「本日のマーケット」
為替次第で反発。輸出関連株には買い戻し期待。
ただし、債権が買われすぎ傾向、米国は債権売り株先買い傾向。

 日本株は米株よりも為替との連動性が強い。
 前日27日の日経平均は米ダウ<.DJI> が約100ドル上昇したにもかかわらず円高に上値を押さえられ小幅反落となった。
 前日の海外市場は一転、米ダウは小幅高、ナスダック <.IXIC> とS&P500 <.SPX> は小幅安とまちまちだったが、為替市場において対ユーロで114円台、対ドルで87円後半まで円安が進んだ。
 きょうの東京株式市場でも「為替重視」の展開が続く・・・・


・・・詳細は、会員制サイトへ。市場が開いている毎朝8時30分から 40分の間に更新。これを読んで、「相場で損した」とはいわせません。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓   ↓
為替次第で反発。輸出関連株には買い戻し期待。ただし、債権が買われすぎ傾向、米国は債権売り株先買い傾向。「本日のマーケット」 2010年7月28日 8時35分