「本日のマーケット」
テクニカル的に反発。買い戻しが先行。
ただし、米経済減速懸念で戻りは鈍い。


  シカゴ市場の日経平均先物円建て清算値は大証終値比80円高の9380円で取引を終了。円相場が1ドル=87円台前半(20日終値86円83銭−85銭)で推移。
反発も、前日発表された米住宅着工件数が予想以上に減少するなど米国景気回復の減速懸念が広がっており、積極的には買いにくく、戻りも限定的とみる。引き続き為替 やアジア株の動向に左右される展開。
日経平均が前日下げた分を戻す可能性がある。
その分、個人投資家などによる利益確定売りが出やすい。

読んでおきた い記事:

<話題>防衛産業に朗報、F-X選定遅れF-2支援戦闘機追加調達か
10/07/20 19:05 [ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]


↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
テクニカル的に反発。買い戻しが先行。「本日 のマーケット」 2010年7月21日 8時32分