「本日のマーケット」
売り先行。軟調な展開。「菅ショック」で円高進行。「リーマンショック」から2年。
だが、産業界はすでに円高対応しており9000円割れは限定的。
ただし中小企業、雇用には打撃。デフレ改善は当面無理。


「菅直人首相の再選で為替介入が遠のいたとの失望感から『菅ショック』もありうる。
ただし、産業界は海外で製造し海外で売るなど、国内企業の円 高に対する耐久力は強まってきている。『菅ショック』で円高進行があっても、9000円割れは限定的とみていいのではないか?政治に頼れない分、産業界は 耐久力をつけている。ただ、対応力のなり中小企業にはきつい状況はかわらない。雇用の劇的な変化は期待できない。逆に大企業の海外移転がすすんでいる状態 でむしろ悪化すると考えるのが素直なところ。デフレ改善は当面無理」(生保年金担当)

読んでおきたい記事;

米、中国との貿易戦争で勝ち目ない=中国政府系シンクタンク 10/09/15 00:01 [北京 14日 ロイター]



↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
売り先行。軟調な展開。「菅ショック」で円高進行。「リーマンショック」から2年。「本日のマーケット」 2010年9月15日 8時48分