今週の永田町
■【今週の永田町】:「河野洋平官房長官談話」のいい加減さの概要が明らかになった。それでも野党は反対し、韓国側の言い分に乗るのか?





■「河野談話」の作成過程と、韓国側の要請の概要が明らかに。福島瑞穂前社民党党首がオブザーバーとして聞き取り調査に加わっていた。

■元慰安婦16人:氏名が明確でない者が3人。生年月日が記載されているのは半数の8人。この8人の元慰安婦たちは生年月日すら、別の調査やインタビューでは全く違うことを述べている者もいる。

■河野談話」の文案、韓国側は「一部修正を希望する」と回答。約10カ所の修正を要求。「軍当局の意向」は「軍当局の要請」に書き換えられ、原案で慰安婦に対し「心からおわび申し上げる」とある所については、韓国側から「反省の気持ち」を付け加えるよう指摘される事となり河野談話に盛り込まれた。

■元慰安婦の聞き取り調査が行われた場所は韓国政府の公館ではなく、「太平洋戦争犠牲者遺族会」という反日的な民間団体の事務所。この遺族会というのは慰安婦賠償訴訟を支援する母体である。

■徳田毅の衆議院議員辞職。補選は4月15日公示、4月27日投票日。
4月1日から消費増税。「集団的自衛権の行使」「憲法改正」「武器輸出三原則撤廃」を目標とする安倍政権のみならなず、日本国にとっても最初の試金石。







 今週、永田町で何がおきるのか?
 何が話題になっているのか?


 政治記者必携!
 政治家、秘書、霞ヶ関の皆様も毎週チェックを忘れずに!
 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓   ↓ 

■【今週の永田町】:「河野洋平官房長官談話」のいい加減さの概要が明らかになった。それでも野党は反対し、韓国側の言い分に乗るのか?   2014年3月4日 9時16分