オフイス・マツナガのブログ

カテゴリ: 動画ニュース


平沢勝栄 インタビュー(2010年8月9日)
衆議院予算委員会の質問でわかった・・・菅政権の2つの嘘。民主党への革マル派の浸透・・・マスコミは沈黙した





以上、youtube版

なお、衆議院予算委員会での平沢勝英衆議院議員の議事録全文は、
2010年8月3日 衆議院予算委員会議事録 質問者:平沢勝英

インタビュー趣旨と、オフイス・マツナガ版の動画は・・・

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
平沢勝栄・動画インタビュー 「菅政権の2つの嘘」「民主党への革マル派の浸透」 2010年8月12日


 小沢一郎の功罪。
 最大の「功」は、山田正彦を農林副大臣にしたこと。
「罪」はたくさんあるが、そのひとつが、山田正彦を農林大臣にしなかったこと・・・。

 なんてことを平然と発言して歩いているのがうちの例のボスですが、山田さんに関しては、うちの事務所では、お世辞抜きに評価が高い。

 北岡記者なんか、自民党政権時代に、「民主党の山田正彦さんを、農林大臣に引き抜け!」なんて、当時の総裁にいったぐらいだ。

「自民党政権であろうと、民主党政権であろうと、その後のうんじゃら政権であろうと、なんであろうと、山田正彦さんに、農業行政を継続してやらせたい。10年とはいわない。3年間やらせたい。そうしたら、日本の農業の将来像がみえるはず」というのが、辻野記者。

 その山田さんが、書いたのが、以下の小説。


小説 日米食糧戦争-日本が飢える日小説 日米食糧戦争-日本が飢える日
著者:山田 正彦
販売元:講談社
発売日:2009-02-06
おすすめ度:3.5
 

 



 ゴーストライターなんて、ちゃちなものは入っていません。
 というか、これを書ける書き手は、「山田正彦」以外いない。
 確かに、プロの小説家の書いた作品でないだけに、やや、荒削り感はある。だが、これは、プロの小説家では書けない作品なのだ。

 その山田氏に、「小説 日米食糧戦争-日本が飢える日」を書いた動機を聞く。
 動画インタビュー。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

山田正彦農水副大臣の著書「小説 日米食糧戦争-日本が飢える日」がついに4刷となった。 2010年3月19日


 


山田正彦農水副大臣に聞く。

本年度予算5618億円・「農家戸別所得補償制度」はただのばらまきか?
それとも日本の農業と食料自給率の救世主になりうるのか?


(youtubeバージョン)3分13秒。

山田正彦農水副大臣略歴

農林水産副大臣
農林水産省戸別所得補償制度推進本部制度推進チーム長
衆議院議員
衆議院農林水産委員会委員
民主党長崎県第三区総支部長
弁護士
早稲田大学法学部卒業
長崎県五島市出身
昭和17年4月8日生まれ

山田正彦公式ウェブサイト

著作:

小説 日米食糧戦争-日本が飢える日小説 日米食糧戦争-日本が飢える日
著者:山田 正彦
販売元:講談社
発売日:2009-02-06
おすすめ度:3.5
クチコミを見る




中国に「食」で潰される日本の行く末中国に「食」で潰される日本の行く末
著者:山田 正彦
販売元:青萠堂
発売日:2008-03
クチコミを見る





アメリカに潰される!日本の食―自給率を上げるのはたやすい!アメリカに潰される!日本の食―自給率を上げるのはたやすい!
著者:山田 正彦
販売元:宝島社
発売日:2005-11
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


 動画の完全版(オフイス・マツナガ版 15分01秒)
 概要原稿は・・・・・・・・

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

山田正彦農水副大臣に聞く。「農家戸別所得補償制度」は日本の農業と食料自給率の救世主になりうるのか? 2010年3月13日


馬淵澄夫国交副大臣に「箇所付け」「高速道路無料化」について問う。取材2010年3月4日。


 直撃質問・・・・・・・・・こちらが取材した範囲で、最初に入ってきたのは、「『箇所付け』をリークしたのは馬淵国交副大臣だ」という情報と報道があった。結局はガセだったのですがね。
 次に、大臣室、国交省、党幹事長室の間で、意思疎通が取れていなかった。
 さらに、事態の収拾のために「馬淵の首を差し出せ」といった動きもあったと、聞いていますが?


youtubeバージョン 5分50秒
(注意:一部で「反映されない、見にくい」との指摘があったため、3月7日時点で、youtube版は差し替えしました)


1:「箇所付け」問題

予算審議中に国土交通省関連公共事業の予算配分方針(「箇所付け」)を民主党地方組織に伝えていたことが発覚。野党は国会審議を軽視するものと反発。馬淵国交副大臣は「あくまで中間報告」と弁明。連立与党の国民新党と社民党からも、民主党地方組織が優先されて、連立与党への伝達が後回しになったことに反発。
3月2日、鳩山首相は「箇所付け」が事前に漏れた問題で前原国交相に口頭で注意。

2:「高速道路の無料化」問題

民主党は衆議院選挙のマニュフェストで「高速道路の無料化」を唱えていた。
しかし、本年度予算では、高速道路37路線の実験的な無料化にとどまった。
「これはマニュフェスト違反では?」との声も。
また、「完全無料化は財源や、受益者負担の観点からも無理」と一部国交省の役人、道路族からも猛反発。



馬淵澄夫 プロフィール

昭和35年8月23日 奈良市(鶴舞団地)生まれ。
横浜国立大学工学部卒業後、数社を経て、32歳の時、上場企業取締役に。
選挙区奈良県第1区 当選3回。
平成15年11月衆議院議員初当選。
耐震偽装問題において、民主党の同問題に関する代表者として追及を行った
現国土交通副大臣

まぶちすみおの「不易塾」日記




 動画の完全版(「officematsunagaバージョン」)はこちらです。

↓  ↓  ↓  ↓ 無料公開 ↓  ↓  ↓  ↓ 

馬淵澄夫国交副大臣に「箇所付け」「高速道路無料化」について問う。取材2010年3月4日。 2010年3月5日


「可視化法案」は小沢問題とは別に可決させる!
川内博史・「取り調べの全面可視化を実現する議員連盟」会長インタビュー


(youtube版 2分53秒)

川内博史 略歴

1961年生まれ。早大卒、銀行員、会社役員をへて政界へ。
衆議院・鹿児島一区、当選5回。民主党議員
2008年1月「ガソリン値下げ隊」隊長。
現国土交通委員長。
「取り調べの全面可視化を実現する議員連盟」会長。



インタビューの完全版(officematsunaga版 15分54秒)と原稿要旨と関連資料は、
続きを読む


村上誠一郎

マスコミシャットアウトの非公開講演。
「民主党政権 こうして日本は劣化する」




村上誠一郎略歴


生年月日 1952年5月11日
出生地 愛媛県今治市
出身校 東京大学
学位・資格 法学士
前職 衆議院議員秘書
世襲 曽祖父・村上紋四郎(今治市長・衆議院議員など)
父・村上信二郎(衆議院議員など)
伯父・村上孝太郎(参議院議員)
選出選挙区 愛媛2区
当選回数 8回
所属党派 自由民主党(高村派→無派閥)
元内閣府特命担当大臣
「外国人参政権の慎重な取り扱いを要求する国会議員の会」(会長)

ウェブサイト 村上誠一郎 Official Web Site

非公開講演の完全版動画と原稿は、以下・・・

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

村上誠一郎 非公開講演 「民主党政権 こうして日本は劣化する」 2010年2月12日

 

 

このページのトップヘ