・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「相場の流れ、相場付きの判断」をする上で重要になるのが、「マーケット分析」
 そのベースになる、
 株式編の「本日のマーケット」(株式編)
 FX編の「本日のマーケット」(FX編)

 その作り方については、バックナンバーを参照。
「トレーダー玄さん」が毎日チェックしている手法を公開。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「本日のマーケット」(株式編)・・・売り先行。
 売り先行。
 現地6日の米シカゴ市場の日経平均先物円建て清算値1万9340円(1日の大阪取引所の終値比200円安)にサヤ寄せするスタート。
 東京市場がゴールデンウイークの休場の間、NYダウは上昇後、下げに転じ「往って来い」の格好。
 イエレンFRB議長の米国株式に対する発言を警戒する動きが波及し、売りが優勢となることを想定したい。売り一巡後は、落ち着きどころを探る動き。
 為替相場は、ドル・円が1ドル=119円台の半ば(1日終値119円78−80銭)の円高に振れる一方、ユーロ・円が1ユーロ=135円台の半ば(同134円83−87銭)と円安に傾いている。
 米国株式市場のADR(米国預託証券)銘柄は円換算値で、1日の東京終値に比べ、ソニー<6758>、ファナック<6954>、トヨタ<7203>などをはじめ、ほぼ全面安。

 外国証券の寄り付き前の注文動向―560万株の買い越し
 主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り1520万株、買い2080万株で、差し引き560万株の買い越し。買い越しは9営業日連続。金額(6社ベース)も買い越し」
・売りセクターに、電機、小売、機械、空運、自動車、建設、卸売、陸運、情報通信、銀行、精密など。
・買いセクターに、機械、情報通信、電機、サービス、食品、銀行、証券、商社、空運、自動車、電力、電子機器など。


7日の主な経済指標・スケジュール
【国内】
・8:50 4月マネタリーベース
・決算発表=双日<2768>、住友ゴム<5110>、LIXILG<5938>、ブラザー<6448>、キーエンス<6861>、ドンキHD<7532>、任天堂<7974>など

【海外】(時間は日本時間)
・英国総選挙
・決算発表=プライスライン・グループ



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



「本日のマーケット」(株式編)・・・売り先行。2015年5月7日 8時22分