オフイス・マツナガのブログ

タグ:糸川議員

 5月25日に、サーベラス問題で、糸川議員脅迫事件での初公判が行われた。被告の山元康幸容疑者は罪状を否認した。

 これは、外資系ファンド「サーベラスグループ」日本法人の下請けとして、南青山の土地開発に関与していた大証2部上場の不動産会社「平和奥田」の元相談役で東京地所の元相談役の山元康幸容疑者が、昨年の2月に糸川正晃衆院議員(32)が国会でサーベラスグループの地上げについて質問したけんで、糸川議員を脅迫したして、逮捕された事件の初公判。

 まずは、これを報じた3つの記事を紹介。

 

糸川議員への脅迫を否認、初公判で会社役員(ピックアップ)2007/05/26, , 日本経済新聞 朝刊

 東京・南青山の土地取引をめぐり国会で質問した糸川正晃衆院議員(32)を脅したとして、脅迫罪に問われた会社役員、山元康幸被告(50)は二十五日、東京地裁(登石郁朗裁判官)の初公判で「話はしたが脅迫はしていない」と、無罪を主張した。
 会話の内容については「ばかにするような態度を取られたので『政治家や暴力団、右翼が触っていた物件だから、ひどい目に遭わされても知りませんで』と言っただけ」と述べた。
 検察側は冒頭陳述で、山元被告が昨年三月に福井市内のスナックで糸川議員と会った際、店内に暴力団関係者風の客が複数いたため「ここで脅せば、仲間だと思って怖がるだろう」と考えた、と犯行の経緯を指摘した。 
 
   糸川衆院議員脅迫:被告が無罪主張−−東京地裁初公判2007/05/26, , 毎日新聞 朝刊

 東京・南青山の土地取引を巡る国会質問をした国民新党の糸川正晃衆院議員に対し、再質問しないよう脅したとして、脅迫罪に問われた中堅ゼネコン元相談役、山元康幸被告(50)は25日、東京地裁(登石郁朗裁判官)の初公判で「起訴事実は違う」と無罪を主張した。
 起訴状によると、山元被告は、糸川議員が衆院予算委員会で地上げ問題を取り上げたことに憤慨。06年3月3日夜、福井市内のクラブで脅迫した。
 山元被告は捜査段階では認めていたとされるが、この日の初公判では「『あの件は政治家や右翼、暴力団が絡んでいる物件。私の所にも右翼や暴力団が来た。先生もひどい目に遭わされても知りまへんで』と言った(だけだ)」と説明。弁護人も「脅迫罪には当たらない」と主張した。 
 
 糸川議員脅迫男 罪状を否認2007/05/26, , 産経新聞 東京朝刊

 国民新党の糸川正晃衆院議員(32)が東京・南青山の土地開発に関する国会質問をめぐって脅迫された事件で、脅迫罪に問われた会社役員、山元康幸被告(50)の初公判が25日、東京地裁(登石郁朗裁判官)で開かれた。山元被告は「詰問させていただいただけ」などと述べ、起訴事実を否認して無罪を主張した。
 検察側の冒頭陳述によると、山元被告は外資系ファンド「サーベラスグループ」日本法人の下請けとして、南青山の土地開発に関与していた。
 昨年2月の糸川議員の国会質問で、取引の中断に追い打ちをかけられたと感じた山元被告は翌3月、福井市の飲食店で、糸川氏を「あそこにどれだけ金を突っ込んでいるか知っているのか。僕らが何カ月もかけてやってきたことをあんたは壊した。東京の仲間は許さない」などと脅迫した。
 

 

続きを読む

 サーベラス問題に関しては、当ブログは以下のエントリーをしてきた。

 南青山3丁目は無法地帯?関係者名公開中・・・・
 この程度で弾が飛んでくるのか?
 記者の矜持を殺すな・・・・

 さらに問題になった、糸川正晃衆院議員への毎日新聞の元記者大平誠氏が取材したテープの内容を、本ブログに掲載した件に関しては多数から問い合わせがあった。
 毎日新聞社内の調査取材チームも、当方の松永他加志へ調査依頼をしてきた。しかし、松永はその調査協力を拒否した。また、複数のマスコミから松永へ、もしくは当方の事務所へ取材依頼がきたが、松永の方針により、一切の取材には応じていない。
 また、松永への原稿依頼、テレビ、ラジオへの出演依頼等があったが、これも松永の方針により、一切、応じていない。
 我々は、松永の方針により一切の沈黙をまもった。
 その間に、我々は、内々の取材を継続していた。米国ニューヨークへもスタッフを取材にいかせている。    
 そして、本件全体の流れをみていた。 まず、糸川議員への脅迫容疑でサーベラスと関係があるとおもわれる2人の人間が逮捕された。さらに、糸川議員を取材した大平記者は、毎日新聞から諭旨解雇をうけた。さらに、大平記者の取材協力者である画家・山本集氏への誹謗中傷もあった。

 この事件は、一見すると複雑な様相をしめしている。
 確かに当方の松永他加志が、大平記者の取材協力者である山本集氏から取材テープをうけとった。その意味あいも、取材倫理も、報道の有り様と、事件そのものの有り様も我々は熟考した。最終的に松永が判断した。反対意見もあった。しかし、多数決はとらなかった。
 その時点での決定事項は、「掲載にあたり釈明はしない。処罰・非難があればすべて、オレが個人で負う」(松永の方針)
 間違いなく、そのテープの概要を、当方の事務所のブログに掲載した。(本年1月16日)
 しかし、その数日後にその記事は削除した。これは、毎日新聞社や糸川議員、もしくはサーベラスから抗議がきたからではない。当ブログの運営会社のライブドアから警告が来たからでもない。
 自主的に松永が判断した。
 判断した最大の理由は、山本集氏から、「大平が自殺するといっている。さすがに自殺だけはさせられん。すまんが、ぶかっこうかもしれないが、削除してくれないか」という依頼によるものだった。
 断っておくが、松永本人も、また当方の事務所のスタッフも大平記者とは、過去も現在も面識はない。むしろ我々は、コンタクトをとることをさけてきた。いらぬ憶測を避けるためだ。
 それに機を会わせて、糸川議員脅迫問題では、サーベラスサイドと思われる「平和奥田」の元相談役、山元康幸容疑者や前滋賀県草津市長が暴力行為法違反(共同脅迫)容疑で逮捕されている。

 つまり、毎日新聞が書いた、大平記者の記事の正当性があきらかになりつつある。情報提供者、山本集氏の情報の正確さが証明されつつある。

 本件の問題の本質は、毎日新聞記者の取材テープの流出にあるわけでない。
 問題は、サーベラスが日本において、日本の暴力団をつかい地上げ行為をおこなったとされる事実。さらにそこには複数の日本の政治家が関与したとされる疑惑。さらにそれを追求した国会議員に対して恫喝行為がなされたという事実。
もうひとつくわえるなら、110億円という莫大な損害賠償裁判を、しかも、米国ニューヨークでおこしたサーベラスの意図。
 この4点が、最大の問題なのだと我々は理解したし現在も理解している。

 とすると、テープ流出事件はあくまでも傍流でしかないはずだ。

 しかし、この件は、いつの間にか、毎日新聞社内における情報流出問題、そして、大平記者の諭旨解雇ということだけがクローズアップされてしまった。
 この件をスクープした毎日新聞の最大の情報協力者である山本集氏の存在が、「元暴力団の画家」として明らかにされて、マスコミにさらされ、一人歩きした側面もある。毎日新聞社は、なぜ、最大の情報提供者であり、調査協力者でもある山本集氏をまもりきらなかったのだろうか?果たして、大平記者の行動は、死刑判決にひとしい、諭旨解雇という処分にふさわしいのだろうか?
 
 どこかで、何かが歪んだのだ。

 ちなみに、当方が掲載したとされる「糸川取材テープの内容」は、複数のブロガーさんの手によって転載、掲載された。しかし、そのほとんどは、毎日新聞社からの抗議により、削除されてきたという事実もある。

 ここにあらためて、この問題の「糸川取材メモの内容」を当ブログに掲載しようとおもったが、一部で現在でも掲載、転載されている事実から、我々は再掲載はしない。しかし、この「糸川取材メモの内容」は、本件全体を究明するためには、第一級の証言資料であることは事実である。
 現在、我々が確認している範囲で、掲載されているブログは

■ 糸川メモをネット掲載すると毎日新聞が因縁をつけてくるらしい
http://www.nikaidou.com/2007/03/post_34.html

 である。他にも独自のサーバーをもっているところでは掲載しているところもあるらしいが、我々は、心より謝意を申し上げたい。こうしたブロガーさんがいることによって、我々は次への取材ステップに踏み出すことができる。どこまでできるかわからないが・・・やるべきことはやる。改めて謝意もうしあげたい。

 

続きを読む

このページのトップヘ