一目で、本日の市場動向を占える。
株式、先物、FXトレーダーは必読。
市場のファンダメンタルは、これだけで十分!
ギリシャは玉虫色の決着か。
引き続き要警戒、基本はユロドルのチャートみておく。
本日は米国時間で米小売高。これまで、米国時間はテクニカルで抜けた。
本日は米小売高に注意。
また欧州では統計発表がある3つの時間帯に注意。
ここを押さえれば、欧州時間のブレイク狙いはあり。、
株式のほうは、東京時間で高値始まりするとおもうが、
またまだ、高値追いは危険。
むしろスイング、長期所有者の利確のチャンス。
相場の流れ、相場環境の見極めが、勝ち組と負け組の差。
多くのトレーダーは、相場つきの変化でやられる。
一つのテクニカルでは勝てない。



・・・


■「本日のマーケット」

 12日の東京株式は、反発後に日経平均株価は1万8000円を伺う。
 米シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、10日大阪取引所の終値比370円高の1万8010円。 

後略

■「本日の為替マーケット」

予想レンジは
ドル/円が119.90―120.90円、
ユーロ/ドルが1.1280─1.1400ドル、
ユーロ/円が135.80―137.10円。
(注意:予想レンジに関してはロイター伝をそのまま利用。理由は、そもそも予想レンジは、そう正確に予想できない。ビボット、日足、週足の高値安値など複数が可能だが、ひとつの基準としてロイター伝を使用。また、複数のトレーダーが参考にしているという意味もある。ライントレードをするなら、一つの基準として参照。ここから、自分の考えるラインを引きなおしてみる・・という使い方がベストだが、ラインだけにこだわると、たいてい勝てない)

後略
 
■「本日の相場の抜きどころ」(トレーダー玄さん)

 ギリシャ問題が、玉虫色ながら軟着陸の可能性。
 ただし、引き続き要警戒。基本は、ユロドルのチャートをみていればオケ。
 指標では、米国の小売売上高。今週は、米国時間はテクニカルで比較的楽に抜けたとおもうが、米小売売上高は注意。

後略
 

↓ ↓ ↓ ↓ 詳細と相場の流れ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「本日のマーケット」高値始まりするが、むしろ利確のチャンス。ギリシャは玉虫色の決着か?引き続き要警戒2015年2月12日 8時30分