「本日のマーケット」(FX編)

きょうの予想レンジは
ドル/円が119.40―120.60円、
ユーロ/ドルが1.0790─1.0920ドル、
ユーロ/円が129.50―130.80円。

東京市場でドル/円は、国内実需筋による年度末のレパトリ(資金の自国への還流)の動きが意識され、上値は重くなりそう。
一方、国内投資家のドル買い意欲は強く底堅さもあり「レンジ感が強まりそうだ」(国内金融機関)という。
材料難から大きな値動きは期待しにくいとみられ、120円ちょうど付近を軸にもみあう展開を予想。株価との連動性は薄れており。株価がよほど大きく動くようでなければ、ドル/円に影響しにくい。


23日重要指標〔予想〕 (前回)

3月月例経済報告

17:40 メスター米クリーブランド連銀総裁、講演
19:00 クーレECB理事、講演
20:00 英3月CBI製造業受注指数 〔+9〕 (+10)
21:30 米2月シカゴ連銀全米活動指数 〔+0.10〕 (+0.13)
23:00 米2月中古住宅販売件数 〔492万件〕 (482万件)
23:00 ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁、講演
23:30 ドラギECB総裁、欧州議会で証言
翌0:00 ユーロ圏3月消費者信頼感・速報値 〔-6.0〕 (-6.7)
翌1:20 フィッシャーFRB副議長、講演
翌2:15 メルケル独首相、ツィプラス・ギリシャ首相、会談



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


「本日のマーケット」(FX編)2015年3月23日 8時55分