オフイス・マツナガのブログ

カテゴリ: 【本日のオフレコ】



 更生法申請の適法が決定的となったJAL問題。
 ここで問題になるのが、JAL支援問題。
 現在、米デルタ航空とアメリカン航空が争奪戦に名乗りをあげている。
「更正法申請にともない西松遥社長が退陣して、新経営陣が再生することになるが、半官半民の再生ファンドである支援機構が支援することになる。この場合、どの外資とくむのか、出資を受け入れるかどうか、きわめて重要な問題になる」(支援機構関係者)

 なんと、そこに、前米在日国大使であるジョン・トーマス・シーファーが介入してきた。


ジョン・トーマス・シーファー
前米在日本国大使


シーファー


ジョン・トーマス・シーファー (John Thomas "Tom" Schieffer, 1947年10月4日 - ) はアメリカ合衆国の実業家、外交官。2005年から在日本国大使を務めている。 CBSイブニングニュースのアンカーマンであるボブ・シーファーは兄にあたる。民主党員でもある。

2007年3月、米下院で審議されていた所謂従軍慰安婦問題をめぐる対日非難決議案をめぐっては、「河野談話から後退したら、日米関係は破壊的になる」という趣旨の内政干渉とも受け取れる発言をおこない、河野談話の歴史観を当時の内閣総理大臣安倍晋三が継承することを要求した・・・ことで知られている。



「前原国交大臣が誕生して、民主党政権と竹中平蔵チームという不可解な組み合わせが誕生した。格差社会を生み出した小泉・竹中路線を真っ向から否定する民主党政権。しかし、JAL問題で小泉・竹中路線が復活。そして、ここでジョン・トーマス・シーファー前米在日本国大使までも登場!!!。民主党のぼんくらどもは、この辺のことを本当にわかってやっているのか?」(当方ボス談)


↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

JAL問題にシーファー前米在日本国大使が介入。その片棒担ぎが東祥三とは情けない!! 2010年1月13日


田城郁

続きを読む


「小沢一郎VS検察」が、ヒートアップしてきている。

 西松献金問題での大久保秘書の公判。
 そして、小沢幹事長の政治資金管理団体である「陸山会」の会計担当だった石川知裕代議士の政治資金規正法違反問題。

「検察はやる気だ!」という噂が年末にかけはしった。
 そして、元旦の新聞では「陸山会の政治資金の問題で、小沢一郎へ事情聴取か?」と各紙が一面でうった。

 民主党は、すでに昨年8月の総選挙で北海道5区で町村信孝元元官房長官を打ち破り一躍脚光を浴びた小林千代美代議士の連座制失脚が秒読み段階に入った。失脚となれば、補欠選挙となる。
 さらに、石川知裕代議士が在宅起訴されるにせよ有罪が確定すれば、同じく失職する。ここも補欠選挙となる。

 その背景に、民主党が、検察の幹部人事に介入するのではないかという噂があった。
 それは「検事総長に民間から起用」という具体的な噂となって現れた。

 これまで、検察幹部の人事は、よほどのことがない限りは、順送り人事だった。
 現在の検事総長は、樋渡利秋(63)。今年の一杯の任期となる。
 これまでの、通例に従えば、ナンバー2の伊藤鉄男次長検事(60)が検事総長になるはずである。
 その人事に待ったをかけようというのだ。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

民主党政権は、検察人事に介入するか・・・? 鍵は「司法改革」と「検察改革」  2010年1月8日


 小沢一郎という人を、すくなからず知っているうちのボスは、今回の衆議院選挙で当選してきた1年生議員で、うちに挨拶に来た人には(笑)「小沢チルドレンの心得」というのを伝授してきた。(これは、完全非公開)
 この伝授をちゃんとうけた1年生議員は、無駄にテレビにでたり、無駄に能書きをいうような真似はしていない。みな額に汗をかき、雑巾掛けをしている。
 この伝授をうけていない、たとえば、比例で復活した横粂勝仁は、ブログをつくったまではいいが、テレビにでてチャラチャラしてしまって、小沢一郎の番頭である山岡に睨まれてしまった。

「おまえ、伊達に東大出たり、司法試験うかった訳じゃないだろう?空気を嫁!世間にうとい馬鹿なその辺にころがっている、その他大勢の東大出になるな!」と北岡記者がいったらしいけれど、ま、人間何事も経験です。うちは、温かく「よこくめ」さんを見守ります。だって、山岡より絶対に頭いいし、ハンサムで、いい男だから。ここは辛抱。
 うちは、いい男には寛容です。
 なんせ、ボスがいい男だから・笑。

 小沢一郎の民主党だけど、「個別陳情」を禁止したかとおもったら、今度は、「議連活動」まで、口を挟んできました。
 その通達文の原文公開!


↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 

(なんということない内部文書だとおもうのですが、最近、うちがばんばん、この手の文書を公開するもので、民主党は神経質になっています。よって、転載禁止。オフレコ扱い。クリックすると大きくなります)

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 


小沢一郎は「箸の上げ下げ」まで指示。問題の「議連活動」粛正通達を現物公開!! 2009年12月10日


 実は、先週末の12月4日(金)の夜。
 小沢一郎と、輿石東が、首相公邸に入った。
 ところが、夜の10時になってもでてこない。
 これが、さまざまな憶測をよんだのだが・・・・。

(注意:この日程は、公の首相動向には掲載されていない)


↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 一応、オフレコ情報扱いです。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

鳩山献金問題 「秘書の在宅起訴」・・・略式起訴で幕なのだが・・・ 2009年12月8日


 さて、一般のマスコミでは、このように報じれている。


「マニフェスト実現を」与党議員40人が小沢氏に要望
産経ニュース 2009.12.1 

 民主党の川内博史衆院国土交通委員長ら衆院議員有志約40人は1日、国会内で小沢一郎幹事長に対し、平成22年度予算案の編成で、増税なしに衆院選マニフェスト(政権公約)の項目を最大限盛り込み、麻生政権並みの予算規模を実現するよう求める要望書を提出した。政府が進める歳出削減の動きに対し、民主党内から組織的な反発が表面化したのは初めて。

 要望したのは、川内氏のほか筒井信隆農水委員長、近藤昭一総務委員長や衆院各委員会の理事、委員ら。

 要望書は「政治主導とはマニフェストを実現すること」と強調。マニフェスト実現の方法を「小沢幹事長が参加する政府と党の首脳会議で決定してほしい」と、小沢氏に影響力行使を求めている。

 具体的には、子ども手当▽高校授業料無料化▽農家戸別所得補償制度▽ガソリン税などの暫定税率の廃止▽高速道路無料化−などを「可能な限り来年度予算に盛り込む」ことを求めた。

 予算編成をめぐっては、菅直人副総理や財務省が、厳しい財政事情を理由に、高速道路無料化や農家の戸別所得補償制度などマニフェスト重点政策関連予算の圧縮に動いており、これに反発している。

 民主党議員はこれまで、政策決定の政府一元化方針のもと、政策をめぐる発言を抑えられてきたが、今回は、政府への不満がまとまった形で表面化した。「マニフェストを無視するのは国民への裏切り。来夏の参院選を戦えない」(有志の1人)との危機感がある。

 有志議員は、2次補正、来年度予算の合計額は、麻生政権当時の21年度予算、同年度補正予算の計102・5兆円を下回らないよう要求。財源は「税外収入」で「20兆円程度が捻出(ねんしゆつ)可能」とした。ただ、仙谷由人行政刷新担当相は11月29日、民放テレビ番組で「税外収入の目標値は10兆円だ」と述べており、なお開きがある。

 小沢氏は有志に対して「要望は政府に伝える。政策は政府が決めることで自分は関与しないことになっている」と述べるにとどめた。(坂井広志)


 さて、何があったのか?
 それに、小沢一郎はどう答えたか?
 これ、またまた、鳩山政権の政権運営に暗雲!!!

「やはり鳩山政権は、身内から崩れる。もしくは、財務省に潰される!!!」(当方ボス談)


↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

小沢幹事長への要望書 原文公開!!!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

民主党若手議員 財務省主導への抗議.。「小沢幹事長への要望書」原文公開!!  2009年12月3日



 鳩山総理の三重苦。
「献金問題」「普天間基地問題」「デフレ、円高」

 刷新会議での仕分け作業でなんとか支持率をたもっているといわれているが、経済界からは、「鳩山不況」「鳩山デフレ」が公然といわれた。
 懸案の普天間基地やアフガニスタン支援では、閣内不一致がささやかれだした鳩山政権。
「支持率しだい」といったのは、小沢側近の山岡賢治国対委員長。
「総理の明確な指導がなくて、すべてを国対のせいにされてはこまる」とも山岡国対委員長はいっている。
 この刷新会議の仕分けでは、支持をえているようだが、小沢幹事長はオフレコで以下のような発言をしている。

「だから、俺は、1年生議員は仕分け人にいれなかったのだ。その気になって増長するのは明らか」

 さて、このオフレコ発言。
 解釈は様々。
 気の早い向きは、「小沢は鳩山を見捨てたか?」という人もいる。
 しかし、これは、ない。
 別の人は、「民主党内で反小沢派に属している枝野幸男や、蓮舫が注目されるのを、苦々しくみている」と解説する政治記者もいる。
 しかし、これも、ない。

「小沢一郎を甘くみるな・・・。そんな金玉の小さい男ではない。
 鳩山総理がアナキスト(無政府主義者)だとしたら、小沢一郎は新・大東亜共栄圏論者である。新・アジア主義なのだ。そこから、外国人参政権もでてくる。訪中もでてくる。うん?わからん?わからんかったら、 石原莞爾でも読め。実は、細川護煕だって、読んでいたんだぞ!・・・・うん?というのはだめか?ちょっと奇抜すぎたか?」(当方ボス談)

最終戦争論 (中公文庫BIBLIO20世紀)最終戦争論 (中公文庫BIBLIO20世紀)
著者:石原 莞爾
販売元:中央公論新社
発売日:2001-09
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

戦争史大観 (中公文庫BIBLIO)戦争史大観 (中公文庫BIBLIO)
著者:石原 莞爾
販売元:中央公論新社
発売日:2002-04
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


 ま、うちのボスのことは、おいておいていいです。
 もっと問題は、大先輩政治記者にして、マルクスの資本論をすべて読破した読売新聞の渡辺恒雄記者の存在なのです。
 さらに、ベルリンの壁が崩壊するまえに、経済学として、社会主義経済理論の破綻を理論的に喝破したのもナベツネ記者なのだ。
 なんせ、共産主義の論理について熟知しているのが、渡辺恒雄記者です。
 ですから、民主党内の、隠れ社会主義や、隠れコミュニストなんか、ナベツネ記者にかかれば、赤子の手をひねるも同然。だから、全国の左利きのひとは、ナベツネ記者に足をむけて寝ないように。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

政局の節目に妖怪のごとく登場する大先輩政治記者・読売新聞の渡辺恒雄記者。小沢一郎との不仲説が囁かれている「鳩山首相」の頼みの綱はナベツネか? 2009年12月1日


 なんの他意はありませんが、最近、テレビにもでるようになった自民党の菅原一秀さんを、サンプリングして、「昨今の国会議員のお歳暮事情」について、検証します。

 というか、日頃の行いに問題があるのか、永田町に、菅原一秀元副幹事長の盆暮れ贈答リストが出回っていて、話題をよんでいる。

 贈答リストは平成18年夏・冬、平成19年夏・冬分。
 このリストには数百人の名前がある。その中には国会議員とその関係者63人。
 その他、地元選挙区の(練馬)への贈答が108人。

 今回、学術・研究の対象としてその贈答リストを吟味してみる。
 公開するのは、国会議員とその関係者分とする。
 本当は、全部公開したかったのだが、「個人情報保護法案」のかねあいで断念。
 さらに、詳細住所、電話番号等の部分は伏せた。
 さらに、一般の大衆の好奇の目にさらされたり、不埒なブロガーに転載、引用されては迷惑だとおもうので、読者限定。オフレコ扱いとします。

 あくまでも、学術・研究の対象です。

参考:菅原一秀-今週のキーワード by オフイス・マツナガ

・・・・・・・・概要・・・・・・・・



続きを読む


長城作戦1


 いや、やっと結論がでたので、エントリーします。
 それにしても、うちのボスには、困ったものです。

続きを読む


東京地検特捜部に異変!!!1班の特捜副部長は一線を離脱していた。



■1班の特捜副部長は捜査の一線を離脱していた。

■捜査の行方・・・

■特捜副部長の暴走に対するいまさらながらの批判

参考:

小沢一郎独裁人事か?「民主党常任・特別委員会」配置図全文 2009年10月16日

「小沢案件」「鳩山案件」オフレコ・レポート「検察と民主党の駆け引き」2009年10月6日

東京地検特捜部、鳩山首相の偽装献金問題、「在宅起訴」の方向 2009年10月6日


↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
東京地検特捜部に異変!!!1班の特捜副部長は一線を離脱していた。 2009年11月9日


「小沢一郎はなんといっても改革の人である。改革のためには、一切の妥協を許さない。目的のためには手段さえ選ばない。そのため、身内の人間でさえ切り捨てることをいとわない。このことを、民主党の人間は何人しっているだろうか?
 切捨て御免の小沢一郎なのである」(当方ボス談)

 民主党政権、あいかわらず鳩山内閣の迷走が続いている。
 そして、小沢一郎が、なにかいいだしたり、なにかやると、「小沢独裁」とマスコミは書き連ねる。
 ま、マスコミとは現金なものなのだ。

 さて、その小沢一郎さん、最近、すこぶる機嫌が悪い。
 なぜか?

 鳩山政権の細かい「迷走」など、実はどうでもいい。
 平野官房長官だって、仙谷由人行政刷新担当相のことだって、枝野幸男のことだって実はぜんぜん気にしていない。細かい話だ。

 気にしているのは、一点だけ!!!!
「国会改革」だけなのだ。

 新進党時代は、「政治改革」に命をかけた。
 今度は、「国会改革」に命をかける。

 

続きを読む


 普天間基地の問題や、護衛艦「くらま」の事故もなんのその、防衛大臣秘書官主催の「ハロウィンパーテイ」が開催されていました。
 10月30日・・・・・・・・・・。

 参加者は、民主党の安保・外交担当議員秘書、内閣府専門調査員(旧民主党政調スタッフ)。 
 主催は防衛大臣北澤俊美秘書 濱田和美。
 参加者は? 政務三役、衆安保委員長・筆頭理事、衆テロ特委員長・筆頭理事、参外交防衛委員会筆頭理事、などなど・・・・・・・・・

 先週末ですね。情報確認にやや手間取りました。
 これを、おしえてくれたのは、民主党の議員さんでした。

続きを読む



「言必信、行必果」(げんかならずしん、ぎょうかならずか)とは、「言は必ず信あり、行いは必ず果たす」という孔子のお言葉です。

 有名なところでは、周恩来が、田中角栄さんに、温家宝首相が安倍晋三さんにおくった言葉として知られていますね。
 今度、胡錦涛さんが、鳩山総理におくるかどうか不明です。

 ところがですね、この「言必信、行必果」なんですが、どうも論語の人物評で、三流の人物をあらわすことにつかう・・・というのです。

「つまり、『言ったことは、ちゃんと守れよな』と一流の人物が、三流の人物に諭す場合につかわれる・・・・と、たしか安岡正篤さんあたりがいっていたような。
 つまり、日本国の総理大臣におくる言ではない。これは、大変に失礼なことなのだ。
 それを、無邪気に喜んでいた田中角栄さんは、尋常小学校卒だから、やむをおえないとして、マスコミや周囲の東大卒はちゃんと指摘しなくてはいけなかった」(当方ボス談)

続きを読む


 防衛省汚職事件で、逮捕・起訴された元防衛事務次官、守屋武昌被告(65)。
 守屋武昌・元防衛次官(65)(控訴中)にわいろを贈ったとして、贈賄や業務上横領などの罪に問われた防衛専門商社「山田洋行」元専務・宮崎元伸被告(71)。
 
 武器商人と防衛省のトップの贈収賄というわかりやすい事件である。
 わかりやすい事件だけに、「武器証人は山田洋行だけでない」でないという当たり前のところが、見逃されている。

 もっともうちのボスにいわせると「山崎豊子さんの『不毛地帯』ではないが、武器商人がすべて悪い・・・というのはあまりにも日教組的で、健全にして合理的な武器商人は安全保障上からも必要なのである。さらにいうのであれば、若くして新しい武器商人が誕生しなくてはならない。みんながみんが、秋山直紀になったり、宮崎元伸になったり、守屋武昌になるわけではない。本当のことをいうと、オレはこの業界にこなければ、武器商人になりたかった。うん?だって、おもしろそうだろう?現代国家には必要不可欠なビジネスである」(当方ボス談)

 その防衛省汚職事件だけど、それぞれ一審では有罪となり、控訴している。

 まず、「山田洋行」元専務・宮崎元伸被告(71)は、控訴審判決でも懲役1年6月(求刑・懲役3年)の実刑が言い渡された。

防衛庁汚職、山田洋行元専務に1年6月…高裁判決
(2009年10月15日13時48分 読売新聞)

 防衛装備品の調達を巡る汚職事件で、守屋武昌・元防衛次官(65)(控訴中)にわいろを贈ったとして、贈賄や業務上横領などの罪に問われた防衛専門商社「山田洋行」元専務・宮崎元伸被告(71)の控訴審判決が15日、東京高裁であった。
 長岡哲次裁判長は「1審判決後に山田洋行側と示談を成立させ、横領額のうち7000万円を支払った」と述べ、懲役2年の実刑とした1審・東京地裁判決を破棄、懲役1年6月(求刑・懲役3年)の実刑を言い渡した。

続きを読む



■鳩山総理が親しい財界人に語った「ノー天気の強気」オフレコメモ。

■亀井金融相の、漏れ伝わるのが覚悟の「買弁財界への挑発」オフレコメモ。



↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

概要というか、前書きです。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

続きを読む

このページのトップヘ