オフイス・マツナガのブログ

カテゴリ: 【Winny 対策】

 IT音痴の雑誌記者が、いかにウィニーを完全かつ、有効に活用しようとしたかの、弥次喜多道中記である。
 これまで、ウィニー対策ウィニー対策2を備忘録として記してきたが、やはり、ちゃんとしたことを知りたければ、ここを、見てもらいたい。なんせ、うちはIT音痴だから・・・。

Winny事件に関する最新情報サイトである。


「ウィニーにおける情報漏洩を防ぐには、ウィニーを禁止すればいいのだ」
 ときわめて短絡的な考え方をしている人が、実は、警察庁の複数の幹部にいることは事実だ。これはウィニー開発者逮捕という、異例の事件をみればわかるのだが、ここではふれない。

 正しくは、ウィニーにおける情報漏洩を防ぐには、ウィルス対策をちゃんとすればいい。となる。
 すでに、ウィニー以外による情報漏洩があいついでいる。ウィニーだけを、血祭りにして、禁止すればいいもんじゃないというのは、だれがみてもわかることだ。

 では、このウィルス対策というやつ。
 実は大変に面倒くさい。

続きを読む

 これは、ITベタの現役記者が、「ウィニーは日本が世界に誇るソフトである」という理解のもとに、いかに安全かつ、適切にウィニーを積極的に導入するかにいたった備忘録である。

 前段階は、長いが、まずウィニー対策を読んで欲しい。

 で、整理すると、ウィニーと、ウィニーにおける著作権の侵害問題、ウィニーにおける情報流出の問題は、厳密に区別しなくてはならないということだ。

1)ウィニーは優れたソフトである。とくにその匿名性。共有性
2)著作権をめぐる問題は、ウィニー使用者の問題であり、ソフトそのものの責任ではない。
3)情報の流出問題は、ウィニーそのものの責任でなく、ウィルスの問題である。

 とITベタの現役記者は理解した。
 そこで、活用すると、ボスが命じた。

 そこで、本稿にはいるのだが、オレはずるいから、2)の問題に関しては、現段階でパスさせてもらう。あとで論ずるかもしれないが、ボスは「記者風情が安易に、論を論ずるな・・・。安易な評論家になるな!」といつも戒める。
「だいたい、記者とかジャーナリストなんて、そこそこの大学を出ていてインテリの気分でいるが、やっていることは『朝駆けに夜討ち』で『源資料のパクリに、下手するとねつ造』だから、えらそーに、ノーガキ垂れるな!」というわけだ。これは、何も西澤孝さんのことをいっているのではない。ガキの頃に、一度は尊敬したことのある本多勝一さんをみていると、よーくわかり、オレは、オレなりに納得している。もちろんこれに関しては、反論があってもオレは、聞き耳はもっているが・・・。さらに、単純に右とか左とかで差別したり、峻別はしない。ま、こちらの都合で区別はするけど。それぐらいは、オレの勝手だから許して欲しい。

 

続きを読む

 ウィニーのウィルス被害による情報流出がたえない。
 実は、うちの事務所には、ウィニー専門のボロPCを一台おいている。これは、某米国のIT系のジャーナリストにおしえてもらってから、あたらしもの好きのボスが「第3の取材方法として、ウィニーを活用せよ!」とわけのわからんこといいだしたからだ。

 ウィニーとそのウィルスについては、その、専門的な話は他のブロガーさんに譲るとして、IT音痴の現役記者が、どのようにウィニーを理解し、活用し、かつ挫折し、その対策を練ったかを披露しようとおもう。

「ウィニーは大変にすぐれたソフトである。本来ならノーベル賞もののソフトだ。日本人はなぜ、その自国のソフトを大事にしないのか?なぜ、逮捕しちゃうのか?」
 これが、外国人特派員協会から、ボスのところに紛れ込んできた、某米国のIT系ジャーナリストが、発した第一声である。ま、相手は、米国人だから流ちょうな英語を話す。うちのボスは、「英語のできないジャーナリストは実は愛国者で、オレなんか戦後教育に犯されてしまい、中途半端に英語を理解する、中途半端なジャーナリストになってしまた」と自嘲するぐらい、すごい英語を話す。もっとも日本語もすごいが・・・・。

(注意・かなり脱線するが、英語教育に関しては、、「小学生に英語?バカか」てっくさんの、「小学生に英語?バカか」参照。ちなみに私も、場汚し的なコメントをしているので、探してみてください)

続きを読む

このページのトップヘ