【時代小説発掘】
〈助太刀兵法40〉北斎蛸踊り(2)
花本龍之介



(時代小説発掘というコーナーができた経緯)


梗概
 葛飾北斎の娘お栄と、屋台のおでん屋で酒を呑むはめになった早船飛十郎は、北斎の命を狙う兆吉が、幼い頃親からひどいいじめにあったと聞いて驚く。しかし酒を呑むうち、お栄のあまりの口の悪さと品の無さに、へきえきして用心棒の話をことわって帰ってしまう。だが、あくる日深川の北斎の長屋にあらわれた飛十郎は、話をしているうちに仕事を引き受けるはめになる。三十両はかかるという飛十郎に、すりよったお栄は、そんなけちな金額じゃなく三百六十両でどうだと言う。あまりの話の大きさに、飛十郎は茫然となった。


【プロフィール】:
尾道市生まれ。第41回池内祥三文学奨励賞受賞。居合道・教士七段。
現在、熱海に居住している。


これまでの作品:

〔助太刀兵法31〕御家人馬鹿囃子
〔助太刀兵法32〕御家人馬鹿囃子(2)
〔助太刀兵法33〕御家人馬鹿囃子(終章)
〈助太刀兵法34〉夢泡雪狐仇討 ゆめのあわゆききつねのあだうち
〔助太刀兵法35〕夢泡雪狐仇討(2)
〈助太刀兵法36〉夢泡雪狐仇討(3)
〔助太刀兵法37〕夢泡雪狐仇討(4)
〈助太刀兵法38〉夢泡雪狐仇討(終章)
〈助太刀兵法39〉北斎蛸踊り





 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓   ↓  ↓  ↓  ↓

〈助太刀兵法40〉北斎蛸踊り(2) (無料公開)   2014年11月9日