「本日のマーケット」
反発後に1万5000円に迫る。
ウクライナ情勢の緊迫化が和らいだとの見方。
もっとも重要イベントを前に様子見に傾きやすい。



4日の米国株式市場。急反発。S&Pは過去最高値を更新。ロシアのプーチン大統領がウクライナへの武力行使は最終手段との認識。
ダウ工業株30種(ドル)  終値 16395.88(+227.85)
S&P総合500種  終値 1873.91(+28.18)
ナスダック総合  終値 4351.97(+74.67)
シカゴ日経平均先物3月限(円建て) 清算値 14980 (+140) 大証終値比


4日の欧州株式市場。ロンドンは急反発。欧州は急反発。ウクライナとロシアとの軍事衝突をめぐる懸念が後退。
FT100種総合株価指数(ロンドン)  終値 6823.77(+115.42)
クセトラDAX指数(フランクフルト)  終値 9589.15(+230.26)
CAC40種平均指数(パリ)  終値 4395.90(+105.03)


4日の中国香港株式市場。中国は下落。香港では商いが膨らまない中で、ハンセン指数が反発。5日には全人代が開幕。
上海総合指数 は前日比3.76ポイント(0.2%)安の2071.47
ハンセン指数 は前日比156.96ポイント(0.7%)高の22657.63


4日の東京株式市場。5日ぶりに反発。朝方はリスク回避の売りが先行したが、ほどなくしてプラス転換。
日経平均株価は前日比69円高の1万4,721円
TOPIXは7ポイント高の1,204ポイント。
騰落銘柄数は値上がり1,310銘柄、値下がり377銘柄、変わらず99銘柄。
東証出来高   19億3199万株
東証売買代金  1兆7706億円


↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

参考にしているのは以下の情報と現場アナリストの生の情報。
ダウ・ジョーンズブルームバーグロイターモーニングスター


↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「本日のマーケット」反発後に万5000円に迫る。ウクライナ情勢の緊迫化が和らいだとの見方。2014年3月5日 8時35分