赤塚不二夫さんが死去した。
 実は、当方の北岡記者はひょんなことから、赤塚不二夫さんの「最後の奥さん」眞知子さんと交流があった。
(注意:赤塚不二夫さんには、「前妻」と、前妻のすすめにより再婚した「真智子」さんがいる。真智子さんは、2006年7月12日に56歳でなくなっている。よってここでは、真智子さんを、「最後の妻」と表現)

 まず、赤塚不二夫 に関するニュースから、


赤塚不二夫さん、闘病中もギャグ作り
サンケイスポーツ, Japan -
日本中を笑いでいっぱいにした赤塚漫画のキャラクターたち(C)赤塚不二夫【フォト】 ギャグマンガのパイオニア、赤塚不二夫さんが2日、帰らぬ人となった。平成14年に倒れて以来、長く病と闘ってきた巨星も72歳での復帰を果たせなかった。病院にかけつけた漫画家 ...
おそ松くん・バカボン…「ギャグの神様」赤塚不二夫さん死去 読売新聞
赤塚不二夫さんが死去 ギャグ漫画で絶大な人気 中国新聞
赤塚不二夫さん死去:「昭和」またひとつ消えた 毎日新聞

 

「よく笑った。残念」=赤塚不二夫さん死去で−自民・麻生幹事長
時事通信, Japan - 7 hours ago
漫画好きで知られる自民党の麻生太郎幹事長は2日夜、漫画家の赤塚不二夫さんが死去したことについて、都内で記者団に「あの種のギャグ漫画の草分け的存在で、(『おそ松くん』に登場するイヤミの)『シェー』はじめ、よく笑った。ちょっと残念だ」と語った。 ...

 また、赤塚さんを知るには、「こうした記事も見て欲しい」と北岡記者はいう。


舞鶴入港50年、行事多彩に 引き揚げ最終船 「岸壁の母」案内板除幕も
京都新聞, Japan - Jul 3, 2008
赤塚不二夫さんら「中国引揚げ漫画家の会」作品展も。このほか、8月3日には引揚記念公園でシベリア抑留体験者らでつくる「朔北(さくほく)会」(2004年解散)が1979年に埋めたタイムカプセルを開封する。 実行委は「忘れられつつある歴史とその意味を考えて ...

 ここからは、北岡記者の原稿です。

 

続きを読む