3日の米国株式市場。下落、雇用悪化。ダウは04年以来の長期低迷。
ダウ工業株30種 <.DJI> は97.29ドル(0.79%)安の1万2151.26ドル。
ナスダック総合指数 <.IXIC> は40.53ポイント(1.46%)安の2732.78。
S&P総合500種 <.SPX> は12.78ポイント(0.97%)安の1300.16
シカゴ日経平均先物6月限(円建て) 終値 9455 (‐65)大証終値比


3日の中国・香港株式市場。上海は反発、香港は続落
上海総合指数 <.SSEC> は22.839ポイント(0.84%)高の2728.020。
ハンセン指数 <.HSI> は304.28ポイント(1.31%)安の2万2949.56。


3日の東京株式市場。続落、雇用統計への警戒感。国内政治が混迷。
日経平均株価は前日比62円安の9,492円。
TOPIXは同9ポイント安の816ポイント。
騰落銘柄数は値上がり179銘柄、値下がり1,413銘柄、変わらず83銘柄。
東証1部の売買代金は1兆1096億円。


「本日のマーケット」
続落。下値を試す場面も。
政治の停滞が景気の足を引っ張る。
菅首相の早期退陣期待。
「最悪最低の菅総理のあとなら、誰でも評価される」

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
続落。「最悪最低の菅総理のあとなら、誰でも評価される」 。「本日のマーケット」2011年6月6日