オフイス・マツナガのブログ

カテゴリ: 【サーベラス関連】


 そういえば、サーベラス問題のきっかけも、毎日新聞だった。
 そのサーベラス問題で、ハゲタカファンドの手羽先というか、鉄砲タマ役をになった平和奥田が上場廃止になった。
 平和奥田に関していうと、うちのボスや辻野記者が、相当に詳しい資料やら、ネタをもっているのだけど、なんと、休日をとってまだ現場にもどっていない。

 そうしたら、親愛なる大日本セキュリティ総合研究所さんが、平和奥田上場廃止。 2008/07/21 (Mon)というエントリーです。
 とにかく、ここをみてください。

 問題になった糸川テープもしっかり保存されています。
 ここで聞けなくなったら、連絡ください。
 他でも保存しているとろこがあります。
 というか、無差別的に拡散したので、あちこちに保存されています。
 実は、うちもすべてを掌握しているわけじゃない・笑。

 多くのブロガーさんに感謝します。

 話せば長くなるサーベラス問題・・・・・。そして毎日新聞の果たした役割・・・・。そこで重要な役割を果たして毎日新聞幹部・・・・・。当方の一連の記事で、途中から逃げ出した政治家。元大蔵官僚。そして、当方への執拗ないやがらせ・・・・。

 現在も進行中です。
 興味のある方は、【サーベラス関連】 (39)という当方のエントリーへどうぞ!
 まだまだ、進行中です。

 なお一般ニュースでどう報じられているか、知りたい方は、
 平和奥田に関するニュース
 へどうぞ・・・・・

 また、サーベラス問題って何?
 なんで、毎日新聞なの?
 と思った方。
 いきなりうちのエントリーにいっても、よーわからんと思った方。
 
 以下のフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』へどうぞ!
 あ!うちはボスの命令により、編集、加筆には一切参加していません。
 ログみたらわかりますね?

サーベラスとは?

サーベラス(Cerberus)は、アメリカ合衆国 アメリカの不動産投資会社である。アメリカの年金基金や機関投資家などから集めた[投資信託を基に運営されている。アメリカの元副大統領ダン・クエール氏が顧問を努めている。
サーベラス傘下企業による東京都青山での土地取引に暴力団関係者が関係したとの報道により名誉棄損されたとして、毎日新聞社に1億ドル(約115億円)の損害賠償請求をニューヨーク連邦地裁に提訴した。
サーベラス・グループ系の不動産会社「昭和地所」(東京都中央区)が行った東京都港区南青山の買収に、山口組系暴力団と関係者が関与していた。昭和地所副社長も暴力団とのつながりについて認めている。

サーベラスの詳細

参考: サーベラスに関するニュース
    サーベラス・キャピタル・マネジメントに関するニュース    


 
以上


 これも問い合わせ多数あって、現在もある件です。

  サーベラス問題、この問題の発火点になった「南青山3丁目」の土地の件です。

  参考:【サーベラス関連】 (38)

 ご存じの方は、ご存じで、ご存じない方は、まったくご存じのない件です。
 これで、うちの事務所が火だるまになりかけた件です。
 ボスが、資金ショートをおこして、遠藤顧問からカネをかりた件です。
 いわゆるいわくつきの件です。

 これは、かなり詳細な情報があるのですが、鋭意取材中です。
 しかし、当方とは、相互リンクしている東京アウトローズWEB速報版さんが、さりげに、しかし、しっかりと報道してくれています。

 ぜひ、【ミニ情報】都内有名事件物件「南青山3丁目」、第1回入札で落札者現れず2008年5月21日 (水)

 を、みてください。

続きを読む

 

大日本セキュリティ総合研究所さんのところの以下のエントリー

 チンピラ不動産屋の最期。
 何かまた変な事をやっているようです。

ネット潜水艦さんのところの以下のエントリー

 政商は政商が上書きする

アクセスジャーナルさんのところの以下のエントリー

 国際興業と平和奥田の土地疑惑ーーニセ記者が登場。警視庁などに告訴 2008/02/01

 

 ついでといっては何なんですが、サーベラスでは必ず登場する「平和奥田」さんが、助演男優賞・候補です。

 平和奥田・・・サーベラスとの土地取引での暗部が露呈か?

 

以上

 

 

 


国際興業の状況

  国際興業は、非上場だが、埼玉県や東京都で路線バスを運行するほか、富士屋ホチルチエーンやハワイなど、国内外のホテル経営・ゴルフ場運営・住宅デベロッパ一など。幅広い事業を展開する有力企業ダルーブである。
  しかし、平成4年〜平15年にかけてのバブル崩壊、長引く景気の低迷で、国際興業グループは観光部門の低価格競争やハイヤ一部門の大口取引先の落ち込みが影響し、経営が悪化した。また、無理な事業拡大を続け経営難に陥り。有利子負債は約5000億円 (平成16(2004)年3月末)に上った。
 国際興業の再建は、平成16年4月22日頃、旧UFJ銀行などの取引先金融機関から国際興業グループ向けの貸出債権約5000億円をサーべラスが半値の約2500億円で一括購入するという再建策アスタートした。
 平成16年12月21日サ一べラスから河井一彦が代表取締役に就任し、これにより、国際興業は株主責任 (ダループ企業の国際不動産や故小佐野隆正氏ら創業者一族が主要株主)を明確はするため、平成17年8月24月に貸本金100%減資したうえで,サーぺラスが65%を、残り35%を小佐野社長や創業者一族が出資して株主となった。国際興業及び国際興業グループは、新しい債権者であるサーべラスの傘下に下った結果、国際興業の取締役の構成は下記のようになった。
                                   
                                
(創業者サイド)
   代表取締役 小佐野 隆正
   取締役 祖父江 詔治
(サーべラス サイド)
  代表取締役副社長 河井一彦
  取締役 清水敏聖
  取締役 マーク・ユイ・ネボラント

犯罪事実
 
 被告発人河井一彦は、外資ファンド サーべラスから出資先に役員として派遣された国際興業の代表取締役副社長としての地位を利用し、サーべラスと不動産の売買に関して業務提携関係にある被告発人小倉善紘と共謀して、サーべラスが支配権を有する国際興業の重要な資産である下記の不動産(時価23億円)(以下「大利根土地という)を、小倉善紘が代表取締役を務める平和奥田株式会社に対し安値 (4億8000万円)で売却を仮装して移転し、国際興業に金18億2000万円(23億-4億8000万円=18億2000万円)の損害を与えた。
                                   

(大利根土地の表示)
      
 所在地:埼玉県北埼玉郡大利根町大字琴寄手下川島47
         他151筆
  地 目:田、畑
  地 積: 97.640.08 (29.586.12坪)

 平和奥田は、本件農地の雑種地への平成18年9月25白に地目変更をまって、平成18年9月28日に国際興業は平和奥田に売却し、同日付、平和奥田は株式会社ランドプロデュースに売却し、直ちに現金化し、利益を出した。
―衢権移転
  平成18年9月28日受付
  第11404号
  原因 平成18年9月28日売買
  所有者 滋賀県東近江市東沖野1丁目7巻i0号
         平和奥田株式会社

⊇衢権移転
  平成18年9月28日受付
  第11406号
  原因 平成18年9月28日売買
  所有者 東京都港区元赤坂1丁目1番5号
          株式会社ランドプロデユース

続きを読む


 今月発売の「財界展望」2008年3月号

農地法違反の疑いも
国際興業「所有地安値売却」の奇っ怪

ジャーナリスト 山岡俊介

 埼玉県大利根町に国際興業が所有していた広大な農地。同社はその所有地を全て売却したが、その額は異常に低いものだった。売却に関しては一部関係者が刑事告発に動くなどしていた。さらには、農地法違反の疑いも指摘されていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 


 サーベラス問題で、南青山の土地取引や、糸川議員脅迫事件でも登場した平和奥田。しかし、その後、経営状態は悪化。昨年、銀行主導で社長が交代したばかりだ。平和奥田は、大阪証券取引所2部上場会社。しかし現在は管理ポストに移管されている。
 
 一時は、サンデープロジェクト(テレビ朝日・朝日放送系全国ネット)や株式ワイドオープニングベル(テレビ東京・テレビ大阪・テレビ愛知)へのテレビCMも提供していた。

  1月26日の日本経済新聞の朝刊

平和奥田が違法配当か、監査法人が指摘。
2008/01/26, , 日本経済新聞 朝刊, 39ページ

 中堅ゼネコン「平和奥田」(滋賀県東近江市)が、二〇〇六年九月期決算を粉飾して原資を捻出(ねんしゅつ)し、約一億一千万円を違法配当していた疑いのあることが二十五日、分かった。平和奥田側も大筋で事実関係を認めており、監査法人の指摘を受け、裏付け調査を進めている。
 

 という記事があった。これが全国版。これだけでは一体何があったかわからない。ところが、大阪版では・・・・

 平和奥田、違法配当か、06年9月期、粉飾で1億円超――5億円不明朗支出。2008/01/26, , 日本経済新聞 大阪朝刊 (社会面)


 旧経営陣の不適切な会計処理が明るみになった中堅ゼネコン「平和奥田」(滋賀県東近江市)が、二〇〇六年九月期決算を粉飾して原資を捻出(ねんしゅつ)し、約一億一千万円を違法配当していた疑いのあることが二十五日、分かった。監査法人の指摘を受け、裏付け調査を進めているという。東京都内などの不動産取引を巡る約五億円の不明朗な支出も判明。会社側は旧経営陣の法的責任を追及する。
 関係者によると、〇六年九月期決算で約三十億円の利益剰余金を計上し、一株当たり十六円、総額一億一千万円の配当を実施した。
 しかし、監査を担当した「かがやき監査法人」(愛知県安城市)が一連の不適切な会計処理を踏まえて決算書を洗い直した結果、少なくとも同期決算では配当に回す原資が足りなかったにもかかわらず、決算を粉飾して違法配当した疑いが出てきたという。
 平和奥田側も「監査法人から指摘を受け、違法配当の可能性を認識している」と、大筋で事実関係を認めている。
 会社側は今月十八日、架空の売上高を計上するなどの不適切な会計処理があり、黒字計上していた期も含めて実際は四期連続(〇四年九月期―〇七年九月期)の赤字で、債務超過額が七億六千万円に上ることを明らかにした。
 二十五日に開いた二度目の記者会見では、〇六年九月期までの三年間で、不適切な会計処理が計四十三件、総額約五十二億七千万円分に上ることを公表した。
 一方、旧経営陣時代に東京都内と横浜市の土地取引を巡り、関東地方の不動産会社二社に「土地取りまとめ委託料」として計約五億三百万円を支払ったが、実際には土地の売買が行われていなかった。
 「地上げ」目的の取引話だったが、二社が買収事業にあたっていたかを確認できないという。「暴力団関連企業かどうかも含めて調査中」と述べるにとどまった。


平和奥田、違法配当か――社長代行会見、追及に歯切れ悪く。
2008/01/26, , 日本経済新聞 大阪朝刊 (社会面)


 この日の記者会見では、東京都内の土地取引を巡る不明朗な巨額支出について質問が集中したが、小倉善紘社長代行らは「言えない」「調査中」などと、歯切れの悪い回答を並べた。
 昨年二月、平和奥田の相談役の名刺を悪用し、東京・南青山の土地取引に関する国会質問をやめるよう国民新党の糸川正晃衆院議員を脅迫したとして会社役員が逮捕、起訴される事件が起きた。
 事件を持ち出して「東京都内の土地とはどこか」の質問に、小倉社長代行らは「所在地は言えない」とかたくなに拒んだ。地上げ絡みの取引話だったことを認め、堂々巡りのやりとりの末、「暴力団の関与はない」とする説明を「現段階では分からず、調査して公表する」などと修正した。
 情報開示に消極的な姿勢に「投資家や従業員への説明になっていない」との声が飛び交い、次期社長に就任する中嶋定彦最高顧問は「ウミを出し切って一から再建したい」と伏し目がちに話した。
 

 参考:国際興業 大利根土地売却問題 2008年02月02日

続きを読む


 例のサーベラス問題なんだが、なんか、年末にかけてガタガタしている。
 そのひとつが、既報済みの、

 サーベラス問題 新展開!あおぞら銀行に飛び火か? 2007年12月15日

 のTrracii Showさんが、「決定的な証拠をもって来年早々に来日する」といっているし、

 「サンタモ二カ・デイリー・プレス」に届いた「サーベラスからの抗議文」 2007年12月18日

 のロス・フルカワ氏も、「いつでも来日して会見を開く用意がある」といっている。

 さらに、サーベラスに買収された国際興業なんだけれど、あの政商といわれた故小佐野賢治さんがつくった会社なんだけれど、やはりというか、サーベラスに買収されて、国際興業が所有しているお宝の「帝国ホテル」が切り売りされたことは、記憶にあたらしいけれど、実は、「帝国ホテル」だけでなくて、国際興業が所有している、

まかど温泉富士屋ホテル
まかど温泉スキー場
富士屋グランドホテル
ホテルニュー薬研
十和田富士屋ホテル
十和田湖遊覧船
ホテル青森
ホテル鹿角
みちのく国際ゴルフ倶楽部
十和田観光電鉄

 などが、切り売りされる可能性がでてきたという。

参考:小佐野賢治-youtubeで見るニュース
     帝国ホテル-youtubeで見るニュース
          国際興業-youtubeで見るニュース 
          サーベラス政治-youtubeで見るニュース           
        
 さらに、国際興業が埼玉県は大利根に所有していた3万坪の土地が、サーベラスによって、切り売りされたのだけど、どうもこの土地取引をめぐっての、不明瞭な部分が浮上する可能性があるらしい。

 いずれも、年明けには明らかになるとおもうけれど、サーベラスだけでなくて、サーベラスが買収した国際興業を中心に一騒動おきそうです。

 ボスいわく、
「サーベラスが米国の国策としてのハゲタカファンドだとしたら、国際興業さんもかっては、日本の国策会社だった。そこに、サーベラスが手をだしたということは、なにをいわんかだな・・・。別にオレが事をおこさなくても、事はおきる」
 だそうです。

 なんか年末だというのに、何かあわただしい。

 なお、猫の死体は送りつけないでください。
 動物愛護精神に反します。
 

以上


 サーベラス問題が新たな展開をはじめている。
 そのひとつである、Trracii Showさんの手記の、英文と邦訳を掲載した。

Cerberus Story by Tracii Show 2007年12月18日
サーベラス・ストーリー by トレイシー・ショー(邦訳) 2007年12月18日

 また、この件の経緯については、

サーベラス問題 新展開!あおぞら銀行に飛び火か? 2007年12月15日

 さらに、この問題の全体像がどうなっているか?ということをしりたければ、まとめ上手のネット潜水艦さんの焼鳥屋の火事2007/12/16を参考ください。

 Trracii Showさんの手記をよんでもらえばわかるように、この「サーベラスの案件」は、日本のマスメディアだけでなく、米国のメディア、AP、ビジネスウィーク、デトロイト・フリー・プレスなども、やや及び腰の状態だということがわかる。

 そうした中で、「サンタモ二カ・デイリー・プレス」(Santa Monica Daily News)が「Alleged land sharking in Japanese Real Estate」というタイトルで記事にしている。
 参考:サーベラス」はロサンゼルスでこう報じられた 2007年11月02日

 しかし、やはりというか、サンタモ二カ・デイリー・プレスの発行人であるロス・フルカワ氏によると、サーベラスの代理人の弁護士から抗議文が届いているというのだ。それを紹介したい。

 


  

続きを読む


6月末、私は仕事で日本に来た。

かつて、私は、サーベラが地上げを含み、日本で行われている数々の悪行を行っていることをアメリカの新聞に明らかにするように頼まれた。

私は10代の頃から日本でモデル業を行うなど、日本では多くの時間を過ごし、日本を愛している。
また、個人的に親しい友人が直接的にサーベラスの被害にあっていることも聞いた。

この話を聞いたとき、私の友人、他の日本人の家族および日本のビジネスが被害にあっていると聞き、私は憤慨した。そんな折り、小佐野さんから直接、彼女の心に痛みを聴き、胸が痛んだ。

最初にAPに接触したときは、彼らは非常に興味を持ち、APとのやり取りも順調だった。

サーベラスの事件は日本のAPのレポーターに引き継がれ、日本でのインタビューも行われた。

AP日本のレポーターである景山ゆり氏は私にコンタクトを取り、更なる事件の根拠資料を求めたので、送付したところ、突然、連絡が途絶えるなど、不審な行動を取るようになった。

 

続きを読む

In late June, I was in Japan on a business trip.
I was asked to deliver the Cerberus story and it's contents to an American newspaper
and/or media, in order to educate people about all the wrong doings ofC in Japan, and the land sharking business and threats, which took place there.
I love Japan, and I've spent a lot of time there, since modeling as a teenager in Tokyo.
I also have a very close friend and business associate who was personally affected by the doings of Cerberus.
When I learned about this story, I was outraged for my friend, and other Japanese
families and businesses. I spoke with an Oba-san (Osano san) while I was in Tokyo, and heard the pain in her voice.
When I contacted the Associated Press (AP) about the story, they were very interested and responded.
The story was directed to a Japanese AP reporter in Tokyo for Japan reporting, interviews in Japan, etc.
The reporter (Yuri Kageyama) contacted me from Tokyo with questions about the story,requesting further documentation, which I provided to her.
Then, she started acting strange and stopped communicating about the story.

 

続きを読む


 サーベラス関連のエントリー関係者へ業務連絡です。

 一昨日から、当方のメールアドレス、ボスが名刺に刷り込んでいるメールアドレスに大量のウィルスメールが送られています。
 通常の、ウィルス駆除ソフト(最新版にアップしているのが条件)があれば、ほとんど駆除されると思うのですが、ドジなうちのボスの個人用のPCがウィルスに汚染されました。
 事務所のPCは何も被害はありません。
 ボスのPCのウィルスの汚染状況ですが、あまり詳しくかくとあれなんですが、一部、ハードデスク内のテキストがなりすましによって流出したきらいがあります。

 幸いには、ボスのPCは、暗号化ソフト・Encrypta Client Ver.1.1を導入していますので、実質的な被害はないとおもいます。

 これが単なる偶然か、何らかの因果関係があるのか、たんなるボスのドジなのかついてはわかりません。

 現在、専門家に委託して調査しています。
 ちなみに、攻撃用のプロクシは、中国経由でした。

 皆様におかれましても、もう一度、ウィルス駆除ソフトと、その最新版へのアップを確認してください。

 なお、この件に関しては、不用意なコメントはご遠慮ください。
 連絡には、当方ブログのメールをご利用ください。

以上

管理人より。

量子暗号 絶対に盗聴されない暗号をつくる
石井 茂
日経BP社 (2007/10/25)
売り上げランキング: 2829


 どうやら、サーベラス問題に新展開があったようだ。

 最近、ファンサイトまでできて、手荒く賞賛されている二階堂ドットコムさん。

■ あおぞら銀行が25万ドルを提示して懐柔しようとした・・・

 <匿名希望さんより> これは、トレーシー・ショーが、ウォール ストリート ジャーナルの指示で、ウォール ストリート アジアのサーベラス担当記者に送付したメールで、タイトルは「サーベラス ストーリー」です。FBIから送りつけられてきました。ぜひ二階堂さんのところで公開してください。

 いつかは、でるかとおもったFBIですが、日本にまで出張してくるとはおもってもみませんでした。あ、うちはCIA関係者かも知れない人からの接触はありましたが、残念ながら、FBIもしくは、FBI関係者とおもわれる人物からの接触はいまのところありません。日本の金融庁、および日本のSEC関係者とは、うちのボスが先週ゴルフしています。「チョコレート3枚巻き上げた!」(ボス談)と自慢してましたから・・・。

 最近、F5攻撃と揶揄されながら、しかし、みんなが羨望している大御所のネット潜水艦さんは、

 国際怪文書

 で、問題の「サーベラス ストーリー」が貼り付けられています。
 補足しますと、怪文書とは出所不明、真贋不明のものをさしますが、当方で確認したところ、これは間違いなくトレーシー・ショーさんが、書かれたものです。つまり、真性のものです。

 検索八分にあっていたが、最近、検索八分から解除されたような大日本セキュリティ総合研究所さんは、

あおぞら銀行!!その25万ドルこっちへ渡せ!!
さぁ。どうするサーベラス?

 と2本だてできています。
 さらに、自腹を切ってつくった海外サーバーで、
itokawatape.orgfree.com/
 で、関係資料を全部、保存してくれました。


 

続きを読む


 昨日、複数のマスコミから問い合わせがあった。
 「おたく、どの資料を公開する気?」 とサーベラスに関する問い合わせが約2件。
 「米国の司法省の関係者が極秘来日しているという件」に関しての問い合わせというか、情報交換が約1件。

 これは、サーベラスの件か?防衛省利権問題の件かは、よーわからんけど、マジに司法省の関係なら、防衛省利権の関係でしょう。サーベラスの件ならすでに、別の管轄のところが、すでに来日して資料収集している。詳細はさすがに教えてくれなかったけれど。

 ま、計3件だから、複数でしょう。

 ですから、じゃんじゃん電話がはいって、がんがん問い合わせがあったというわけではありません。
 

 しかし、うちがもっている資料というのは、実は複数のマスメディアの人ももっているもの。その一つが、既報済みの「Santa Monica Daily News」が、サーベラスに訴えられそうになっている件。サーベラスから執拗ないやがらせうけた、ハリウッドの有名テレビプロデューサーTracii Showさんの件。Tracii Showさんの証言によると日本のサーベラス傘下の「あおぞら銀行」が、25万ドルで買収にかかったとかいう話の件。

 うちのボス、
「あ、いいよ!おたくが第一報を報じたいのなら、うちは待ってもいい」
 と鷹揚なものです。

「あのな、記者というのは、常に第一報をスクープとして真っ先に報じたがるものだし、それが勲章みたいにおもっている人もいるけど、実は、それは単なる自己顕示欲や自己満足だけだという場合もある。逆にこれが罠になる場合もある。この罠にはまって、つぶれた記者や、飛ばされた編集長も編集局長たくさんいる。これが実は、マスメディアにおける最大の罠なんだなこれが。
 うん?おれも、それで何度か、痛い目にあったわけだ」(ボス談)

 日本のメディアだけでなくて、これに関しては、世界のAPさんが、かなり綿密かつ執拗に取材しているわけです。

 というわけで、うちは少し待つことにしました。
 この間に、アクセスジャーナルの山岡さんが、有料なんてケチなこといわずに、がんがん流すといいのにね。

「待つことも、記者の仕事」(ボス談)
「待ちすぎて、寝てしまったボス」(辻野記者談)

 と、本当のこというと、これに関しては、事務所内で微妙なニュアンスの違いがあります。
 
 オレは、新人なんで、よーわからん。

 とりあえず、以上。


 ライブドアニュースが、なんと「サーベラス問題」を報じました。
 さすがに、「言論弾圧に強いライブドア」です・・・・。

 ただし、アクセスジャーナルの紹介記事です。
 それでも、えらい!

 これで、うちも安心して、この件の資料を明日あたりアップします。

   で、サバに余裕があって、猫の死体や、放火ぐらい平気という人は、明日、サバをあけておいてください。サバ協力お願いしたい!
 どうしてもの場合は、警視庁にお願いします。ただ、権力は嫌いだ!というぐらいの根性ある人が、うちのボスはすきです。

 言論弾圧につよい・・・「ライブドアニュース」は、
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 <手記>サーベラス地上げ事件を米本国に伝えようとした女性に起きた怪事件(上)

 さらに参考は、

  まるで、火曜サスペンス劇場の世界ですね。

  サーベラス関連をしりたかったら、【サーベラス関連】 (27)へどぞ!

以上

 

 


 サーベラスの件で、様々な案件の発端となった「糸川テープ」。
 ま、毎日新聞の大平記者が、国民新党の糸川議員にインタビューした内容。

 これが原因で大平記者は毎日新聞を首になったり、うちに興信所がついたり、尾行がついたり、当方の事務所や前管理人の北岡記者の自宅に宅急便がとどいたりと、いろいろあったテープです。

 多くのネットブロガーさんの協力のもとで、このテープのzip版が、あちこちのサバで保存され、ダウンロードできるようになっているのですが、実は、少しづつ削除されているというのも現実です。

 その典型例が、うちが買収したyoutubeで見るニュースですが、ZIP版でなくて、素のママで毎日新聞-youtubeで見るニュースで公開していたのですが、なんせ135MBもあって、ま、クリックするとそのまま聞くことができるという、うちのボスのようにダウンロードも、解凍もわからんひとでも聞くことができるという秀作だったのですが、サーバーが容量オーバーしてしまい、やむなく現在は、これは公開していません。

 当方が確認したところ・・・・・・

 現在のところ、サイバッチさんが協力してくれた
http://great.mailux.com/file_view.php?id=UP4663C83FB869A

 二階堂さんの、
http://www.nikaidou.com/2007/06/post_250.html
https://www.j-cia.com/login.php?url=article.php%3Fa%3D2738

 のところで、ZIP版がダウンロードできます。

 それプラスで、大日本セキュリティ総合研究所 さんが、
 海外サーバーで、保存してくれました。
 ここは、糸川テープだけでなくて、サーベラスが毎日新聞をニューヨークでうったえた裁判資料も、同時にダウンロートできます。参考:【糸川テープ保存庫】

 やり過ぎる奴等には天罰が下る。

 ただし、「大日本セキュリティ総合研究所」さんも、

「えっ。当ブログは、ここまで書いちゃって大丈夫かって?当方は吹けば飛ぶような弱小ブログですから、見向きもされていないでしょう。(まぁ。定期的に関係会社からのアクセスはありますが...。)それに圧力が来たら海外サーバに該当記事を移すだけですから。実際、糸川テープは海外サーバに移しましたし。圧力が来たら楽しいですね。あ、でも更新がパッタリ止まったら、私の家が放火されたとでも思ってください(笑)」
 ってあります。

 できましたら、家を放火しないでください。
 いまさら、放火しても無駄だとおもいます。
 
 さらに、サバを提供してくれる人を募集中です。

 保存して欲しいのは、

「糸川テープ」と
「裁判資料」です。

 だれの了解も、承諾も必要ありません。

 保存していただけましたら、メールでもここのコメント欄でもなんでも結構ですから連絡ください。

 これはいずれも一級資料です。
「糸川テープ」は日本語ですが、某AP通信社の記者さんが、全文を英文に翻訳してくれています。ま、世界のAPさんもいろいろ事情があるとみえて、全文公開とはまだいっていませんが、これも時間の問題だとおもいます。

  また、この話は、米国だけでなくて、アジアのプレスも取材中です。
 たぶん、近日中にその記事を紹介できると思います。

 サーベラス問題に関しては、

本ブログ:【サーベラス関連】 (25)
ミラーサイト:【サーベラス関連】

 を参照ください。

以上






 

このページのトップヘ