3日の米国株式市場。続伸。FOMCの国債購入発表を好感、中間選挙で共和党が下院の過半数を獲得し政策期待。
ダウ工業株30種 <.DJI> は26.41ドル(0.24%)高の1万1215.13ドル。
ナスダック総合指数 <.IXIC> は6.75ポイント(0.27%)高の2540.27。
S&P総合500種 <.SPX> は4.39ポイント(0.37%)高の1197.96。
シカゴ日経平均先物12月限(円建て)終値 9280 (+110)大証終値比


3日の中国・香港株式市場。上海は続落、香港は大幅続伸。
上海総合指数 <.SSEC> は14.446ポイント(0.47%)安の3030.988。
ハンセン指数 <.HSI> は473.25ポイント(2.00%)高の2万4144.67。


2日の東京株式市場。引き続きトレンドも定まらず、様子見。
日経平均株価は前日比5円高の9,159円。
TOPIXは小幅安の803ポイント。
騰落銘柄数は値上がり512銘柄、値下がり973銘柄、変わらず164銘柄。
東証1部の売買代金は1兆1137億円。


「本日のマーケット」
FOMC後の円安進行で買い先行も乗り切れない
輸出関連株を中心に戻りがあるも限定的。
日銀金融政策決定会合待ちも期待薄。
出遅れの銀行株に注目。
5日移動平均線(9254円)、一目均衡表の「雲」(下限は9301円)を、朝方の買いで試せないようだと上値は重い。


外資系証券経由の注文状況は860万株の買い越し観測=市場筋 10/11/04 08:25

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
FOMC後の円安進行で買い先行も乗り切れない。「本日のマーケット」2010年11月4日