・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「相場の流れ、相場付きの判断」をする上で重要になるのが、「マーケット分析」
 そのベースになる、
 株式編の「本日のマーケット」(株式編)
 FX編の「本日のマーケット」(FX編)
 の二つの作り方を公開。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「本日のマーケット」(株式編)・・・模様眺めの展開

 模様眺めの展開。
 為替相場は、ドル・円が1ドル=119円台前半(14日終値119円86−88銭)と円高に振れる一方、ユーロ・円が1ユーロ=127円台前半(同126円42−46銭)と円安に傾いている。
 対ドルで円高となっていることや、日本時間の午前11時に中国で1−3月期GDP(国内総生産)や3月小売売上高などの経済指標の発表が予定されていることから、手控えムードが広がる。
 ただ、物色意欲はおう盛で、消去法的に値動きの軽い小型株へ矛先が向かう。
 米国株式市場のADR(米国預託証券)銘柄は円換算値で、ソニー<6758>、任天堂<7974>、NTT<9432>などが安い。
 米国シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、大阪取引所の終値比と変わらずの1万9910円。

 外国証券の寄り付き前の注文動向―380万株の買い越し
 主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り1080万株、買い1460万株で、差し引き380万株の買い越し。買い越しは6営業日連続。金額(6社ベース)も買い越し」
・売りセクターに、電機、自動車、小売、銀行、機械、サービス、情報通信、輸送用機器など。
・買いセクターに、建設、化学、電機、その他金融、サービス、食品、情報通信、小売など。


15日のスケジュール
【国内】
・黒田日銀総裁、信託大会であいさつ
【海外】(時間は日本時間)
・11:00 中国3月小売売上高、中国3月鉱工業生産、中国3月都市部固定資産投資、中国1−3月期GDP
・15:30 インド3月卸売物価指数
・21:30 米4月NY連銀製造業景気指数
・22:15 米3月鉱工業生産・設備稼働率
・ECB定例理事会(ドラギ総裁会見)
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)
・台湾の最大野党である民進党、16年初の総統選挙に出馬する公認候補を決定
・決算発表=U・S・バンコープ、バンク・オブ・アメリカ、ネットフリックス、サンディスク





///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



「本日のマーケット」(株式編)・・・模様眺めの展開2015年4月15日 8時26分