「本日のマーケット」
買い先行も上値重い。円高懸念が強い。日経平均は9500円台の攻防。
米国は金融緩和によるドル安政策。日本の菅政権はまったく無策。

・・・・米国は財政政策に手詰まり感があるなか金融緩和によるドル安政策を志向すると見られている。日本の当局が対応しなければ円高が日本株の上値を押さえることになる。「だが、菅政権はまったく無策状態」(外資証券)。「菅政権の金融当局者と情報交換する機会があったが、民主党政権になって、金融政策や指示はまったくないといっていい状態。日銀は日銀でかわらずガードを固めて、お山の大将状態。政治主導どころか、動脈硬化をおこしている状態」(経団連幹部)・・・・・

 この記事を読んでいる民主党の閣僚も多いはず。
「ただちに、メッセージだけでもいいので、市場に発するように!」(ここのボス談)

読んでおきたい記事:

臨時国会で郵政民営化促進法案提出、デフレ脱却には金融緩和・円安誘導必要=渡辺・みんなの党代表 10/07/26 15:52 [東京 26日 ロイター] 

・・・詳細は、会員制サイトへ。市場が開いている毎朝8時30分から 40分の間に更新。これを読んで、「相場で損した」とはいわせません。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓   ↓
米国は金融緩和によるドル安政策。日本の菅政権はまったく無策。買い先行も上値重い。円高懸念が強い。「本日のマーケット」 2010年7月27日 8時35分