやってきたツケ(先送り)を抱えている。
 その結果が今の日本が置かれているの外交政策の根本的な問題だろう。

 自衛隊関係者でも占領政策の為に、我々は犠牲になっている言う人達がいる。
 それも少し間違っているだろう。

 あえて意図的に言うのなら分かるが、その前に日本の国益について自らに問い、平和呆け達に非難されても、常に誇りを持ってあるべき組織を構築してきたのか、誠実に答えられる者を育てる事が出来ない原因は、自らにあるのではないかという事を分かっているのかどうかだ。



日本の自立と日米安保50年






たった一人の自由党・犬伏が小沢問題を斬る



 
区議会議員いぬぶし秀一のホームページ



↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

その国が出来る範囲の犠牲が出来ない同盟は信頼されない  2010年1月31日