オフイス・マツナガのブログ

カテゴリ: 【社会】


  金賢姫元北朝鮮工作員は、「軽井沢は景色もいいのに庭にも出られず、監禁された状態でした。富士山は霧で見られず残念でした」(日本テレビのインタビュー)と顔に疲労感をにじませていた。  

 問題の、キレキャラの中井洽国家公安委員長・拉致問題担当相は、こんな風にキレて、
「ちょっと上空を飛ぶ(ことが)、非難されるとは思わない」と・・・・。


中井洽

 しかし、日本のマスコミだけでなくて、海外のメディアからも非難の的にされている。

「基本的な危機管理、安全保障の認識が欠落しているとしか思えない。
 さらに、取材でわかったのは、鳩山由紀夫前首相の別荘に滞在するように要請したのは、中井洽からだったと、鳩山前総理も言い訳に動いている。
 官邸では、『あんな馬鹿なことをやったのは、中井洽と千葉景子法務大臣』とすでに、今後の組閣での『中井外し』が俎上にあがる』という声もでている」(当方ボス談)

 で、キレまくりの中井洽は、なんと、フライデーの記事にもキレた。

 れっきとした警察庁のHPに以下の記事:

「フライデー」(2010年8月6日号)の記事に対する警察庁の対応について 



「フライデー」(2010年8月6日号)の記事に対する警察庁の対応について


「フライデー」(2010年8月6日号第98及び第99頁)に、金賢姫元死刑囚の来日に関し、「『入国した際は、警察として逮捕しなければならない人物です』ある警察庁幹部によれば、警察庁として菅首相にこう進言したという。
 だが、『国として金賢姫を招く。拉致問題を打開するためだ!』と怒鳴り散らして話を打ち切ったのが中井氏であった。」旨の記事が掲載されました。
 当庁では、当該記事が指摘するような事実はない上、確認のための取材もなく事実と異なる記述を記載したことから、7月23日、同誌の編集長等に対して抗議するとともに、善処を求めました。
 

  それで当方ボスとお友達の警察庁の中堅幹部に電話・・・

「ま、うちの幹部で、中井氏や菅総理にそのようなことを直言できるだけの人物がいるとは思えない・笑。そこが、若干ちがうのか?
 ただし、同様の意見をもつ人は多い。まして、拉致問題の現場捜査官の気持ちを忖度すれば、旅券の偽造などで、最低限の取り調べをやらせてくれ!というのが本音だろう。現場の士気に影響する。
 とはいえ、国家公安委員長である。国家公安委員長が『だれだ!警察庁の幹部でそんなことを総理に進言したのがいるのか!』と騒げば、官房としてもオロオロせざるをえない。オロオロして、できた抗議文書がこれですね。ま、なんせ、オヤブンが騒ぐから、警察庁としても対応しなくてはならない・・・・うちも官僚組織だからな・・・文脈をよんであげてください」(警察庁の中堅・警視庁ではありません)

 だそうです。

以上

 


 口蹄疫・・・
 
 農林水産省は、以下の勧告。


現場での取材は、本病のまん延を引き起こすおそれもあることから、厳に慎むよう御協力をお願いします

 実は、初期の段階で、当方のボスが、農林水産省にさんざんいってきたことだ。

「英国の例をみるまでもなく、現場取材の記者、テレビクルーから、まん延がおきている可能性が指摘されている。
 だが、上の文章はなにかおかしくないか?
 取材を厳に慎む
 こんなことを、オレはいっていない。
 これは、報道管制ととられかねない。
 
 もっとも、とんでもない取材クルーがいる。いま、報告があがっているのが、某テレビのワイドショーの取材クルーだ。武士の情けで、局名と担当ディレクターの名前はあかさないが・・・。

 取材を厳に慎む
 ではない。
 取材に際しての、衣服、殺菌、滅菌、機材その他の管理基準を厳密にすべきなのだ。
 報道機関、各記者クラブは、こういうときにこそ、みずからの規範と基準をしめすべきなのだ」

 と、当方ボスです。

 今からでも遅くありません。
 お願いします。

以上


 
 


 平成21年12月4日付
 東京地方裁判所民事部部に提出された訴状。

 原告:

 白川司郎
 
 原告訴訟代人弁護士:

 白石篤司法律事務所
 白石篤司
 北村克己

 被告:

 オフイス・マツナガこと松永他加志


 訴状・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 扱い注意とします。
 無断引用、無断転載を禁じます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 
白川司郎 訴状 2009年12月24日


 これは、Birth of Bluesさんのエントリーで知った「メタンフェタミン」。
 実は、薬剤師をやっているやつがいるのだけど、「メタンフェタミン(分子式C10H15N)」について、聞いてみたら?

「おまえ!まさか自分で作ろうというのではないな?」
 と、突然・・・・・・きました。
「いや、オレは、高校時代の化学は赤点だった。それで、いつもおまえに答案用紙をみせてもらったではないか?」とはオレ。

「高度な化学の知識はいらいない。初歩的な 「○×▲□」がわかれば、できてしまうレベルだからな・・・・」

 ○×▲□なら、オレでもわかる。

 日本での別名は、「ヒロポン」
 なんせ、発明者は日本人です。

 なるほど、「世界でもっとも危険な麻薬」といわれるはずだ。


世界で最も危険な麻薬 1/2


世界で最も危険な麻薬 2/2




続きを読む


 当方のボスが、「こんないい女が、こんなブログをやってはいけない」といったとされるチョッパリーナ NAO でございます。さんです。

 うちのボスは割と単純で、このブログに貼り付けられているプロフィールの写真をみて、「こんないい女」となって「一度やらせてくれないか?」となった模様。
 そこに釜台記者が登場。「これ、楽天のモデルの女性さんの写真でしょう」とあっさりと、ボスの幻想を打ち砕いたのでした。

「そうか、なら、もっとバンバン書いていい。漫画ももっとHにしていいい」(当方ボス談)なのですが、当方のボスが心配する前に、

京都地方法務局人権擁護課 吉田様から、チョッパリーナ NAO でございます。様へ介入があった模様です。

この度、お客様がご利用のブログ「blog.audi-junkie.com」の記事に関しまして、
京都地方法務局 人権擁護課 様より以下のようなご連絡をいただいております。
----------------------------------------------
当該ブログは,「チョッパリーナNAOでございます。」
(http:blog.audi-junkie.com/?eid=1000687)で,
問題の部分は,プリントアウトした際の3ページ目に当たる,
書込みの次に貼られている画像(写真)及びその下部のコメントです。
?については,氏名,住所,ゼミ名,幼稚園・小中高,「元キャバ嬢疑惑」が,プライバシー侵害及び名誉毀損に当たると判断します。また,?についても,画像(写真)及びその下部コメントがプライバシー侵害及び名誉毀損に当たると判断します。

担当:京都地方法務局人権擁護課 吉田
----------------------------------------------
このため、本日16時55分、弊社にて該当記事を非公開設定とさせていただきました。

お手数をおかけいたしますが、該当箇所につきまして、
2009年6月29日までに削除をお願いいたします。


 詳細は、

【京教大・集団強姦】セカンドレイパーのパーフェクトガールなーつ、当ブログに圧力を掛ける!京都地方法務局人権擁護課から削除要請 2009.06.24 Wednesday 23:23| author: NAO*


「で、どうしますか?うちから弁護士でも回しますか?」と投げやりにボスに尋ねました。
「うん?こんないい女がやっているブログなんだから、京都地方法務局人権擁護課 吉田さんも見逃しあげればいいのに」(当方ボス談)

 しかし、よくみてみるとうちで連載で有料記事をかいているBirth of Bluesさんのお知り合いのようだから・・・・

「ここは、ひとつBirth of Bluesさんに任せよう」ということになりました。
 そういうことで、よろしくです。

以上







 朝日新聞が釜山界隈で出回った偽札スーパーKに関して以下の記事があった。

釜山で発見の偽ドル札は北朝鮮製 米政府が断定
朝日新聞 2009年6月14日7時44分

  昨年11月に釜山で発見された精巧な偽米100ドル札について、 米政府が北朝鮮で製造された通称「スーパーノート」と断定したことがわかった。

 釜山地方警察庁によると昨年11月3日、釜山市内のホテルで偽100ドル札
9904枚が見つかった。微細文字や透かしが入り、肉眼では見分けがつかないつくりだった。 複数の政府筋によれば、米政府当局者が今春、韓国で偽ドル札を分析し、 北朝鮮で製造されたことを確認したという。

 北朝鮮は06年の米朝協議で米国から偽造疑惑の指摘を受けた際、 偽札が北朝鮮国内で流通していたことは認めたが、政府の関与は否定した。


 これに関しては、以前から警察庁や外務省、金融監督庁でいわれていたものだ。

 そして、注目されていた二つの日本の技術があった。
 今後、さらに注目されることは、間違いないだろう。
 ということで、公開ソースのみで紹介。

続きを読む



鬼デスクの酔いどれ日記 
二十六回目 裁判員制度が始まるーあなたが裁判員になったら
by 酔デスク




 先週末は、民主新代表に鳩山さんが選ばれ、新型インフルは「人・人感染」という恐れていた事態が現実にーと、ネタに「不足」はありませんが、いささか様子見も必要かと判断。

 やはり、今週はこのテーマを避けては通れません。

 かなり、手強くもありましたが、挑んでみました。

 果たして、その「結果」はいかに!?


酔デスク氏のプロフィール。
新聞協会賞を5度逃した某新聞社社会部デスク。離婚歴1回(たぶん)。左遷歴数回(たぶん)。左遷先で酒と女に溺れそうで溺れない・・・・という特異体質。「新聞協会賞をとったという記者は多数いるが、連続して5回も逃したというのは珍しい。やはりこれも、ひとつの才能だろう」(当方ボス談)。やはり、うちのサイトでストレスを発散していただき、来年はちゃんと賞をとってもらおうということで連載開始。



↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

当サイトの「天声人語」(全盛期の)・・・・・酔デスクのコラムです。
!!!!!無料公開中!!!!!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

裁判員制度が始まるーあなたが裁判員になったら 2009年5月18日





鬼デスクの酔いどれ日記 
二十五回目 「時効」について考えるー「逃げ得」は許されるのか!?
by 酔デスク



 週明け月曜に飛び込んできた、小沢さんの代表辞任。
 民主党の対応、世論の受け止め方は? そして、解散の時期は…。

 小沢マターが目を離せない状況にありますが、当面の動きは、当ブログをはじめ、新聞、テレビなどに任せるとして、わが方は温めていたこのテーマでいきます。

 反論、忌憚のない意見をお待ちしております。

 前回も「世襲論議の前に、国会議員の定員が多すぎるのでは」などのコメントを寄せていただきも恐縮でした。


酔デスク氏のプロフィール。
新聞協会賞を5度逃した某新聞社社会部デスク。離婚歴1回(たぶん)。左遷歴数回(たぶん)。左遷先で酒と女に溺れそうで溺れない・・・・という特異体質。「新聞協会賞をとったという記者は多数いるが、連続して5回も逃したというのは珍しい。やはりこれも、ひとつの才能だろう」(当方ボス談)。やはり、うちのサイトでストレスを発散していただき、来年はちゃんと賞をとってもらおうということで連載開始。



↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

当サイトの「天声人語」(全盛期の)・・・・・酔デスクのコラムです。

!!!!!無料公開中!!!!!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「時効」について考えるー「逃げ得」は許されるのか!?  2009年5月11日




鬼デスクの酔いどれ日記 
二十三回目 「衝撃の草磲事件ー本当に脱ぎたかったのは何だったのか」
by 酔デスク



「酔いどれ」にピッタリと言っては、当人や関係者に失礼かもしれないが、今回はこのテーマをおいて、ほかにはない。

 すでに、当ブログをはじめ、新聞、テレビなどでさんざん報道されてはいるが、「酔いどれ」も一言述べさせていただきたく、遅ればせながら?参戦?しました。

 もとより、拙論は覚悟の上、むしろ反論、非難、批判をお待ちしております。


酔デスク氏のプロフィール。
新聞協会賞を5度逃した某新聞社社会部デスク。離婚歴1回(たぶん)。左遷歴数回(たぶん)。左遷先で酒と女に溺れそうで溺れない・・・・という特異体質。「新聞協会賞をとったという記者は多数いるが、連続して5回も逃したというのは珍しい。やはりこれも、ひとつの才能だろう」(当方ボス談)。やはり、うちのサイトでストレスを発散していただき、来年はちゃんと賞をとってもらおうということで連載開始。


↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓


当サイトの「天声人語」(全盛期の)・・・・・酔デスクのコラムです。
無料公開!!!!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「衝撃の草磲事件ー本当に脱ぎたかったのは何だったのか」2009年4月27日



 当方で指摘したとおり、というほど、エラソーにいわないが、以下のエントリー

引っ張りだこの北野誠さん。どこが使うか? 2009年04月12日

 まさに、引っ張りだこになっている。
 有料記事だけど、この「北野誠発言と、降板事件」に関して、ネット潜水艦さんが以下の記事を寄稿してくれている。

北野誠は何をしゃべったか? 2009年04月14日(有料記事だけど、ただいま無料公開

(注意:当方管理人の判断により、このエントリーは、本日をもって、ネット潜水艦さん、当方ボスの判断やら、了解をもらわずに無料公開としました)

 そして、その続報である。

 簡単にいうと、この問題に、バックが人間国宝の米朝師匠の、桂ざこば師匠が参入した。

 つまり、引っ張りだことなった。
 簡単に知りたいネット音痴のマスコミ人の人向けに、以下の2本の動画を紹介しよう。結論としては、

ABC放送は、第二の毎日新聞(変態報道)になるか・・・・・

blog.goo.ne.jp 局アナも凍りついた桂ざこば北野誠に禁句エール(ZAKZAK) 元気イチバン!芦沢誠です(ABC 朝日 ...
ネットで話題の北野誠氏の話題をワイドショーでまったくやらないのは何故でしょう?


続きを読む


PCI事件 被告・荒木民生 特別背任罪 検察側冒頭陳述


 国の遺棄化学兵器処理事業をめぐる一連のPCI事件で、特別背任罪にとわれていた同社元会長、荒木民生被告(72)の初公判が3月17日、東京地裁(朝山芳史裁判長)で開かれた。

 検察側は、荒木被告が、社長だったグループ会社「パシフィックプログラムマネージメント」(PPM)の、平成16年9月期の赤字決算が確実だったため、PCIが受注した遺棄科学兵器処理事業をめぐり「政府と契約できたのは自分が交渉した成果だ」として利益供与を要求。「PPMへの事業委託費を水増しする」というPCI側が提案した利益供与の手法を了承したと指摘したもの。

 今回、この検察側の冒頭陳述書を一部公開する。
 この裁判自体は、商法違反の特別背任罪を争うものであるが、
 この冒頭陳述書には、

1:旧日本軍遺棄化学兵器処理事業
2:石垣島ホテル事業

 などの経緯の詳細がわかる。

 社会部記者や永田町関係者のみならず、関係者にとっては価値ある資料となると判断。
 よって、その一部(A4で10枚)を公開する。


関係ニュース:

PCI特別背任公判で元会長が無罪主張 東京地裁
MSN産経ニュース, Japan2009.3.17
国の遺棄化学兵器処理事業をめぐり、大手建設コンサルタント会社「パシフィックコンサルタンツインターナショナル」(PCI)に不要な事業委託費を支出させて約1億2000万円の損害を与えたとして、特別背任罪に問われた同社元会長、荒木民生被告(72)の初公判 ...


PCI元社長、初公判で無罪主張 流用・背任を否定
朝日新聞, Japan 2009年3月17日
国発注の遺棄化学兵器処理事業費約1億2千万円をグループ会社に流用し、「パシフィックコンサルタンツインターナショナル(PCI)」に損害を与えたとして、特別背任の罪に問われた同社元社長の荒木民生被告(72)の初公判が17日、東京地裁であった。 ...


↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

一般には入手しにくいものです。
準取扱注意とさせていただきます。無断配布禁止。
ダウンロード及び、プリントアウト等での無断配布で引き起こされるであろうあらゆる事態に関して、当方は免責とさせていただきます。


↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

PCI事件 被告・荒木民生 特別背任罪 検察側冒頭陳述 2009年4月2日

 


 


西松建設(株)に係わる政治資金規正法違反被疑事件の処理について

 同文書は、

「標記事件について、当庁特別捜査部は、本日、下記被告人を政治資金規正法違反の事実により東京地方裁判所に公判請求した。平成21年3月24日」

 からはじまる。


 原文を限定公開

 いわゆる起訴理由についての公式見解である。
 これと、大久保秘書逮捕理由を明記した原本は、
 
法務省刑事局作成の大久保秘書逮捕要件

 あわせて見ておきたい。
 当方が取材であてた検事の一人は、「政治資金規正法違反も立派な犯罪である」と断言している。

 一般の読者はこうした原本に触れる機会はまずないだろう。
 一応、部外秘扱いということになっているようだ。
 
 いずれも小沢一郎氏や、小沢一郎サイドの弁護士が綿密に検証した文章である。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 !!!!!!準扱い注意!!!!!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ということで有料読者へ限定公開

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

西松建設(株)に係わる政治資金規正法違反被疑事件の処理について 2009年3月26日



 


 ここ2日間の夜回り報告です。

「小沢一郎秘書大久保容疑者、完全黙秘および否認から供述をはじめた」

 やった!!!!!
 オレも夜回りであたりをとってきたぞ!
 ま、あたり先は、ボスの指示だけど・・・・。

 うん?とは、北岡記者。

「で、どう供述しているのか?」(北岡記者の詰問)
「いや、そこまでは、あたりきれませんでした」とはオレ!
「馬鹿たれ!何を供述しているか、ひっぱらんと、記事にできんだろう!余所様に配信もできんだろう!!!!」(怒る北岡記者)

 いやいや・・・・それでいいよ・・・・!

 とは、妙に優しいボスであります。

「よく、そこまでとった。よくやった。やったついでだから、もうひと当たりしてこい。缶ビール一本飲んでからでいいから」(優しいとおもっただけのボス談)

 え!!!!!

「それだけでは、おまえも納得できんだろう、だいたい、日本のタス通信であるNHKも同じような情報を流すとおもう。おまえは、単独で、日本のタス通信の取材にせまったわけである。よって、ここは、もうひとおししないと、死んでも死にきれんだろう・・・無念であろう・・・よって、その気持ちを思って、もう一押ししてこい!あ、タクシーつかっていいから・・・・」(ボス談)

 うん・・・・・妙に説得力がある。

以上・・・継続中。


 小沢一郎公設秘書大久保隆規秘書の逮捕。
 拘留期限は3月24日で満期。(注意:勾留期限 2009/03/20修正)
 つまり、来週の火曜日である。

 すでに触れているが、検察サイドの口は堅い

 「で、こういうときは、憶測も含めて何を書いてもいい」(ボス談)ということで、週刊誌の報道はおいておくとして、新聞各社が「様々な筋読み」をしている。

 ま、あくまでも「筋読み」で、「見通し」という免罪符さえ、掲げておけば、いろいろな「関係者」といわれる情報ソースが登場する。
 週刊誌的にいうと、この「関係者」というのは、非常に 便利な表現方法で、
 政府高官とか、自民党幹部とか、自民党執行部と断って書くと匿名の情報ソースとはいえ、一応の特定できるようになっている。

 今度のケースでいうと、「検察幹部」とか「検察首脳」と書くと、検察のどの辺か?ということがわかるというもの。

 しかし、「関係者」だと、なんせ「関係者」だから、関係していれば誰でもいいということになる。

 で、他人の原稿をよんで、
「うん?関係者のオンパレードだな?」(ボス談)
 となったら、
「この原稿ボツ!!!!」(ボス談)
 となるのだが、
 なんせ、「筋読み」と「見通し」という免罪符さえ掲げておけば、今の時期は何をかいてもいいことになるらしい・笑。

 これは、新聞やテレビや雑誌の論調だけでなくて、ネットの論調をみても、さまざまな「筋読み」や「見通し」が登場する。

 民主党シンパの人なら、そっちの方向で・・・
 民主党支持者でも、小沢支配に不満をもっていたひとは、こっちの方向・・・
 自民党シンパなら、あっちの方向・・・
 自民党支持者でも被害がうちにおよぶかもしれないと危惧する人は、そっちの方向・・・・

 ま、これはこれでおもしろい。
 とくにムキになって、書いていると思われる記事をみると、
「おまえ、カネでももらっているのか?それとも血縁かなにかか?なら許す!!!」(北岡記者談)
 と北岡記者はおちょくる。

 もともと不謹慎なボスなどは、

「トトカルチョでもやるか?だいたい、うちでも辻野の筋読みと、北岡の筋読みでは全く違ってくる。二人とも、一応の玄人だから、それぞれの筋読みについて、相応の根拠があるし、取材もしているし、あてるところは、あてている。
 ここはだな、ひとつ、トトカルチョでもやるしかない!!!
 掛け率はオレが決めていいか?」(不謹慎なボス談)

 ・・・・・・・・・・・・

 ということで、こういうときは、事実認定の確認でもちゃんとしておきましょう。
 うん?これ、掛け率に影響する?

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

法務省刑事局作成の大久保秘書逮捕要件 2009年3月19日

このページのトップヘ