オフイス・マツナガのブログ

カテゴリ: 【社会】


 「日本は侵略国家であったのか」の田母神俊雄氏。
 その論文も含めて入選作品13本の論文が収納された「誇れる国、日本」の出版記念パーテイが開かれる模様です。

 平成20年12月8日(月曜日)
 場所は明治記念館。

 ↓  ↓  ↓  ↓ クリックすると大きくなります ↓  ↓  ↓  ↓


出版パーテイ


12月8日というと、

 1941年12月8日
 午前2時(以下日本時間)に日本陸軍はマレー北部に上陸し、午前3時19分に日本海軍機動部隊が、ハワイの真珠湾攻撃を開始。太平洋戦争勃発。

 動画をみたい人は、
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 12月8日
 ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
 たくさんあります。

 さらに山本五十六さんの遺書に関する最新ニュースが・・・・


山本五十六:“遺書”発見 真珠湾攻撃の決意つづる−−6日から大分で展示 /大分
毎日新聞, Japan - Dec 2, 2008
後者は真珠湾攻撃に臨まざるを得ない状況にあたり「己を潔くせむの私心ありてはとても此(この)大任は成し遂け得まし」などと決意をつづっていた。山本長官は三国同盟締結や日米開戦に反対する立場だったことから、同史料館は両文書は遺書的な性格を帯びているとみている ...
山本五十六直筆の「述志」発見、50年以上も不明 読売新聞




 で、田母神さんというと、当方のボスがご交流のある西尾幹二さんも寄稿している今月の「WILL」です。

 ちなみに、
西尾幹二さんを、保守の論客という人がいる。だから、保守は頭が悪い。西尾幹二さんは、本当はリベラリストだ。これがわからんから、朝日新聞はダメになった」(複雑骨折リハビリ中のボス談)といって、せっかく、お見舞いにきてくれた朝日の編集委員氏に説教をたれていた人がいた。
 あ、また、仕事が減った!
 残念、その場にオレはいなかった。

 今月の「WILL」

WILL

2008年01月号(2008年11月26日発売) 特別定価780円(税込)

 
新年特大号! 総力特集
田母神論文、どこが悪い!

■田母神前空幕長
独占手記50枚!
■中西輝政
田母神論文の歴史的意義
■渡部昇一
「村山談話」は「外務省談話」だ
■西村眞悟
「村山談話」こそ更迭せよ!
■荒木和博
「虚構の国防」で国が滅びる
■西尾幹二
何に怯えて「正論」を封じたのか



 やはり、読み応えがあるのが、

西尾幹二 何に怯えて「正論」を封じたのか

 というか、西尾さんは、この辺はブログでも現在展開中です。
 どぞ・・・・・

 西尾幹二のインターネット日録


 ところで、田母神俊雄さんというと、「常にオレがナンバー1だといいたいだけの人」(北岡記者談)である田岡俊次さんが、噛みつきました。
 しかも、他人のふんどしで・・・・・。

「おまえな、ふんどしぐらい自前を用意しろよな。日教組じゃあるまいし」(当方ボス談)

続きを読む


 1000円分の図書券をさしあげます・・・・ということで、経験談を募集したのだが、まだ、ひとつもきていない。

 いや、厳密には、某テレビ局の報道記者からきたのだが、これはいってみれば、身内みたいもので「1000円分の図書券に値しない」(ボス談)ということで、没。実は、もうひとつ見つけたのだが、ここも身内みたいものなのだが、以下のワンフレーズで採用・転載。あとで、1000円分の図書券さしあげます。

 「北方系モンゴロイドは陰毛が薄い


 おいらも昏睡強盗の経験があります・・・・


  おいらの経験なんだが、バンコクです。バンコクでは枕探しなんざ日常茶飯事でありまして、「飲みに行く時は財布に1万バーツ」というのがジモティの合い言葉なわけだ。1万バーツ(約27000円)あればハシゴしても足りるし、恥をかかないし、万が一、盗まれても諦めがつく。つうか、その1万バーツで酒飲んでオンナ買うんだから、物価の安い国です。で、仕事の関係であやしい日本人と知り合ったわけだ。元カーゴ屋で、今は雑貨の輸出なんぞやってるというんだが、コイツに何軒か、つきあわされた。

 最後に行った店が、スクムビットのランジェリーパブでね。薄物一枚の寒々しいネーチャンが何故か「お持ち帰り」という事になってしまって、とりあえずホテルに連れ帰ったんだが、おいら、「よく知らない人とはセックスしない」という信条なので、ベッドに並んで座って缶ビール飲んだだけなんだが、ネーチャン帰して財布を見たら、残っているはずの数千バーツが無くなっていた。

 まぁ、おいらも親父に一服盛られて柄にもなく泥酔していたし、想定の範囲内なので驚かないが。で、あとから聞くところによれば、その親父はとかくの噂がある男で、クスリのやりすぎでほどなく死んだらしい。南無〜。

 この話には後日談があって、実は、最初に親父とメシを食った時に「息子」がいたわけだ。中学生だったけどね。こんな破綻者の親父に連れられてバンコクくんだりで可哀想なもんだと同情したほどなんだが、最近になって、その息子がオトナになって、バンコクで真面目な社会人やってると聞いてホッとしました。

 親があっても子は育つ、という言葉があります。

 まぁ、酒飲んだら財布の底までかっぱがれる、というのが大陸スタイルなので、これからは日本でも気をつけましょうね、という話です。


 

 ありがたいお話でした。
 皆様もおきおつけ下さい。

 なお、最新の昏睡強盗に関するニュースは、
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
昏睡強盗-今週のキーワード by オフイス・マツナガ

(注意:↑ ↑ ↑ ↑ 最近業界関係者の利用が増えて、負荷がふえています。直張りしないでください。しかし、このサイトを利用して、手抜き記事をつくる業界関係者が増えています・・・・うちは、別にいいですが、これは由々しき傾向です。相互に自戒しましょう)


 



 


 うちてきには、【サーベラス関連】 (40)で弱っているときに、援軍をだしてくれた大日本セキュリティ総合研究所さん。

 この時は大変たすかりました。

 その大日本セキュリティ総合研究所さんが、実はうちがあまり得意としてない分野というか、取材をまったくしてないというか、他に熱心に取材されている方がいるので、パスした件で、削除という危機に直面しています。

 削除というと、うちもつい最近、新銀行東京の関連記事が削除されました 2008年11月17日ということがあったばかりで、実は、まだ収束していません。

「そりゃ、金融機能強化法案がどうなるかわかっていないのだから、収束しょうにも収束しようがない。石原ファミリーの口利きもまだ、全部書いていないし」(辻野記者談)

 ということですし、これに、「農林中金もあるし」(北岡記者談)ということで、さらに、年末の国会会期末までの、与野党の国会攻防もからんで、永田町もぐちゃぐちゃになるかもしれませんが、うちも、ぐちゃぐちゃになるかもしれません。

 ということで、大日本セキュリティ総合研究所さんのところに、うちにかわって援軍に行ってくれる人よろしくです。もっとも、大日本セキュリティ総合研究所さんのところは、うちよりも用意周到で、すでに削除対策=避難所などもつくっているようです。むしろ、うちが学ばなくてはならないのかもしれない・・・・・

↓  ↓  ↓  ↓ 注目 ↓  ↓  ↓  ↓

エイベックス松浦勝人社長の監禁・脅迫事件に関しては、当ブログは潰される覚悟で書きます。


 ネットでの削除以上のことがあれば、当方のボスを差し出します。
 まだ、足や手は悪い(複雑骨折リハビリ中)ですが、頭は惚けていません・笑。

 以上

 



 


 さて、忘年会シーズンであります。
 と同時に、最近では、あまり記事にならなくなった・・・「昏睡強盗」。
 しかし、新聞で記事にならなくなっとはいえ、その被害が減っているわけじゃありません。たいてい、泣き寝入りというケースが多いような・・・

 ということで、鬼デスクの酔いどれ日記」(有料記事)2発目は、

 実録「昏睡強盗」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

年末忘年会シーズン 実録「昏睡強盗」2008年11月30日


 有料記事ですが、いわゆる「昏睡強盗」・・・・・・・・・・・
 同じような被害経験のある方、経験談を投稿しませんか?
 少々、文章がなっていなくてもかまいません。
 誤字脱字まったく問題なし・・・・うちもよくある。
 場合によっては、ちゃんと、リライトして公開します。
(これは、業界では日常的にあることですから、全然、恥ずかしくありません)

 些少ですが、薄謝を払えるシステムになりつつあります。
(採用分は、1000円分の図書券というあたりで・・・・・)

 有料記事を購読していただいている読者の皆様ありがとうございます。

 経験談の投稿は、【CONTACT/連絡先】へ・・・・・
 お気軽には、このコメント欄をご利用下さい。


 実録「昏睡強盗」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

年末忘年会シーズン 実録「昏睡強盗」2008年11月30日


以上



 実は、ボスにいわれて最近、中国語を勉強している管理人です。
 中国語にも、やや通じている北岡記者から、中国語のお勉強のためのテキストを紹介されました。
 心配ない、これなら、あなただって中国語のお勉強ができます。


捐献精子全程曝光:上海医科大学女护士都如此漂亮

 
据世界卫生组织的统计,婚后一年以上未采取任何避孕措施而未孕的约占十分之一,其中一部分男性可能具有严重的生精障碍或有遗传疾病不能生育下一代。他们只有通过精子库获得合格精液才能满足他们生育子代的梦想。愿广大青壮年男性捐出你们的爱心吧!

 男性青年随着性器官的发育,睾丸产生精子,前列腺和精囊等分泌精浆,两者合成精液,精液内主要成分为是水分和和少量有机成分。在100毫升精液内氨基酸1.25g,果糖0.1-0.5g,糖类0.1g以及微量脂肪和无机盐,男子每次射精约2-6毫升,正常情况下,当精液达到一定量后,体内已无处可容纳,即所谓“满则溢”。其排出体外有4条途径,即遗精、手淫、性交和自流,所以正常男性,每周2-4次的排精发生,并不会影响身体,反之,较长时间的没有排精,会产生性情烦躁,记忆力不集中等不适感。

 うん?わかた?

 写真付きのソースは、


捐献精子全程曝光:上海医科大学女护士都如此漂亮

 なお、日本語で、なおかつ写真だけを見たいという人はこちらへ、というか北岡記者が密かに愛読しているブログで、そこが出典です・笑。

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

▼[シナ]上海医科大学で若い男のスペルマを採取している風景


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 なお、ちゃんとオチまで読んでくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 それは、Birth of Bluesさんの以下の解説。

続きを読む


 これは石原慎太郎さんが、昔、よく援用したのだが、

「民主主義にテロはつきものである」(三島由紀夫のアンチテーゼ)

 最近は、知事になったものだから、逆に自分が狙われる立場になったかもしれないから、いわくなっている。これは、残念である。

 しかし、このアンチテーゼというあたりが微妙である。
 ちゅうか、「弁証法なるものについて、知ったふりしないと、わかったふりもできない。ま、ある意味でマルクス・レーニン主義を学んだ人の用語である。最近の日教組や労組は、唯物史観をちゃんと勉強しないで、自虐史観だけ学んでいる。だいたい、日本共産党においても、最近の若い党員は、資本論を読んでいない党員がいる。これは、ゆゆしき事態である。昔の共産党員はだな・・・・」(ボス談)
 と、話が長くなるので一部、カットしています。

 で、厚労省の元次官が狙われた事件だが、実は、うちも約1名の記者が取材しているのだが、この記者に、複雑骨折リハビリ中のボスが、取材の指示をだしているのだが、

「うん?コマちゃんが、公安事件の可能性をいっている?じゃ、公安事件でないから、その方向で取材しなさい。だいたい、テロの安売りはよくない」(ボス談)

 ここで、登場する、「コマちゃん」なる用語だが、ま、ボスも昔一緒にどんちゃん騒ぎして、最近、テレビに登場している「コマちゃん」です。
 わからん人は、わからんでいい。

 なんでも、19日、午前10時頃に登場して、お昼には削除された掲示板では、「次は文科省・・・・・と暗示」があったという。

 うちは、2CHは、見ていないので、みていた人いたら、教えてください。
 一応、公安部も注目したらしいです。

「公安部がでてきたら、事件は迷宮化する」(北岡記者談)

 という話もでています。
 公安部のみなさん、お世話になっておきながら、すみません。

 やはり、ここは緻密にブツドリの刑事部主導でよろしいかと・・・・・・
 うちの記者がいっています。

 

以上


 厚生労働省は、現在、遺骨収集等慰霊事業を実施中である。


遺骨収集等慰霊事業のお知らせ

遺骨収集等慰霊事業のお知らせ
平成20年11月実施予定の遺骨収集等について、下記のとおりお知らせします。

1:遺骨収集等の実施について

(1)東部ニューギニア遺骨収集
派遣期間:平成20年11月10日(月)から11月28日(金)まで(別紙1
実施地域:東セピック州、サンダウン州(別紙2
遺骨引渡式:11月28日(金)午前10時30分 千鳥ヶ淵戦没者墓苑

(2)フィリピン慰霊巡拝
派遣期間:平成20年11月12日(水)から11月21日(金)まで(別紙3
実施地域:ルソン島、レイテ島、セブ島(別紙4
参加遺族:55名

2:平成20年10月までに実施した遺骨収集による収集柱数
ソロモン諸島遺骨収集
平成20年9月22日(月)から10月9日(木)まで実施146柱

3:平成20年10月に申請者あて通知した戦没者遺骨のDNA鑑定の結果
判明30件(累計614件)
否定29件(累計528件)

※なお、慰霊事業にかかる取材を行う際には照会先まで連絡願います。



 なお、当方のコメンテーターである「その筋」さんから、「硫黄島伝説」に関する記述がありましたので、紹介させていただきます。
(注意:一部、整理・編集させていただきました)

 

続きを読む


「うん?小室哲哉が逮捕?なんで、大阪地検なんだ?内偵捜査していたのは警視庁だろう?」(ボス談)

 とワケのわからんことをいっていたのは、うちのボスです。

 あやうく、大誤報してしまうところでした。
 謝罪いたします。

 正しい情報は以下へ・・・・・・



 小室哲哉-今週のキーワード by オフイス・マツナガ


 以上


 マスコミ的にいうと、やはりネットはこわい・・・・となるのか?

 田母神俊雄氏に関しては、以下の3本のエントリーをいれた。

「田母神俊雄」論文 全文掲載
田母神俊雄 「航空自衛隊を元気にする10の提言」
第二次世界大戦と日独伊三国同盟―海軍とコミンテルンの視点から


 田母神氏の論文は、耐震偽装でさわがれたアパグループの懸賞論文。
 その「田母神氏の論文」をちゃんと読まずに(指摘されて、後から読んだらしいが・・・・笑)、噛みついた、「最近・社会党の幹事長になったのか」といわれている鳩山由紀夫・民主党幹事長。

 マスコミ的にいうと、以下の写真を再利用しようとしていたところだけど、ブロガーさんにしっかりと補足されていました。

どげんかせんといかん!さん
KNN TODAYさん。

 お見事です・・・・・・・・・・・・・・

アパグループ ワインの会


「しかし、ゆっきー(鳩山由紀夫のこと)は、基本的に脇があまいから、ブーメランがおきてしまう。マスコミ的には判官贔屓だから、まだ、ゆっきーのあら探しをしていないけれど、いっちゃん(小沢一郎のこと)なみか、それ以上のネタがボロボロでてくる。そういえば、最近、ますます人相が悪くなっているな。日教組や自治労に入れ込むと人相が悪くなると言う法則がある・・・・。
 海江田万里をなんとか東京1区から出馬させたいものだから、小沢一郎の東京1区出馬の可能性について、早々に、打ち消してしまうし、12区なんて勝手にいってしまう。いっちゃんが、身動きとれなくなるだろう?
 ワインの会で、田母神さんとどういう話をしたのか?ちゃんといいなさいよ。正論の大島さんもいたのだから、知らんぷりは、できないよ!」(北岡記者談)
 
 と北岡記者が申していました。

 しかし、確かに最近の鳩山由紀夫さんの人相がだんだん悪くなっている。
「目つきが悪くなっている。表情に余裕がない。小沢一郎にはめられたかもしれないと、内心おもっているのかもしれない」と弟の邦夫さんも心配していたとか・・・・・うん?ちがたか?
 ちがたら、うちのボスの責任です・笑。

 

以上




 


 総選挙が伸びたために、一気にはじけることになった「新銀行東京」破たん事件。捜査の行方が気になるが、そのターゲットは4ルート。

 その一つ、現在進行形の元行員の不正融資にからむ詐欺事件は、枝葉を摘んで終息に向かうが、残りの3ルートには、、捜査当局が重大関心を示している。


 まず、石原慎太郎ファミリーが、口利きに関与していなかったかどうか。
 石原ファミリーとは、

 石原伸晃(参照:新銀行東京の融資、石原伸晃・衆院議員の元秘書が口利き仲介
 石原宏高
 兵頭茂特別秘書
 高井英樹特別秘書
 浜渦武生元副知事
 大塚俊郎新銀行東京取締役会長
 津島隆一新銀行東京代表執行役
 鈴木昌雅都議(元石原の秘書)
 田中豪都議(元石原秘書)

 の9人。

 他に石原伸晃の元秘書NとつるんだH都議も含まれる。
 当局は、このうちの一人に口利き不正融資をみつけたら、時間をかけて石原まで昇りつめる作業をすすめるだろうと、いわれている。


 二番目は、組織的にブローカー仲介をしていたという「公明党ルート」。
 ここには、融資が実行されたかどうかは不明だが、太田昭宏代表の名前も浮上している。


 気になるのは、4つめのルート。
 石原慎太郎知事は9月27日、警視庁が手がけた詐欺事件に関するコメントを求められて「旧経営陣の責任は重い」」と発言したが、これは誰を差していっていたのかだ。
 自分には「総責任はない」と早々に逃げをうったとの見方もあるが、明らかにある人物を名指ししたものだ。


 05年下半期、予想より多い24億円のデフォルトが発生したが、当時、経営権権限を一手に握っていたの最高幹部は、この実態を明らかにせず、新規融資を獲得したものに成果手当を出すなど「傷口」を広げたといわれている。石原は破たんの元凶はここにあるといいたいのか。
 これを受けて、捜査当局はまず、この最高幹部に迫る可能性も大だ。


「石原がまだ力がある。事件をつぶされることも考えておく必要がある。東京五輪誘致に失敗して彼の力がトーンダウンしからでも、遅くはない」とは、長く経済事件を担当してきた警視庁OBの見方もある。


 それにしても、この05年当時の経営のあり方を調査した社外の取締役たちが、月一回の会合で40万円の報酬をもらっていた。ブローカーだけではなく、関係者総ぐるみで「新銀行東京」を喰いものにしていたという構図でないか・・・・・


 当ブログでは、これまでに、「新銀行東京」に「口利き政治家リスト」を限定つきながら公開した。

参考:「新銀行東京」政治家「口利き」リスト 全面公開!2008年10月8日

 これは当方が、入手した資料のほんの一部である。
 これを、コピーして、持ち歩いている記者や政治家が多いことに驚いたが・・・・・
 まだまだ、公開していない資料がある。


 事件の真相を明らかにするために、これまでの、口利き議員の実名だけでなくて、融資をうけた企業の実名や実態を順次、公開していく。
 当然、石原ファミリー分も公開する。

 公開は11月2日から・・・・
 公開先は、「ニュースソース・NewsSource」(有料版)

 公開は、定期購読者限定とさせていただきます。


注意:11月2日から公開予定でしたが、圧力が少々・笑、要確認事項が多数でてきため、連休明けの11月4日以降の公開とさせていただけます。
「車椅子のオレをあまりいじめる!・笑」(ボス談)という状況です。

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓


 公開完成:新銀行東京 口利き議員、関係者の融資先の全容・・・完結


以上


 本サイト、ヤマト樹脂光学 贈収賄事件 2008年09月04日で報じたが、その摘発が次々をおこなわれている。

 以下ニュース参照。



ヤマト樹脂光学が独占受注
テレビ東京, Japan - 3 hours ago
防衛医科大学の医療機器の納入をめぐる汚職事件で、防衛医大の医療機器などの納入は、贈賄側のヤマト樹脂光学がほぼ単独の入札で独占し受注していたことがわかりました。ヤマト樹脂光学の受注額は、2003年からこれまでにおよそ3億5000万円に上るということです。 ...
防衛医大教授を逮捕 医療機器購入で収賄容疑 中国新聞
医療機器汚職、収賄容疑で防衛医大教授逮捕へ 読売新聞
医療機器汚職、防衛医大教授を逮捕 TBS News
東京新聞 - 毎日新聞
all 57 news articles

防衛医大部長を逮捕 収賄容疑、機器納入で便宜 警視庁
日本経済新聞, Japan - 18 hours ago
国立病院発注の医療機器納入を巡る汚職事件で、防衛医大病院の現職部長も医療機器販売「ヤマト樹脂光学」(東京)から現金約二百数十万円のわいろを受け取ったとして、警視庁捜査2課は15日、同病院眼科部長、西川真平容疑者(49)を収賄容疑で逮捕、同社社長、久保村広子 ...

麻生首相側 贈賄企業、07年も献金 ヤマト樹脂光学 自民支部に30万円
西日本新聞, Japan - Sep 28, 2008
献金したのは、東京都千代田区の医療機器販売会社「ヤマト樹脂光学」(破産手続き中)。 同社は1995、6年ごろから99年まで、麻生氏の資金管理団体「素(そ)淮(わい)会」に毎年30万円を献金。法改正に伴い資金管理団体で企業献金が受けられなくなった後は ...
献金:首相が支部長の自民支部、贈賄業者から 毎日新聞
首相の自民支部に贈賄側企業が献金 日本経済新聞
贈賄側企業が07年も献金 首相の自民支部に30万円 47NEWS
しんぶん赤旗
all 35 news articles

麻生首相の党支部、汚職摘発企業等から310万円の寄付
読売新聞, Japan - Sep 29, 2008
麻生太郎首相が代表を務める「自民党福岡県第8選挙区支部」が2007年までの5年間に、独占禁止法違反事件で排除勧告を受けた石油化学メーカー「トクヤマ」(東京都)と、病院の医療機器選定をめぐる汚職事件で摘発された医療機器販売会社「ヤマト樹脂光学」(東京都、 ...
排除勧告企業から献金=首相代表支部、5年で150万円 時事通信
all 185 news articles

眼科機器納入汚職:国立病院元部長を追起訴 東京地検
毎日新聞, Japan - Sep 29, 2008
国立身体障害者リハビリテーションセンター病院(埼玉県所沢市)への眼科医療機器納入を巡る汚職事件で、東京地検は29日、06年に現金135万円を授受したとして、同病院元部長、簗島(やなしま)謙次容疑者(63)を収賄罪で、ヤマト樹脂光学(東京都千代田区、破産 ...



 一連の摘発の元になった告発状を、ニュースソース・NewsSource(有料版)、「ヤマト樹脂光学事件と総裁選挙」2008年9月4日で公開した。

 この告発状に関しては、現在も、マスコミ関係者、政界関係者からといあわせがある。
 今回、大幅に値下げすることにした。

 1000円→100円

ヤマト樹脂光学事件と総裁選挙」2008年9月4日

 興味のある方は、どうぞ!

以上

 


 しかし、なんで海外に留学するのに、ブローカーが必要なのだろうか?
 うちの事務所は不思議で、ボスをふくめて、半数以上が留学経験者である。

「うん?オレの場合は、ラスベガスで皿洗いして、南米からの密入国者に英語をおしえた。その見返りにインチキのカード捌きをおそわった。デズニーランドでは、ミッキーマウスのぬいぐるみをかぶっていた。でも、サミュエルソン?の講義うけたぞ!なにもわからんかったが・・・・。米帝国主義はなんとなくわかった」(ボス談)

参考:最強の4カード神話・・・・はたしてそれが最強か? 2008年06月21日


「すみません、帰国子弟なんで、ここのボスにきたない日本語をおそわった」(北岡記者談)

「うちは貧しいので、社会人になってフルブライトで留学。ちゃんと、MBAとりました」(XYZ記者)

「留学?そんなことしなくても、金髪のねーちゃんを口説くぞ。ま、ほぼ、全滅したが・・・・。日本は戦争にはまけたが、奴隷になったわけじゃない!とちゃんと、米国いって、英語でいえたぞ!相手に、よー伝わったかはしらんが・・・」(辻野記者談)

「はい、大学は英文科です。英語教師の教員免許ももっています。でも、英語はわかりません。ま、いい金髪の男いたら、英語でくどけますが・・・」(釜台記者談)


 だいたい、たかだか留学するのに、ブローカーに相談しないと、留学できないような連中は、留学しても意味ないんじゃないか?
 なぜ、こんな肝心のことを、誰も、いわないのだろうか?
 うん?これも日教組教育のせいか?笑。

 公の機関や、各国の大使館に、その相談窓口はたくさんあります。
 なんで、ブローカーに相談するんだ?

 うん?それができない?英文のレターが書けない?
 ネットで調べることができない?

 
 で、こういう事件がおきるんですね。

ゲートウェイ21-今週のキーワード by オフイス・マツナガ

 
 久々に、冷たい、突き放したエントリーでした。

以上

 


 一連の三笠フーズによる事故米問題。
 これを、取材していると妙な違和感をおぼえる。
 それは、事故米を流出させたとされる三笠フーズが、社長以下、あまりにも「あっけからんと認めて、あっけからんと謝罪する」からだ。

 以下の、youtubeを見てほしい。

三笠フーズ おっぱい お宝 エロ 着エロ モデル… 
三笠フーズ  冬木三男社長

「なんとも、拍子抜けするぐらいあっさりと認める。いや、認めるというよりは堂々としている。こりゃ、裏があるな!と思うのは当然!」(現場記者)

 事件の概要は以下へ、常に最新ニュースに更新されます。

三笠フーズ-今週のキーワード by オフイス・マツナガ
事故米-今週のキーワード by オフイス・マツナガ


 これまで、農林省は、三笠フーズへ96回の立ち会い検査をおこなったいう・・・・・では、なぜこの問題を見抜けなかったのか?

 いや、見抜けなかったのではない。
 その証拠となる内部文書を入手した。

1:05年2月28日の立会い
2:06年2月6日の立会い

 のそれぞれの「復命書」とされるもの。
 いずれも農林水産技官・榊伸一氏によるものだ。

 これを、みると、
「やはり農林省は知っていた!」
 
といわざるえないのだ。

 今後、各メディアで報道されるとおもうが、その内部文書の原本を公開!

内部資料公開!農水省は三笠フーズの不正流用を知っていた2008年10月4日


 以上


名古屋の業者転売の事故米 主食用に11トン販売
日本経済新聞, Japan - 8 hours ago
事故米の不正転売問題で、生化学品加工・販売会社「浅井」(名古屋市)が転売した約11トンが愛知、三重、滋賀の三県の4業者12店舗に主食用として販売されていたことが16日、岐阜県の調査で分かった。すでに消費された可能性が高いとみられる。 岐阜県によると、問題の事故 ...

浅井
続きを読む


不正流通の概要
(クリックすると大きくなります)

 

三笠フーズ 汚染米380社へ 24都府県に拡大
フジサンケイ ビジネスアイ, Japan - 4 hours ago
農林水産省は16日、米粉加工販売会社「三笠フーズ」(大阪市)によるカビ毒や基準値を超えた残留農薬を含んだ事故米の不正転売問題で、同社の汚染米の流通先が、これまでの延べ85業者から延べ約380業者に拡大した、と発表した。 同省などはこの日、業者の具体名を ...

 

三笠フーズ」汚染米の流通先一覧
西日本新聞, Japan - 9 hours ago
農林水産省は16日、米粉加工販売会社「三笠フーズ」(大阪市)による汚染米の流通先が、延べ379業者に拡大したと発表し、同省などはこの日、流通先を明らかにした。九州、東海、近畿など計24都府県に及び、同省によると、九州関係は焼酎メーカーや菓子メーカー、 ...

 

以上





 

このページのトップヘ